GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

七つの大罪 第三話「眠れる森の罪」感想、早くも真相の片鱗。メリオダスさんのノリが親戚すぎる!

誰が味方で、誰が裏切り? 巨人の罪人ディアンヌ、ノリノリで参入!

イメージ 8

イメージ 18

 サブタイトル通り、前半パートで加入したディアンヌ、予想以上にノリノリで笑えます。
 こりゃ、これからの旅路も楽しそう。
 団長好きすぎでしょ!

 団長……、すまない。

「ギル坊!」
 一方、早くも七つの大罪は冤罪」「大罪に、裏切った者がいた」と判明しましたが
 挙動がいちいちおかしいギルサンダーも気になりますね。

 かなり予想しやすい展開だっただけに、どうももう一捻りありそうなパターン。

 てかメリオダスさん、ギル坊って言い過ぎぃ!

幼ギルさん『誰だっ! 誰が父さんをっ!!』

イメージ 2

 ギルの父は、10年前の聖騎士長だったという。

■弟子と師匠と
 幻惑が支配する森に踏み込んだメリオダスは、隠れていた大罪「嫉妬の罪ディアンヌ」と再会する。
 しかし、彼女の動向が決まるのを待っていたかのように
 聖騎士ギルサンダーの強襲を受ける。

 メリオダスは、十年前に剣を教えた青年ギルサンダーに、大罪事件は冤罪だったと語る
 ギルは耳を貸す様子もなく、剣を交えることとなる。

 メリオダスはやられたフリをし、ギルから「大罪の二人」の去就を聞きだすのだが―――?

 次回、第四話「少女の夢」

ホーク『俺がいっぱい!?』『なんじゃこりゃあ!』

イメージ 3

イメージ 5

 食べ放題じゃないか!

■シラユメの森
 元々、地形が悪くて敬遠される上、謎の幻影まであふれる白昼夢の森!
 白夢の森に踏み込んだメリオダスたちは
 幻影に翻弄される。

 んげぇ!? いたずらコーネの「ハイド&シーク」! 怪物の正体はアイツらだったか!!

 ホーク、エリザに次々と化ける「かくれんぼ」の怪物!
 メリさんはあっさり見抜く!

 いやはや、メリオダス様がスケベじゃなかったら危なかった!(ほめ言葉)。

メリオダス『よし、じゃあ最後! 思い切りジャンプしろっ!』

エリザベス『ごめんなさい無理ですっ!』

イメージ 4

 というのも、冒頭の部分でメリオダスが、さりげなくパンツを盗み取っていた」おかげで
 目印が出来たからである。

 さすがですメリオダス様!(棒読み)

 姫さまに羞恥心がなければ危ない所でした。恥じらいは大切ですね!

ハイド&シーク『ディアンヌさま、聖騎士の侵入を許してしまいましたっ!』

『―――聖騎士だぁ………?』

イメージ 6

イメージ 7

※この後、むちゃくちゃ頬ずりした。

■隠れていた「大罪」
 無論、モンスター達が隠していたのは、嫉妬の大罪たる巨人族ディアンヌ」様だった。
 彼女ってば、モンスターを脅して守らせていたらしい。

「良かった~」「これでやっと静かに暮らせる」

 というのはモンスターたちの弁。
 しかし、十年もひたすら昼寝していたのでしょうか。謎が多い人である。デカイし。

 あとメリオダスさん大好きらしい。

ディアンヌ浮気者ぉぉぉぉぉっ!』

イメージ 8
 
イメージ 1

イメージ 9

 cv悠木碧さん、またちょっと変な年上キャラか!

■嫉妬の大罪
 なおディアンヌさん、二つ名+エリザベスでご想像の通り、滅茶苦茶に暴走癖である。
 十年も好きだった男を、間髪いれず地面に叩きつける勇気!
 平然としてるメリさん流石!

 再会できたと思ったら女連れなんてぇぇぇ! 乙女心が傷ついたよぉぉっ!!

 年齢不詳ですが、平然と「乙女」を自称できるとは
 この女、只者ではない。

 まあ相手がエリザベスですからね、嫉妬するのも仕方ないですね。しかし彼女はまだ乙女だ………

ディアンヌ『言っとくけど、ボクが力を貸すのは「団長の為」だからねっ!』

イメージ 10

 三話目にして「二人目」のノルマを越えましたが、しかし巨人で自称乙女でボクっ子だと……?
 属性多いな!

 酒樽を背負っているようですが、スタイルからすると格闘家タイプなのでしょうか?

ギルサンダー『―――ようやく会えたな、七つの大罪

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 後ろの二人も聖騎士なのか、エリザベスの兄と姉なのか?(第三皇女です)。

「お前、ギル坊か!?」
 見計らったように現れた聖騎士ギルサンダー
 実はエリザベスの幼馴染で、なおかつメリオダスの弟子だったと判明する。世間狭ァ!? 

 聖騎士が何故、七つの大罪の首を狙うか知っているか?

 優しい少年だったギルさんは、父である聖騎士団長を「七つの大罪の乱」で喪ってしまい
 その粛清と、強さの証明の為に狙うと宣言する。

 ギルさんの怒りにも頷けますが、対するメリオダスは、実は何も覚えてないと驚きの発言を。

『最後に覚えているのは、王都の外れの古城に呼び出されて―――』

イメージ 14

イメージ 25

 大罪事件の真相は、“聖騎士団長殺害の冤罪を着せられ”、集結した騎士団の標的にされた。
 しかもメリオダスは気絶させられていたのだ

 団長……、すまない。

 話を聞く限り、「気絶させた」のは大罪の一人。
 加えて「聖騎士たちを殲滅した」のは、メリオダス以外の誰かという事になります。

 さて本当にメリさんを裏切ったのか、或いは「彼の安全のためにわざとそうした」のか?

ギル『それが何だと言うんだ? 今の私は、七つの大罪の誰よりも強い!』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 何だかんだいって、エリザベスを気遣ってるのも気になるところ。

■戦争の為に
 真っ先に浮かぶのは「戦争に反対する、騎士団長とその忠実な部下を、まとめて排除する陰謀」で
 その後、実権を握った聖騎士が黒幕である。
 というのがセオリーですが…?

 解るぞ、貴様の中から余裕がなくなっているのがッ!

 メリオダスの言葉をバッサリ切り捨てたギルは、折れた剣を苦にせぬ彼と互角に渡り合う!
 果たして、サンダーは本当に「興味がない」のでしょうか?

 それとも、父を殺した本当の敵を追い求めているケースなのでしょうか?

メリオダス『ここまで強くなってるとはなぁ……』

ギルサンダー『安心しろ、後六人、すぐに送ってやる』

イメージ 20

 格闘マンガの王道、背後を奪い合うスピード勝負を制したギルサンダー
 得意の雷剣でメリオダスをバッサリ。

 ああ、メリオダスさんが三話目にして死んだ!

 ギルは剣を収めると、冥土の土産と「把握している大罪たちの行方」を丁寧に教えてくれますが……

メリオダス『そっか……、サンキュー、ギル坊♪』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 なんという真顔。

■次の旅へ
 やっぱり平気だったメリオダスは、礼を言って起き上がります。
 が、さてこの後どうやって別れるのか?

 強欲の罪<フォックス・シン>は監獄で厳重幽閉
 怠惰の罪<グリズリー・シン>は既に死亡、死者の都に遺棄されている――――

 一人は既に死んでいるという報告もありますが、はてさて?

 ペラペラ喋ってくれたギル坊、これがホントに「騙されてた」ならお笑い種ですが、はてさて。

予告ナレーション『ホークちゃんって、どんな味がするんだろう、と!』

イメージ 24

 ホーク(豚)、三話目にして「食われる側」に回る。早いな!

ギルサンダー(笑)。それとも?
 十年前の大罪事件も、戦の為に邪魔だった騎士団長と、後の七つの大罪を排除する為の冤罪だったのか?
 だとすれば、興味がないと切って捨てるギルさんの真意は
 実は、その真相を探ることにあるのか…?

 ギルサンダーは、今後ギル様になるのか、ギル坊(笑)になってしまうのか!?

 彼の行動は、いちいち深読みできるものが多いため、
 今後の動向が気になりますね!

 あとディアンヌ嫉妬の大罪って時点でキャラが予想できたね! なんだこの可愛い乙女(自称)は!

 次回、第四話「少女の夢」。
 何の事?