GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

七つの大罪 第二話「聖騎士の剣」感想

メリさん男前。聖騎士の不可解な下種さ、槍投げ世界新記録、家族愛の第2話!

イメージ 15

イメージ 19

 槍投げコミュニケーションがカッコ良すぎた第2話! この超人感、ワクワクしますね!
 ただ、人格的にはギルサンダー様の株が下がりすぎなんですが
 一体ナニを考えているやら。

 でも、お前が皆を守りたいと思って俺の店にたどり着かなかったら、何も始まらなかった!

■ダブル主人公
 能力MAXのメリオダスのスゴさと
 一歩一歩、成長していく姫さまの対比も良いですね。

 そんな姫さまの回想
 幼い頃、我侭した彼女を必死に追ってきた国王さまも、数カットだけど凄く好きになれました!

国王陛下『エリザベス、逃げなさい―――。父は大丈夫だ』

イメージ 2

 騎士の目を引き付けるべく、王自身は残ったらしい。

■剣と麦酒
 麦酒の名産「バーニャ村」に立ち寄ったメリオダス
 この村が聖騎士を怒らせ、水源を魔法の剣で縫い止められてしまったと聞かされる。

 だがそれは、そもそも聖騎士が麦酒を侮辱したのが発端だった。

 ただ侮辱した聖騎士が許せなかった
 その責任を取ろうと、奮戦するミード少年にメリオダスは手を貸し、聖騎士ライサンダーに露見してしまう。

 メリオダスは、仲間である「大罪」が白夢の森にいると推察し
 同じくライサンダーも森を目指す。

 次回、第三話「眠れる森の罪』

『私、本当に見つけたんだ、あの伝説の七つの大罪の一人、メリオダス様を!』

イメージ 1

 イケメンだけどセクハラも欠かさない。それがメリオダス

■大罪の「罪」
 メリオダス達の謀反から10年、聖騎士が秘密裏に起こしたクーデターから一ヶ月
 エリザベス姫は、ブタの帽子亭の看板娘となった。

 まあな?

 他人には言えない罪を冒し、七つの大罪と呼ばれるようになった聖騎士の一人、メリオダス
 姫は、彼にセクハラされながらも「情報収集する」と決めたのだが―――

 というか、セクハラされてるけど自覚が無いのよね……。なんていやらしい!

メリオダス『ウチの酒は色んな土地で仕入れてるんだが、バーニャは別格だ!』

イメージ 3

※この後、めちゃくちゃ地面に埋まった。

■銘酒の土地にて
 エール、麦酒の仕入れを目当てに「バーニャ村」に立ち寄ったメリオダス一行。
 が、ここは名水が自慢なんだ!という言葉通り
 すっかり水が枯れきっていた。

 まったく、メリオダスさんがフラグを立てるからっ!

村長『聖騎士様の恨みを買ってしまってな…、剣が地下水を封じてしまって』

『―――この村はもう、お終いじゃよ………』

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 スムーズに巻き込まれるメリオダスさん! さすが!

■聖騎士の「魔法」
 地中に埋まりこんだ剣を引っ張る村民たち、実はこの剣が、地下水脈を封印してしまったのだ。
 村の子供、ミードが聖騎士を怒らせてしまったらしい。

 俺のダチの“七つの大罪”にかかりゃ、楽勝だぜ!

 が、当人は懲りてない。
 この少年、まったく懲りない悪びれない!

 財源である麦酒が作れず、切羽詰った村人を怒らせてしまいメリオダスに助けられるのだが―――。

エリザベス『私も、小さい頃よくいたずらをして父に叱られました』

『気を引きたかったんです、―――本当の父じゃなかったから』

イメージ 7
 
イメージ 8

 実子ではない、割と重要な情報をサラッと言ってのける姫さま!

気を引きたかった
 実は、エリザベスと少年は「養子」ゆえに疎外感を感じていたという共通項があった
 いたずら者なのは、気を引きたかったから

 一度、大きな木に登ってビックリさせようとして、そしたら父が真っ青になって、登ってきたんです―――。  

 回想の父王がステキすぎる。
 エリ様は、自分なんか養子だからと疎外感を感じていた。

 けれど父は疎ましがるどころか、彼女を溺愛していたのだと解るワンシーン。王の愛、深ぇ……。

ミード『あの聖騎士が、みんなをバカにしやがったからだっ!』

イメージ 9

 御伽噺を思わせ、凄くファンタジーでも大人げないわー、サンダーさんマジ大人げないわー。

■聖騎士と正当な怒り
 また、話を聞くに「村を思ってやった」と解る。
 村を訪れた聖騎士は、自慢の麦酒を一口含むやこう言い放ったのだ。

 不味い……、馬の小便よりはマシな程度だ。

 心無い一言に怒ったのだ
 ミードは、その麦酒を造るのに、大人がどれだけ心を砕いていたか知っていたから、なお怒ったのだ。

 彼はグラスに虫を放り込み、怒った騎士は水脈を止めてしまった。

兵士『聞け! 日没までに引き抜けねば、課す税を十倍にするっ!!』

イメージ 10

 あまつさえ、とんでもない事を言い出すクソ兵士!
 財源止めてそりゃねえよ!

 ただこの話、深読みすれば増税すること」こそが目的だったのかもしれません?

 敢えて村人を挑発し
 聖騎士の怖さを十分に思い知らせる事、増税する事、この二つが目的だった? 或いはもう一つ?

兵士『またお前か? ガキじゃ面白くも何ともねえんだよ!』

村民『いい加減にしろ、俺達をこれ以上困らせるな!』

イメージ 11

 責任を感じたミードは剣を引き抜こうとし、兵士、そして村民から罵声を浴びる。
 が、村長は厳しく言い放った。

 いい加減にせい! わしら酒造りの誇りを傷つけたのは誰じゃ? ミードか、違うじゃろ?

 ミードは、自分達の悔しさを代弁してくれた。
 それは大人達も解っていた。

 聖騎士に怒りをぶつけず、子供相手に憂さ晴らししていた自分達を恥じ、大人達も奮起する!

兵士『見ろ、あの必死な顔! 』『バカどもにカンパァイ♪』

???『酒の味が解らん奴に、この酒を飲む資格はねえよ』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 村の男たち総動員で引っ張り上げようとするが、聖騎士の魔力で食いついた剣は離れず
 クソな兵士達は嘲笑う、が―――

 ごちそうさん! 悪いけど、いま持ち合わせがねえからさぁ―――
 これで良いか?

 奪い取ったジョッキを一息にあおり、何気なく剣を引き抜くメリオダス

 外見は子供なのにどうしようもないくらいにイケメンだ! まさに水戸黄門じゃないか!

メリオダス『それより、お前にはやる事が残ってんだろ?』

イメージ 15

 天は自ら助くる者を助くと言いますが、限界まで自分らで頑張った少年と村民を、何気なく救うメリオダス。 
 これで一件落着……。

 かと思いきや、素直になれない少年の背中を押し、その「疎外感」まで取っ払ってやるメリオダス

 立場に縛られた大人は自分らを恥じ
 素直になれず、勝手をしまった少年も素直になる……、良い話だった……。

姫様『私に上手くできるでしょうか…、こういう事をするのは初めてなので…』

メリ『そーかそーか“はじめて”か……、もっかい言ってみ?』

イメージ 16

イメージ 25

イメージ 18

 メリさんのエ.ロ.親父っぷり! 一体ホントは何歳なんだ……!? ゴクリ

はぢめての
 その後、豚の帽子亭では盛大な宴が催されたが、姫様、予想通りの大☆活躍であった――――。
 やっぱり何も出来なかったか!
 ちくしょう可愛い! 

 でも、お前が皆を守りたいと思って俺の店にたどり着かなかったら、何も始まらなかった!

 やはり落ち込み、無力さを嘆く姫様に「勇気ある一歩の大切さ」
 やるべきことを励ますメリオダス

 たとえ無力だと思っても、それでも、やるべき事を投げ出さないのが大切。メリさん大人。

ライサンダー様『バーニャへの距離と方角を教えてくれ。正確にな』

『――――キミのその槍、貸して貰えるな?』

イメージ 17

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 おおキャッチした! と思ったらそのまま吹き飛んだ!?

聖騎士同士の宣戦布告
 実は、その少し前に「バーニャ村に向かって」、聖騎士ライサンダーが槍を投げていた!
 店内でそれを察し、吹き飛びながらも槍を受け取り
 投げ返す!

 やはり生きていたか―――、“七つの大罪メリオダス

 メリオダスが投げ返した槍は、なんと正確にライサンダーの眉間を狙っていたが
 彼も見切り、頭だけを動かして避ける。

 村を、砦を半壊させつつ槍と槍でのキャッチボール! 聖騎士のコミュニケーションって迷惑すぎィ!

メリオダス『俺達がやるべき事をやるっ!』

イメージ 23

 これ以上の滞在は村に迷惑をかけてしまうと察し、早々に旅立つメリオダス一行。
 見送る村人。

 目指すは聖騎士達が避けて通る森、シロユメの森!!

 仲間がいると確信するメリオダス
 事実、そこには仲間の一人、蛇の紋章を持つ女性がグースカ夢を見ているのだった、が……?

予告ナレーション『エリザベスのコスチュームがチェンジしたッ!』

イメージ 26

イメージ 24

 エンドカードは食道楽なのか……? 今週も「俺の肩ロースにかかってるな!」とか迷言すぎ!

ノリノリよ!
 前回でもそうでしたが、ギリギリまで力を振るわないメリオダス
 自分の異端さを理解しているような姿勢
 好感がもてますね。

 とか思ったけど、エンディングと予告が割りと色々もってったよ!

 ただライサンダーさんに関しては、本当に怒ったのか「策」なのか、その辺も気になりますね。
 七つの大罪狙いですから、その点でも動機がありますし。
 それにcv宮野真守さんですし。

 次回、第三話「眠れる森の罪」。

■関連記事
 第一話「七つの大罪」