GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ばらかもん 最終話「かえってきてうりしか」感想

自分の場所って何だ? 一話に戻って再出発! 母の拳、燃え上がる最終回!

イメージ 13

イメージ 21

 前半、清さんの両親が楽しすぎ&カッコ良すぎで、これだけでもう立派な最終話!
 後半も楽しく、温かく受け入れてくれる子供らに囲まれ
 なんとも見事なハッピーエンド。

「何も考えず楽しんでるお前らを見てると、感化されるよ。この時間こそが大切って事だ。解るか?」
「うーん……、よぉ解らん」

■二人の成長
 最後の会話でも、先生の優しさ、なるの思慮深げな発音に「成長したなぁ」って感じられましたね。
 ホント、清さんってば立派になって………。

 原作は十分2クールやれるので、なる役の子も考慮すると、是非2期やって欲しい気がしますね。

母『“帰る”ですって? あなたのホームはここ! 島はアウェイなのよっ!』

イメージ 1

 清さん、のっけからオラオラパンチを喰らうの図。

■必要とする、必要とされる
 会心の新作「石垣」を東京で書き上げたことで、逆に「東京で過ごせ」と誘われる清舟。
 どこでも書けるなら、環境が整っている方が良いはずなのだ。

 しかし、島からの贈り物に清舟が、人間的にも成長していると感じた母は
 彼が島へ戻る事を許す。

 清舟は島に居たいし、島のみんなも彼を必要としているのだから。

 また、大御所が出張ったことで「石垣」は結局5位に終わった
 あくまで「今、5位」というだけだ。

 結果を受け止め、さらに良い字を書き上げる為に、清舟は再び五島列島での日々を歩き始める。

『どうせ引き止めても“行く”というのでしょう!? なら意見なぞ聞きません!』

川藤『ま。おばさんの言ってる事が正論だな。諦めろ?』

イメージ 2

 こういうシステムなのか? とか言っちゃう父さん可愛い。

■母、熱弁する
 島でなる達が心待ちにしていた頃、当の清舟は、母に阻止されオラオラされていた。
 半田清舟、本名「半田清(23)」を溺愛する母は
 彼を行かせたくないのだ。

 東京にいても書けると判った今、バリバリ仕事をして欲しいッ!

 一方、川藤も賛成する。
 最近は「休ませていた」訳だが、本来は、川藤を介して字を売り自活していたのだから。

えみ『――――あなた、変な人達と付き合っているでしょう?』

イメージ 3

 しかし母さん、声を張るとまんまナディアである(昔のアニメ「不思議の海のナディア」より)。

■朱に交われば赤くなれ!
 実は「清さんの人格の元凶」ともいえる母さんは
 子離れできず、清さんが「変わってしまった事」に良い歳こいて心配が隠せない。

 清さんは、そんなにギャーギャー騒ぐ人じゃなかったぁっ!

 うるせえよ!
 も、ホントこの人ってば清舟のお母さんだなぁホント!

半田清明『土地や人柄を心配しているなら、何も問題ないと思う』

清『親父も、このシステムやるんだ……』

イメージ 4

イメージ 6

 盛り上がる島トーク先生、若い頃はまんま清さんじゃないか!

■賛成派の抗弁
 が、そもそも清舟を島へ送り出した父は、心配など無いと告げる。
 彼もまた、同じくらいの頃を島で過ごしたのだ。

 もう35年ほど前になるか、木戸とひさんいをを釣りにいったんだ。

 島への信頼と郷愁。
 35年前、父の若い頃の写真にワイワイ盛り上がるのだったが――――

半田えみ『ぷーっ………』

イメージ 5

 そして、夫の正論にふくれてしまうママさん。これが経産婦だと……!?
 この40代可愛すぎである。

 もう、一緒に島に住んでしまえ! とは思いますが、まあそれも難しいわけでして。

清明『離れることで、子供が成長するなら、それが一番良いだろう?』

えみ『体が弱くて病気ばかりしてたあなたを世話した、母を捨てるなんて!』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 22

イメージ 9

 そしてスムーズに流れ弾を喰らう川藤。

■決めるのは自分か?
 結局、利便性は東京にあるし、実は敢えて島で暮らすメリットは弱い。
 父は「自分で決めろ」と促してくれる。

 一緒に結果を受け止めて、喜んだり、励ましたりすれば良かった―――。

 けれど、島から荷物が届いた。
 スランプに陥ってた時、島の空気を吹き込む為に依頼したもの。

 そこにあった「自分の教え子たちの結果」に、清舟は、島を離れてしまった事を後悔する。

『―――あなたが必要とされてるなら、戻るしかないでしょ……!』

イメージ 10
 
 その姿に、母は半泣きで納得をしてくれた。

 あの子が人の為に何かしたい、と思ってるんだもの。これ以上は「私のわがまま」になってしまう……
 成長したのは、書道だけじゃなかったのね

 清さんが必要とされていて
 清さんが、誰かの為に何かをしたいと燃えている。それを止めてはいけないと判る―――。

ヒロ兄『しっか片付けせれ、早う片付けんば、先生帰ってくんぞ!』

イメージ 11

※糸巻きは二クール目への布石ッスよ!

■燃える五島列島
 一方、先生がアレやコレやあったとは露知らず
 先生が帰ってくると決め込み、いつものメンバーは掃除に励んだ。

 色々あったけど、ヒロ兄がいれば大丈夫!

 地味に家事スキルの高いヒロ兄! 普通に家事スキルの高いヒロ兄!!

『息子には、目先の結果よりも、それを受けてからの先を見て欲しいものです』

爺ちゃん『おおー! 先生、なんばしよっとか?』

イメージ 12

 普通である事も、海も、今度こそ「良いものだ」と清舟は笑う―――。

■清舟、島へ帰る
 あれほど待っていた鳴華院の結果も見ず、五島列島へ帰ってしまった清舟。
 館長も父も、彼を心配するものの
 やっぱり父の予想通り。

 今日は天気が良いから綺麗だなぁ――――。

 でも、きっと彼は成長できた。
 一話目と同じように、なるの爺ちゃんと海を見る清舟。違いを実感できる一幕

川藤『まあ、これが本来あるべき結果と言えるがな?』

イメージ 14

 もっとも、小さな書展の筈の鳴華院だったが、若手にデカい顔はさせておれん!と爺様方が奮起
 軒並みベテラン勢が並ぶ中、清舟、会心の一作は5位。

 特に一位、92歳で、なお新作を出品する創作意欲!

 頭が下がるような結果。
 その結果を川藤から聞いても、清舟は、納得して受け入れたようだ。

美和『先生は、どがん字ば書いた?』

清舟『――――しいて言えば、俺がいま一番大切に思っているものだ……』

イメージ 13

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 島の人々を、石垣に見立てて書いた「石垣」。よか字やった!

楽しかね?
 帰り着いた清舟は、いつものメンバーの手荒い歓迎、そして一緒に卓を囲む。
 彼が書いた字は、ちょっと気恥ずかしい
 とても大切な場所。

「何も考えず楽しんでるお前らを見てると、感化されるよ。この時間こそが大切って事だ。解るか?」
「うーん……、よぉ解らん」

 にぎやかな五島の食卓。
 なるに、優しい声で「感化」を告げる先生、なる、良い最終回でした。

公式配信みじかもんで、最後の挨拶を配信中!

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 最後、みんなでガヤガヤ言ってる感じがまた良かった!

■同じ場所でもう一度
 最後の最後、題字をなるが書き直す演出もまた良かったですねー。綺麗な最終話。
 なぜ深夜だったのかと社会に問いたい最終話。

 というか、先生の発作的な衝動って、ママさん由来なんじゃ………

 そんな衝撃母さん
 お茶目で、ナイスミドルなお父さん。
 二人だけでなく、川藤も館長も島のみんなも、色んな形で半田先生を思っている。

 半田先生!
 成長の第一歩、これにて閉幕!
 スタッフの皆様、特に素晴らしい声と音楽とえーと色々諸々、素晴らしいアニメ化をお疲れ様でした!