GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

スペース☆ダンディ 最終話「ネバーエンディングダンディじゃんよ」感想

爆発エンド? いいえダンディエンドです。椅子を蹴っとばす最終回じゃんよ!

イメージ 19

イメージ 25

 ふくらはぎになってる!?そんな驚きと、賑やか過ぎるオールスターなSPエンディングで締め!
 ちくしょう、ダンディのくせに良い最終回だったじゃんよ!
 キレイに着地しおった!

 じゃあな? またどっかで逢おうぜ―――?

そして神はいなくなった
 というか神、ダンディがそんなん納得する訳ねェじゃんよ?
 ゴッドさん観察不足すぎる!

 どこまでもフリーダムに、どこまでもダンディに、毎週の「仕様違い」がなんともないスゲェ作品でした!

『ダンディが?』『ゴーゴル帝国に』『連れてかれちゃいましたぁ!』

イメージ 2

 スペース☆ダンディ姫じゃんよ。

■どこまでいっても俺じゃんよ
 ようやくデカパイオニウムを含有する男、ダンディを捕まえたゴーゴル帝国。
 彼を奪い合い、二大国の宇宙戦争が始まった。

 そんな中、両国を裏切ったビー研究員が、最終兵器「チョーデッカイダー」を起動。

 宇宙崩壊の危機を救うべく、颯爽と飛び出したダンディ渾身の一発は
 見事、並行世界を含めた全宇宙を滅ぼしてしまう。

 やがて宇宙は新生したが、ダンディが蹴ってしまった為、神無き世界となってしまう。

 それから148億年が過ぎ
 宇宙を、流れ流され生きる男の姿があった。
 彼こそ宇宙のダンディ、パイオツより「ふくらはぎ」が好きな宇宙の男である――――。(完)。

ゲル博士『パイオニウムについて、知らないとは言わせぬぞ? ダンディ』

ダンディ『知らない』

イメージ 3

 言うと思ったよ!

■デカパイオニウムを巡る攻防
 なんと、前回出てきたパイオツ博士は、ジョニー皇帝率いるジャイクロ帝国所属だった。
 ダンディ捕縛に浮かれ、素敵な作画で笑うゲル博士
 その喜びは、彼らに断たれる。

 デッカイダーを発展させた新兵器、チョウデッカイダーも既に完成した!

 ノリノリのゴーゴル帝国は、ジョニー帝国に強襲される。

デュラン博士『事実上、あらゆる可能性を操る事が出来る―――』

『それはもはや、神の所業というべきものだ』

イメージ 4

 しかしパイオニウム=デカパイオニウムって、上手い名称もあったもんだわ。

■神の力
 ゴーゴルへの侵攻中、博士はダンディの特異性を語る。

 宇宙は、いくつもの次元が重なっている
 その「別次元」を、一つの宇宙へ、宇宙紐という手段で引っ張り出せるとんでもないエネルギー。

 その制御は、あらゆる可能性を実現できるという事に他ならない。

ビー『ゲル博士、悪いですがダンディは渡していただきます』

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 ワープアウト辺りからのBGM、軽快でメチャ格好良い! 燃えてくるわ!

■まさかの裏切り
 重機動メカや機動戦士、アレーやコレーが飛び交う宇宙大戦の現場に
 ダンディを求めて飛び込む一行。

 だがその真っ最中、裏切ったビーがゲル博士を撃った。
 実は彼、ジャイクロのスパイ……

 と思いきや、ビーは、そのジャイクロ帝国をも裏切ってしまう。

ビー『つまり私が、この宇宙の支配者になるって事ですっ!』

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 完全にわき道なのに、ロボ戦作画が本気すぎる!

■裏切りの野菜男
 パイオニウムさえあれば、この宇宙をも支配できる!
 残念だが、なんと妥当な支配欲だろう!

 目の前に転がってきた欲望に目がくらみ、ビーは第三勢力樹立を宣言。

 逆に、ダンディのなんと無欲なことか!
 そんな大層な力だなんて、まったく知らないから仕方ないですよね!

QT『GPSの反応は、タワーの頂上から来ています』

ハニー『え!? めっちゃ下ってるんだけど!?』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 動画が本気すぎィ!

■裏切り者と救出組
 野望達成にほくそ笑むビーだったが、怒りに燃える死にぞこない、ゲル博士によって戦線離脱
 一方、真っ只中をボロ舟とロボでサーフィンして切り抜け
 ミャウ達はダンディ救出に成功する。

 本気すぎるロボバトル! 本気すぎるサーフィン作画!!

 というか、ゲル博士ってば、ああ見えてフツーの大きさだったのね……
 ビーが小さかっただけなのか。

ゲル博士『アレを止めねば、この世界は崩壊してしまう……、私の船を使え』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

 く、首から下があっただと!?

■一人旅
 お前達は命懸けで俺を助けに来た―――、だからこそ、お前達の命を無駄にするわけには行かねェ!
 大丈夫さ、なんとかなるさ!

 大破したアロハオエ号に代わり、ゲル博士の持ち船を譲り受け、ダンディは独りで空を舞う。

 時には自由の女神のように!
 ダンディ、ラストフライトもダンディだったじゃんよ!

だがダンディは、チョーデッカイダーに苦戦を強いられる――

イメージ 17

 ものの、尻を見て回復した。
 いいのかそれで!?

『私は時にナレーターとして、時にはカメレオン星人として見守ってきた』

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 ナレーター=神。これ豆な。

マジかよ?
 やがてロボットもろとも全てを脱ぎ捨てたダンディは、渾身の拳でチョーデッカイダーを爆砕。
 しかし、彼の拳はそのまま宇宙も爆発させ
 壮大な爆発オチを起こす。

 へー? ではない! キミのせいだよダンディ!!

 爆発の結果、ノリで並行宇宙すら崩壊し「宇宙」は終わりを告げ始め
 神が、そのすべてを語った。

 いわゆる神展開である。

神『つまり私には後継者が必要、キミこそが神の名を継ぐに相応しい存在なのだ』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 全ての宇宙は消滅し、今、新たな宇宙が生まれる。
 よって、神も代替わらねばならない。

 話になんねェ。やーめやめ! 神なんて止めェ!!

 しかし、神候補となったダンディは「触れられない」なら「ブービーズにいっても面白くない」と拒否。
 神の椅子を蹴り壊してしまう。

 じゃあな? またどっかで逢おうぜ―――?

旧神『待ってくれ! それでは世界は、神を失ってしまうぅぅぅぅぅぅ!?』

ダンディ『バイビー♪』

イメージ 24

イメージ 1

 かくして、神候補が決まらぬまま旧宇宙は爆破崩壊、新たなる宇宙が新生、148億年ほど流れた―――

もっと下へ!
 神なき世界など露知らず、新世界のダンディもダンディ。
 いつものノリで、一話にループ。

 オッパイオッパイと誰もが言うさ、だがなァ、そいつらはもっと大事なモンが解っちゃいねェ……
 そいつはなぁ、ふくらはぎに決まってンじゃんよ!

 それは、神もナレーターも居なくなった、ほんの少しダンディの趣味が違う世界――――。

May be continued?<多分、続くんじゃねーかな?>

イメージ 25

 いい加減だなオイ!

■SPACE FUN CLUBE
 ゲスト連中総出演のスペシャルエンディングと共に、これにてシーズン2閉幕。
 スタッフの皆様ってば、お疲れ様じゃんよ!

 最終話に相応しく風呂敷を畳み、ダンディに相応しく蹴っ飛ばしエンド!

 ダンディらしさを貫く最終回。
 そんな感じ。

 分割二クールに渡る壮大な実験から得たものは、ファンの喜びとスタッフの経験!
 これからのアニメも楽しみじゃんよ!

 最終話、まさかのビーの裏切りに最終決戦! 実に賑やかで最高でしたね!