GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

マジンボーン 第29話「ネポスへ!」感想

自然と技術の調和した惑星ネポス! リーベルト様もドヤ顔の第29話!

イメージ 11

イメージ 22

 ネポスへ行く!という翔悟の無茶に、味方もリーベルト達も、しっかり“反論した”のが好印象。 
 惑星ネポスの驚異の環境、繰り広げられる異種ボーン連携バトル!
 次回も気になるし、面白かった!

 宇宙の星々は全て、始まりの魔神から賜ったもの―――、だから極力自然のままにする。当然の事だ。

■自負のニヤリ
 熊コンビの台詞もそうですが、端々から「自分らの文化への尊敬の念」が溢れているのも印象的。
 翔悟らの驚きに、ニヤリとするリーベルト様かわいい!

 そして次回、ワイバーン爺ちゃんが決死の戦い! これは見逃せない一戦になりそうですわ!

『確かに、飛んで火に入る茶碗蒸しだ』『夏の虫です!(必死)』

イメージ 2

 開始早々、問答中でも笑わせにくるアントニオ。

■守りたい日常
 幽閉された父シュトルツを救出すべく、ネポス・アンゲリスへと舞い戻るリーベルト。
 また、「ネポス」の実情を知り、和解を探るべく
 翔悟たち5人も同行した。

 異文化に戸惑いつつも、彼らもまた、心も友も家族もいる「人」なのだと翔悟は改めて悟る。

 立ちはだかったアイアンボーン「クラーケン」に苦戦しつつも
 一行は辛くも突破し、居城へとたどり着く。

 次回、第30話「ワイバーンVSケルベロス

リーベルト『私が言うのも何だが、彼らの言うとおりだ』

翔悟『―――でも、スルーできねえよ…!』

イメージ 3

 以前、グレゴリー兄弟に言われた言葉が突き刺さる。

友達の大切な人だから
 ドラゴンが「地球の核」である以上、翔悟が敵地へ出向くなど論外だ。
 仲間も、助力を欲するリーベルトでさえも否定する。

 自分の周りの世界、それしか見ちゃいない―――!

 それでも、自分が自分の日常を守りたいように、リーベルトにも守りたい「日常」がある
 翔悟は勇気の一歩を踏み出す。

 自分以外の世界を守る為に、翔悟は踏み出す決意を固める。

ルーク『行こう、翔悟。状況が変ったのであれば、確かめるチャンスかもしれない』

リーベルト『お、おい……?』

イメージ 1

イメージ 4

 無表情にグッと指を立てるルークさん!

■メリット
 勢いと感情で行動しようとする翔悟に、メリットを付けたし、背中を押したのはルークとタイロン。
 今回の一件は、敵の状況をこの目で確かめるまたと無いチャンス
 それも確かなのだ。

 エースが居てくれるってなると、心強いんだけどなぁ、ホント?

 当然、ギルは反対するが
 ドラゴンが行くなら「エースに守ってもらいたいなぁ?」とおだてる!

 いつものエース節、ここで活かすのかよ!(褒め言葉)

ルークさん『あれだけ優柔不断な彼が決めたのなら、よほどの事』

翔悟『それ、褒めてないよね?』

イメージ 5

 翔悟が、いつも優柔不断なところも理由に組み込み、ネポスへ行く決意を固めるルークさん。
 対するリーベルト様も、アイアン5体の助力など願ってもありません。

 もはや彼女は反逆者扱い、毒を喰らわば皿まで!

 8人の戦士、ネポスへ!
 というかこの局面に至っても「騙してドラゴンを奪ってやろう」なんて、露ほど考えてないのも彼ららしい。

レボルト『シュトルツ様、お姿を拝見しませんなぁ……。困りました』

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 評議会は全八席、レボルトに付いた「ウロボロス」もその一人。

■自演する魔犬
 リーベルトの父シュトルツを倒し幽閉したレボルトは、その事実を伏せ、臨時評議会開催を決定。
 シュトルツとクルードが欠け、6席の評議会。
 しかも1人はレボルトに付いている。

 残る四大幹部の思惑は不明ですが、レボルトは政権奪取に成功。

 レボルトが一方的にまくし立てている辺り、四大幹部にも何か思惑がありそうですが……?

健悟『はっはっは、まあアイツが大丈夫って言うんだ。信じて待つよ』

イメージ 10

 ネポス突入前、下手すると今生の別れになりかねない状況で、敢えて普通に旅立つ翔悟。

 ぶすくれる早穂
 それでも、息子である翔悟を信頼し続ける健悟のおじさん―――、良い家族ですわ。

 めちゃくちゃ放任主義だけど、それも信頼あって成り立ってるタイプ。

リーベルト『―――着いたぞ、ここがネポスだ』

イメージ 11

イメージ 12

 野良ドラゴン……、ホントだったんだなぁ。

■調和の惑星
 銀河二個も離れた惑星、ネポス・アンゲリスへと跳躍する翔悟一行。
 跳躍は一瞬! 空間系ボーン凄すぎる!

 宇宙の星々は全て、始まりの魔神から賜ったもの―――、だから極力自然のままにする。当然の事だ。

 確か、地球も同じ環境だったらしいですが
 始まりの魔神への敬意が根付き、ネポスは自然を何より大切に文明を育てたそうな。

 ボーンという技術が残っているのも幸いしたのか、科学技術も地球より数段上。なんて未来惑星なんだ……。

ルークさん『悔しいが、地球の一歩も二歩も先を行っている』

モース&グストス『そうだろ?』『だろう!』

イメージ 13

 にしても、このモーちゃんグスちゃんノリノリである
 母星愛が溢れてるなあ。

 また「他の星との交流」で、以前、ガルムが潰した星もそうだったと察せられます。

モース『ネポスはよ、色んな星とも交流してっから』

ルークさん『そういえば、ここには甘いものはあるのかね?』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

 ブレないな!

■異文化交流悶絶編
 人里に降り、人に紛れて「シュトルツのお屋敷」へと向かう一行ですが、まさに異文化の塊!
 自然と機械の調和した未来文明のみならず
 他星との交流もある。

 残念だったな、ネポスにはこれしかねえよ

 ただ、文明が洗練されすぎた結果なのか、食品はチューブ食まで進化してしまったらしい。
 代わりに味が無いというか……。

 食後のゴミも完全リサイクルなど、自然との調和の為に、滅茶苦茶コストを払ってるんですな。

翔悟『あんた、蜂の形のボーンの人だよねっ! 無事だったんだ…』

イメージ 17

 街中では、翔悟が七話で倒し「敵の中身も人間だったのか!?」と驚いた時の相手
 ダークビーさんとも遭遇。

 良かったぁ……。

 蜂さんは驚いて逃げてしまいましたが
 翔悟が、蜂が無事で喜んだという事だけは伝わったようです。

 意外な人が出てきましたが、まさかここで第七話をフォローするなんてなぁ………。

ダーク巨大イカ『何をそんなに焦ってんだ、あぁん?』

レボルト『―――罪人相手に手加減できるか、自信が無いんですよ』

イメージ 18

イメージ 19

 が、蜂さんはうっかり「ダーククラーケン」さんと鉢合わせし
 レボルトはクルード様を焚きつける。

 シュトルツの館に、次々と集うアイアンボーン達!

 レボルトは、クルードに「シュトルツを手にかけた」事を隠しつつ、リーベルトを襲うよう依頼。
 不快な相手に良いように動かされる不快感!

 クルード様、ぐぬぬ過ぎる。

アントニオ『……あれ? 敵の姿は何処だ?』

『俺はエクエス、海の男クラーケン! 一匹残さず、釣り上げてやるッ!』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 ネポス組まで着装シーンが!

■幻獣系ボーン!
 シュトルツの館に近付いた翔悟は、さっきの男が変じた姿「クラーケン」に襲撃を受ける。
 八幹部ではないが、伝説の巨大イカがモチーフだけに
 その戦闘力は圧倒的!

 クラッシャー! クラッシュ! クラーッハッハッ! 大漁大漁ッ!!

 イカがモチーフだけに
 身体を透明化させる「擬態」能力とパワーを活かし、八人を単騎で圧倒してしまう。

『おやりベアー!』『モーちゃん頑張って!』

『おうよ!』『おおッ!』

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

 が、ドラゴンに止めを刺そうと動きを止めた為、モースとタイロンの連携技が直撃!
 八人がかりの連続攻撃を浴びせ、なんとか撤退させる。

「グラビティ!」「「地獄車!!」」

 タイロンが、熊コンビをぶんなげるという荒業も炸裂!
 良い連携だった……。

 というか、CGバトルがどんどん楽しくなってて凄いですわ。戦闘後の祝勝シーンも素敵。

予告『地獄の番犬が牙を剥いたとき、魔神は静かに動き出す―――!』

イメージ 13

イメージ 20

 この熊コンビ、いつでもどこでも楽しそうだな! 

■何気に
 幻獣種の強さを見せ付けつつ、舞台は再びシュトルツ城へ。
 アレで幹部じゃないのですから、やはりクルード様のような幹部クラスは格が違うって事でしょうか。

 そのクルード様、次回レボルトと戦い、火の魔神を召喚しそして―――!

 また作画も良く、ネポスの未来都市っぷりや
 コントの楽しさも一際良かった!

 第30話「ワイバーンVSケルベロス