GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

クロスボーンガンダム ゴースト 7巻 感想[長谷川裕一]

たったひとつの命の嬉しさ、たった一つの死の苦しさ。決意の第7巻!

イメージ 5

イメージ 4

イメージ 6

※画像右下隅クリックで拡大。

 機動戦士Vガンダムの舞台裏となる、とある「兵器」を巡る物語もいよいよ佳境。
 衝撃的な展開、食い下がる少年から目が離せません。
 この流れ、どうしようもなく「ガンダム」!

 だめだ……、やめる理由にはならない……、やります!

■たった一つ
 一人の仲間が意外な展開で助かり
 そして、さっきまで笑いあっていたはずの人が、あっけなく死んでしまう。

 どうしようもない「戦争」の中で、立ち上がるフォントがホントに悲壮でした。格好良いよ、坊や……。

大人ってやつも、あんたが想像するよりずっと未完成で、いつも迷ってる

イメージ 1

 これも印象的な流れ。長谷川さんホント良いこと言うわ。

■「命」の為に
 UC0153年、地球に侵攻したザンスカール帝国「人を幼児退行させる兵器」エンジェルハイロウを開発
 これをより効果的に運用する殺戮細菌を求め、木星の「蛇の足」と交戦する

 だが、ザンスカールの特務部隊は独自行動を起こし
 また元・木星の傭兵団もからんで
 事態は混沌としてゆく。

 ザンスカール本国は、同地域を核で細菌ごと焼き払うと決定し、戦力を差し向ける―――。

キゾ中将、その出生

イメージ 2

 もう一つのハイライトは、独自行動するザンスカールの狂った若き将軍。
 その特殊、若くして高すぎる地位の理由が明らかに。

 確か、ザンス帝国は木星に援助を受けていたはず。
 だからこそ、恩があった。

 しかし、こっちはこっちで親の心子知らずというか、ここまでこじらせた人だったとは。 

収録

イメージ 3

 終盤という事で、いよいよ生の声が迸る展開! いいな長谷川節! 夕方アニメやれよっての!

 機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト<MOBILE SUIT CROSSBONE GUNDAM GHOST>、7巻。
 長谷川裕一著、角川コミックス・エース、ガンダムエース連載作品。
 2011年連載開始。2014年9月発売(前巻3月)。

 プロローグ
 第29話 祭りの夜
 第30話 宇宙細菌焼却作戦
 第31話 炎と死闘と…
 第32話 生と死と…

■巻末 メカ解説
 EMS-TC04改 デスフィズ・モール