GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

機動戦士ガンダムさん 12の巻 [大和田秀樹] 感想、司令のザクさんシリーズ、一旦完結

  安心の完結詐欺。「クズ艦長のブライトさん」シリーズも開始!

イメージ 4

イメージ 3

イメージ 5

※画像右下隅クリックで拡大。

 

 ザクさんが「酔って、店のアイス売り場に入っちゃったから」という新シリーズ、早くも終了。
 次々と散る、シリアス風味でしたが安心のオチ。
 死ぬ死ぬ詐欺にも程がある!

 

 あれで死なないなら、散っていった面子は立場がねえよ!(とある読者の声)

 

■新作開始
 また、ブライトさんの「本音」を描く艦長日記もスタート。
 これが吐き気を催す邪悪か!

 

 シャアさんみたいなアホではなく、リアルなクソ野郎というのが本作らしいですね。……らしいですよね?

  ブライトさん、アムロをひっぱたいた「胸中」を語る

イメージ 2

 新しい切り口だわ……。

 

■司令のザクさん(冬期)
 僻地に左遷されたザク司令だったが、鉱脈からルナチタニウムが発見され、事態は一変する。
 戦乱を避けるべく、先任の「MS-01」は情報の隠蔽を図るが
 ビグロ提督の迂闊により連邦軍にまで露見した

 

 しかし、その情報よりも“司令のザクを本気にさせたい”という私情を優先させ、ガンダム様が出撃。
 北の戦区は地獄と化し、二機は死闘を繰り広げた。

 

 やがて、「01」の戦死でルナチタの鉱床の不明となり、混乱は終わりを告げることとなる。

  収録

イメージ 1

 な、なんて原作に忠実な作画なんだ!

 

 角川コミックス・エース「機動戦士ガンダムさん 12の巻」、大和田秀樹氏。
 月刊ガンダムエース連載作品。
 2014年10月(前巻3月)。

 

 4コマの章
 女医セイラの章
 ザクさんの章
 ブライトの章

 

 あきがき
 巻頭「アニメ版ガンダムさん、エンディングカット」収録