GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ガンダム Gのレコンギスタ 第2話「G-セルフ起動!」感想

第2話にして「避けられない事態」到来。元気のGは 始まりのG! 第2話!

イメージ 20

イメージ 23

 いきなり……、白い富野かと思ったがガンダムの富野(∀は除く)。いきなり富野展開の第2話。
 エンディングがすごくレコンギスタで、救われる感がありますね。
 賑やかで元気な曲!

 大尉はアメリア軍を背負っていける人だったんです…、熱血漢で優しくて、優れた大人だったんです!

■軍属?
 錯乱したアイーダの言葉からすると、海賊はアメリア軍の関係者?
 彼女を「姫さま」と呼んでいたのも気になります。

 クンタラという蔑称といい、色々台詞に滲ませているのも気になりますね。

大佐『ベルリ・ゼナムか。すべて偶然だろう…、仕掛けてできる事ではない』

イメージ 2

 軍のエライ人? は事情を察している模様。

■ベルリ、撃つ
 地球に戻ったベルリ達だったが
 アイーダとGを取り戻そうと海賊まで降りてきて、町は大変な事になった。

 まだ設立されたばかりの「アーミー(軍隊)」では相手にならず
 ベルリは、再びGに乗り込む事となる。

 海賊のカーヒル大尉の強襲に、ベルリは無我夢中で引き金を引いてしまい―――。

 目の前で泣き崩れるアイーダの姿に
 ベルリ・ゼナムは、初めて奪った命の重さに立ち尽くすのだった。

 次回、第3話「モンテーロの圧力」

ルイン・リー『彼女、どうしたんだい?』

マニィ・アンバサダ『クラスに編入してきたんだよ、記憶が戻るまで面倒みろって』

イメージ 3

イメージ 4

 主席で友達がルイン、黒髪がそのガールフレンド、マニィ。

法皇とノレド
 前回は、いわゆる「実習」だったらしく、第2話は地球の学園に戻る。
 ラライヤも編入し、ベルリはちょっとした英雄。

 ふぅん、“宇宙<そら>”から来たお嬢さん? ―――あんな年頃の娘では、考えられんが…?

 ゲル法皇も現れますが、雰囲気はいたってアットホーム
 ヒロイン、ノレドとも顔見知りのようで、しっかり地域に密着した宗教のようです。

クンパ・ルシータ大佐『ご子息が海賊のMSを捕まえたとか?』

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 8

 お母さんの方が「運行長官」だったのか! にしてもカット・シーが美しいなぁ。

■祭典、襲撃
 外国との宴にかり出されていたベルリとルインは、海賊軍の襲撃を目撃する。
 アーミーが迎撃するが、設立から間もない彼らでは
 戦いなれた海賊に為す術もなかった。

 何より、彼らはアイーダと違って“相手や周囲の被害”を考慮しなかった!

 作業機レクテンも
 新型の「軍用機」カットシーですら、為す術もなく倒されてゆく。

ノレド『Gのパイロットや、Gを奪い返すって言ってなかった?』

イメージ 7

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 カットシー、根性のカニ挟み!

尻を出さない!
 女性陣も合流、「Gとアイーダ」の元へとひた走ったベルリ達は―――
 って、運河越えがスゴい!
 八艘飛びか!

 アイーダ・レイハントーン! 返事してぇぇぇぇぇっ!!

 逮捕されていたアイーダを助け出し、とりあえず安全な場所へ移動しようとするのだが―――

ベルリ『何であなたのような人が、宇宙で海賊なんかをっ!』

アイーダ『地球に太陽光パネルを張れば良いのに、キャピタルは!』

イメージ 13

 また富野節か! キャピタル=政府ですね。わかります。

■独裁と電力
 また、脱出中アイーダに議論を仕掛けたベルリは、彼女に張り倒される。
 あの「エレベーター」は、電力供給システム。

 電力が欲しいなら地球で、自分達で発電すれば良い。
 なぜ「キャピタル」に管理させる?

 現在の社会構造を「キャピタルが独裁する為」だと断じ、宇宙海賊は行動している……?

『アイリスサインが二つも出ているだと!? アイーダ様、どういう事なのです!』

イメージ 14

 こっちが聞きたいよ!

■アイリスサイン
 脱出中に「海賊の大尉」に見つかりますが、こんな台詞も。
 ベルリとアイーダが反応してますが
 ラライヤは無反応。

 G-セルフ関連なのでしょうけれど、果たしてその意味は?

カーヒル大尉『―――クッ、前世紀のクラシック・コレクションかい』

イメージ 15

イメージ 1

イメージ 16

 第2話、MS作画がところどころOVA水準。

宇宙世紀これくしょん
 その後、技術うんたらの施設に飛び込んだ海賊大尉は、メンテナンス工場を抜け
 今回のお話の目玉、モビルスーツ博物館に!

 白い、白いよ大尉!

 世界観的に、モビルスーツを模した石像? ナノマシン保存? 初代からVガンまで幅広いね!!

アイーダ『動き出した、カーヒル大尉にも、クリム・ニックにも出来なかったのに…』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 グリモア(海賊機)さんってば、格闘戦強すぎィ!

■起動
 二人以外では動かせない為
 ガンダムは、前回「キャピタル」側が回収した純正品バックパックと共に放置されていた。

 そいつを“キャピタル”に渡す訳にはいかんのだッ!

 直感的に「敵」だと理解し、ガンダムを滅多打ちにするカーヒル大尉。
 しかし、アイーダが同乗していると気付き
 ビームの直撃を受けてしまう。

 ガンダムの大出力ライフルは、見事、カーヒルコクピットを撃ち抜いてしまう―――!

アイーダ『返してください! 大尉を生き返らせて返してくださいっ!!』

ベルリ『僕は、殺しちゃあ……!』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 まさか二話にして「撃つ」なんてなあ……。

■錯乱するアイーダ
 ベルリが、彼女を守る為に必死で撃った「敵」は、アイーダの大切な人だった。
 それでもアイーダは怒りをぶつける他なく
 理不尽でも叫び続ける。

 大尉はアメリア軍を背負っていける人だったんです…、熱血漢で優しくて、優れた大人だったんです!

 それだけ大切な人だったのだろう。
 泣き崩れる彼女の前に、大佐率いるキャピタル・アーミーの「捜査部」が続々と来着しようとしていた。

予告ベルリ『僕はG-セルフで出撃……、出来なかった』

イメージ 5

 アイーダさんに操縦されてしまったからだ。

レコンギスタ
 暗いラストシーンを吹き飛ばすような、ドハデに元気なエンディング!
 やめて悲壮感が吹っ飛んじゃう!
 Gのレコンギスタ

 色々考えてた気もしますが、ラインダンスエンディングでフッ飛んだよ!

 ともかく!
 次回はアイーダガンダムを強奪して、そんでクリム・ニック登場ってワケなんだ?

 次回、第3話「モンテーロの圧力」