GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

るろうに剣心・裏幕 -炎を統べる- [和月伸宏]

  志々雄一派の前日譚。まさか、方治にここまで焦点が当たる日が来ようとは…

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

※画像右下隅クリックで拡大。表紙のCCO様、カッケェ!

 

 十本刀の「初陣」を描く前日譚を約70ページ、残りは設定集とノベライズという変則形態。
 うわっはぁ騙された!

 

 ――――不味い(方治)。

 

■いつもの和月+α
 実際、こういうの読むのも久しぶりだなぁと、半ば以上も上から目線で「小説版」を読んでいたのですが……
 これがまた面白い!

 

 全国一千五百万の方治ファンじゃない人必見! かなりグッとくる一遍でした。

  漫画パート「いつもの和月

イメージ 2

 漫画パートは、基本、一見なかなかやり手そうなヤラレ役が出てくるという、いつもの和月先生。
 小説パートで掘り下げられますが、この「マント」が笑えます。
 そんな模様かよ!
 と!

 

 面白い面白くない以上に「もっと見てェな!」と思わされる漫画でした。志々雄さま魅力的。

  方治の魅力が爆裂四散する「小説」パート。コーヒー必須。

イメージ 1

 大半を占める小説パートが眼目。
 おそらく志々雄一派の情報を誰よりも誌って居る人物、百識の方治を語り部に、一派を語ってゆく。

 

 新キャラが絡み、堅物を絵に描いたような彼が「動く」のが見ていて快く
 そして、「漫画」で展開が判るのが辛い。

 

 不味い

 

 すごい勢いで仕事を仕上げていくパートが特に印象的で、そのずっとあとの「不味い」が響きます…。

  収録

イメージ 3

 方治さんってば、そんなノリで商談決めちゃうから………。

 

 ジャンプコミックスるろうに剣心・裏幕 -炎を統べる-」。和月伸宏
 小説部:黒碕薫先生。原作は1994~1999年連載。
 2014年10月発売。

 

 漫画部、前後編70ページほど。
 登場人物紹介。

 

 漫画パートの小説版「その翳、離れがたく繋ぎとめるもの」。
 両作者対談。

 

 巻頭綴じ込み小ポスター。