GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

魔法科高校の劣等生 最終話「横浜騒乱編Ⅷ」

達也が「劣等生」である理由、戦略兵器と呼ばれた理由。怒涛の最終話!

イメージ 10

イメージ 24

イメージ 25

 さすがですお兄さま! という言葉では足りない、一期の締めも期待感も素晴らしかった最終話!
 まさか、ここにきて「お兄さまの魔法才能が低い理由」が語られるとは。
 嫌でも二期を連想する終わりでしたね。

 それは機械兵器とABC兵器に対する、魔法の優越を決定付けた事件――――。

■マテリアルバース
 そして「ABC兵器」とは、要するに核兵器などの大量破壊兵器
 それすら上回るとお兄様が実証。

 お兄様がやらかした事によって、魔法師は、本当の意味で畏怖の対象となったのです。という話。

『約80kmの距離で、50立方mmの水滴を精密照準、所定の性能を発揮しました』

イメージ 18

 精密狙撃用CAD「サード・アイ」、第三の目という意味。初出は第8話。

■歴史の日
 西暦2095年10月30日。
 この日は、後に「灼熱のハロウィン」として記憶される。
 中国軍の侵略に、日本の魔法化部隊が「戦略魔法兵器」を投入した日であるからだ。

 その威力は、魔法師が個人で核兵器にも並ぶ存在だと世界に認知させる。

 魔法の再発見から100年
 兵器として第三次世界大戦を左右した技術と「種族」は、今後、さらに重要度を増す事となる。

 だがそれでも、達也はただの兄として、妹の待つ家へと帰るのだった。(完)。

中国兵『マフェー・シュヴァラ……! あの沖縄の悪魔!?』

司令『タチの悪い戯言だ!』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 戯言? いいえお兄さまです。むしろラスボスです。

■悪魔の行軍
 驚くほどの小回りを持つ飛行魔法師部隊だったが、直立戦車に圧倒される……?
 かと思いきや瞬時に蘇生。

 修復魔法を躊躇なく行使する達也の前に、中国軍は崩壊する。

 どっちが悪魔だ!?
 と言わんばかりのお兄さまの行軍に、中国軍も大パニックであった。

周大人『私達も被害者です。ご理解いただく為に、協力させて頂きました』

イメージ 6

イメージ 7

 押しつぶせー!と叫びつつ、ホントに敵を押しつぶす十文字先輩!!

■食わせ者
 十文字会頭+魔法師協会が快進撃を続ける頃
 別働隊、クリムゾンさまに押され「横浜中華街に逃げ込んだ」中国兵は、周大人に捕縛される。

 いけしゃあしゃあと「私達も被害者です」と言ってのける周。

 やはり、このシリーズで終わる男ではなかったか。

深雪『人体だろうと、機械だろうと、お兄様は一瞬で復元してしまう事が可能です』

イメージ 8

 ついに明かされたお兄様が「劣等生」である理由。

■代償
 達也の隠し弾「再生」魔法。
 対象のデータを24時間まで遡って精査し、一瞬で上書き・復元してしまうという奇跡の魔法であった。

 この特別な魔法のせいで、他の魔法を自由に使う事が出来ません―――

 しかし魔法データが膨大過ぎ、達也の魔法的才能の殆どを占有している。
 その為、他の魔法がロクに使えなかったらしい。

深雪『――――何の代償もなく、使えるとお考えですか?』

イメージ 9

 こんな魔法を使うから無感情なのか、無感情だから使えるのか。

■「使う」代償
 のみならず「対象の情報を精査する」事は、相手の情報=苦痛やら何やらを全部体感する事に他ならない。
 それも数秒間に圧縮して体験する。

 お兄様は、他人の傷を治すたびに、そのような代償を支払っているのですよ……?

 想像を絶するリスク。
 欠陥魔法も良いところですが、使いこなせればこれほど有効な魔法も無いってワケですね。

中国軍隊長『価値の定かでないレリックにこだわったのが、間違いだったのだ』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 レリック=勾玉の実用化は今後に持ち越し。なら、相当スゴいものなのかも。

■真・武装中国兵
 中国軍を押し返した十文字部隊だったが、逆に奇門遁甲<隠密の中国魔法>部隊が本部を強襲。
 しかし、精霊の動きを「視る」美月の才覚によって
 一校メンバーが気付いた!

 ああ、あの男はあたし達で倒すッ!

 ムチャクチャ言い出す一校メンバー。
 だが、いかにも中国版の魔法装備(魔法遺産)っぽいモノを着込んだルー・ガンフーは、彼らを圧倒する!

人喰い虎ルー・ガンフー『がっ………!?』

イメージ 14

 しかし一校の本命、七草元会長による「冷気の魔法」での不意打ち(二酸化炭素?)。
 直接、冷気を体内に流し込んでしまう

 呼吸を阻害されてしまったルー・ガンフーは、苦悶の表情で倒れこむのだった。

深雪『これが“奇門遁甲 ”ですか―――』

『あなたが覗きの張本人なら、いなくなって頂ければ、安心できるというものです』

イメージ 15

 一方、ルー・ガンフーを目くらましにし、「見えなくなる」という奇門遁甲で潜入した隊長も
 待ち構えていた深雪により、あえなく瞬間冷凍に。

 司波家を覗く者、死の翼ふれるべし(教訓)。

 しかしアレです
 深雪さんが「覗かれるとイヤ」とか言うと変な想像しちゃいますね! 何する気だ妹!

風間隊長『大黒特尉、“マテリアルバースト”を以って、敵艦を撃沈せよ』

黒竜也(偽名)『了解』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 お兄様が本気を出せば、水滴一粒を代価に戦艦を消滅させるくらい容易い事なのです。

マテリアル・バースト
 やがて、撤退する中国軍偽装軍艦撃滅の為に、達也の魔法がお披露目される。
 いつかの「サード・アイ」を用いた魔法は
 見事、オーバーキルを達成した。

 達也の魔法は、50立方mmの水滴を狙い撃ち、一撃で敵艦を消滅させてしまう。

 あまりな威力!
 視聴者もメンバーも呆然であった……。が、これだけではなかった!!

深雪『“兄の力”は、常に私を守護しておりますので』

ラスボスおばさん『ああ、そうだったわね……?』

イメージ 19

 多分、普段の深雪さんはお兄さまバリアーが張ってあるんでしょうね。で、前々回それを解除した、と。

■ガーディアン
 その後、毒喰らわば皿まで!と中国軍は艦隊出撃を決定。本格侵攻となってしまう。
 しかし達也が招集され、視聴者は納得する。

貴方の方から鎖を解く事が出来ても、達也さんから誓約を破棄する事は出来ない

イメージ 20

 また、この会話からするに「お兄さまスーパー発光事件」は、深雪が契約解除したのが原因っぽい。
 お兄さまは余計な負担を解かれ、本来のスペックを発揮しているのでしょう。

 また「誓約云々」を聞くに、さらに上もあるのかもしれません。

風間隊長『―――我が独立魔装大隊は、戦略魔法兵器を投入する!』

『質量エネルギー変換魔法“マテリアルバースト”』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 1

イメージ 29

イメージ 23

 地図の形すら変えてしまうとか、流石すぎますお兄さま………。

■真・戦略魔法
 そして中国艦隊に対し、再び「マテリアルバースト」が発動し、その正体が明らかとなる。
 質量をエネルギーに変換する魔法。

 水滴一個の質量で艦船が、旗の先端程度の質量で軍港そのものが――――。

 だからこそ、サードアイを使って「精密」に狙わねばならない。
 なんという戦略兵器……。

 お兄さま、もしかして地球破壊すら容易なんじゃ………。

深雪『“灼熱のハロウィン”、後世の歴史家は、この日の事をそう呼ぶ』

それは軍事史の転換点であり、歴史の転換点とも見なされている―――

イメージ 24

イメージ 25

 人類史すら岐路に立たせてしまうなんて、さすがですお兄さま!

■「魔法師」という存在
 それは機械兵器とABC兵器に対する、魔法の優越を決定付けた事件――――。
 達也の一撃は、核兵器に魔法が勝ると証明した。

 それは魔法師の栄光であると共に、彼らが一層畏怖され、迫害される結果へと繋がるようだ。

 皮肉にも、市原先輩が「魔法師が、社会に必要なものと見なされるように」願った日に
 お兄さまは「兵器としての価値」を後押ししてしまった。

そして、お兄さまの帰還

イメージ 26

 翌日、達也が帰ってこなかった理由を推察し、深刻な顔を付き合わせる魔法科高校の面々。
 十氏賊として、会議に出席す十文字会頭とクリプリ様。
 心配する雫とほのか。

 そんな彼らの心配を他所に、平然とした顔でお兄さまは帰ってくる。

 お兄さまは妹の元へ帰ってくる。
 それは、お兄様がさすがである事と同じくらい当たり前な結末であった―――。

四葉真夜『なら、深雪さんと達也さんにも、その日に来て貰いましょう―――』

イメージ 27

 事件翌日の10月31日、あの風間少佐から、事情を聞きたいという要請を受け取った真夜。
 次の日曜日、その日に二人を呼び寄せようと決める。

 達也の目的は、四葉の家から自由になる事

 そう彼に言わしめるほどの女怪
 妖怪、cv斉藤千和、そんな四葉真夜の活躍は、いずれ来たる第2クールにて……?(未定)

ラスボス「四葉家」との対立を含ませ、魔法科高校、堂々の最終回!

イメージ 28

 そしてラストはお兄さまの視線! やだ素敵!

■戦略級の最終回!
 九校戦が8月、騒乱編が10月と話が飛びましたが、敢えて飛ばした理由に納得!
 連続2クールを締めくくるに相応しい、怒涛の最終回!

 お兄さまの謎、真の実力のほんの一端、歴史の転換、最終話に相応しい展開でしたね!

 現状の商業的成果と、この後を引く結末!
 二クール目が現実的に!
 きっとそう!

 そんなわけでスタッフの皆様とお兄さま流石です! お疲れ様でした!!