GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

アカメが斬る! 第12話「新入りを斬る」感想

エスデス配下に不穏な動き。スーさんカッコイイ! チェルシー可愛い!

イメージ 10

イメージ 20

 チェルシー、裏切り者の可能性もあるかと思いきや、フツーに良い子っぽいですね。
 相変わらずタツミがひたむきで、エスさんが惚れるのも解る。

 能力はあってもゲスかと思っていましたが、しばらく見守ってるのも一興かもしれませんね。

■ランの真意は?
 逆に、エスデス隊で一番キャラが薄かった副官のランさん、不穏な動き。
 でも「悪い顔」はしてましたが、言動はまとも?

 ゲスなのかと思ったけど違うな。もうちょい見守ろっと!(意訳)

 言動からして大臣の部下でもないようですし、ブドー大将軍あたりの配下なんでしょうか?

チェルシー『マインって、そんな事も知らないんだね?』

イメージ 2

 今週、何故かマインを積極的に煽るチェルシー

■修行で成長しないもの
 アジトの露見、再建の間隙を好機と捉え
 ナイトレイドの面々は、危険な高地に移って修行に明け暮れる。

 家事と戦力に優れた帝具人間スサノオ、変身能力による、暗殺に長けたチェルシーも新加入。

 だが、「騙し討ち」のプロであるチェルシーから見れば
 ナイトレイドは隙だらけだった。

 彼女の厳しい言葉を受け止め、タツミは精神的にもまた一歩成長を遂げる。

 次回、第13話「邪魔者を斬る」

ナジェンダ隊長『―――では見せてやろう。驚くなよ?』

イメージ 3

 なんて有能な帝具なんだ………。

■暗殺者一行、修行編
 アジトがバレた事を考慮し、修行をかねて「奥地」へと引っ込んだナイトレイド一行。
 新たな仲間に、“電光石火”スサノオ
 チェルシーが加わった。

 スサノオは、コロと同じく「奥の手」を隠し持つ生物型帝具。

 のみならず!
 護衛役として几帳面かつ家事も得意な、まさにスーパー執事と呼ぶべき帝具であった!

 ねえ開発者、役割分担って言葉知ってる!?

ありし日の変人『目的の為に頑張りなさい。怪我をしても、あたしがいるからね?』

セリュー『家族も師匠も恩師も、賊に殺されてゆく……!』

イメージ 4

イメージ 5

 まあ、実際にスタイリッシュがどんな考えだったのかは解らんのですが。

■セリューの涙
 主観で見れば「家族」「師匠」「恩人」を、不条理な理由で失ったセリュー。
 変人博士は、一切の情報を残さなかったらしい。

 あいつらを、根絶やしにしてやりたいっ!!

 その言葉は強烈!
 ですが、彼女の視点からすれば「賊」が悪なのも確かなワケで………。

エスデス様『私と一緒にいれば、その望み、叶えてやる―――』

イメージ 23

 かくして、絆を深めてゆくエスデスの「イェーガー隊」
 身内に優しいエスデス様。

 しかしこうしてみると、セリューの亡父が本当にマトモだったのかも怪しくなりますな。

『今夜はご馳走だな、スーさん!』『スーさんの作る食事は美味しいなぁ♪』

ナジェンダ『だからいったろう、スサノオは凄いと?』

イメージ 6

イメージ 7

 どっかの釣りバカ日誌のように、すっかりメンバーに受け入れられたスーさん。
 家事万能だし、戦闘テクニックもタツミ以上。

 スサノオは今まで眠っていたんだ。

 今まで適合者がおらず
 革命軍本拠で眠り続けていたが、ナジェンダに呼応して動き始めたらしい。

スーさん『ナジェンダは、昔のマスターにウリ二つなんだ』

『“彼”は、素晴らしい将軍だったッ!』

イメージ 8

 なお、前マスターは男だった模様。

ラバック『それがチェルシーちゃんの帝具か?』

チェルシー『そだね、好きなものに変身できるよ? “ガイアファンデーション”』

イメージ 9

 cv名塚佳織さん。プリズマ☆イリヤのミユ役なのね。

■暗殺帝具
 一方、先週唯一戦わなかったチェルシーは、サイズ自在の変身帝具。
 戦闘力は無いんでしょうか?

 しかし、その戦歴はアカメにも並ぶレベル。

 戦闘では騙し討ち特化かもしれません。
 お軽いキャラですが、その言動はウソまみれだという可能性も……?

タツミ『―――薙ぎ払うッ!』

レオーネ『あれは、インクルシオの副武装“ノインテーター”! いつの間に…』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 毎度ですが、チャッチャッチャッ!ってBGM良いですよね!!

■レベルアップ
 あの戦いから早一ヶ月、空気の薄い高山で、危険種と戦い続けたナイトレイド。
 戦力は長足で成長しつつあった。

 殉職したシェーレとブラート、人間としては好感がもてるけど、殺し屋失格だと思う――――。

 しかし、マインや「罪なき人」を庇って落命した二人のように
 ナイトレイドはメンタルに問題が残る。

チェルシー『強いからって、生き残れる訳じゃない』

イメージ 14

 シェーレはマインを庇って、アニキは船を庇って大技の直撃を受け、結果的に落命している。
 人間性と、殺し屋としての合理性の矛盾。

 騙し討ちの帝具を扱うチェルシーだからこそ、敢えてメンタルを指摘する。

スーさん『とりあえず、討伐した獣を一匹残らず調理しよう』

アカメ『まずは腹ごしらえだなっ!』

イメージ 13

 一方、スーさんはそういった面に口を出すタイプではないらしい。
 戦闘兵器という以上に、従者タイプなんですな。

 アンタらもマイペースねえ……

 しばらく出番が少なかったせいか、マインさんの出番が多いな! 貴重なツッコミ属性だ! 

マイン『チェルシーをギャフンと言わせて、隙だらけだって笑ってやりなさい!』

ラバック『オレ、閃いちゃったよっ!』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 ラバック、リアクション古いよラバック!!

■生贄の羊
 シェーレとブラートをも侮辱されたと怒ったマインは、若者コンビを従え「仕返し」を思いつく。
 更にラバックに騙され、タツミは「透明化」で風呂に忍び込み
 スサノオの全裸を拝むことに。 

 インクルシオは姿は消せるが、気配や存在感までは消せない。

 強くなるだけではダメだ。
 未熟を思い知り、タツミは反省する。全裸で。

タツミ『透明化の問題点といい、的確だと思う……。実戦に活かしてくよ』

チェルシー『――――へぇ、物分りが良いじゃない』

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 1

イメージ 20

 守りたい、この笑顔。

■暗殺者の憂鬱
 もちろん、スーさんと見せかけて「変身したチェルシー」その人だった。
 素直なタツミに気を許し、自分の事を語る。

 ついこないだチームが全滅したからね……、ここの連中にはそうなって欲しくない訳よ

 厳しい言葉も優しさゆえ。
 もっとも、彼女の真価は相手を騙す力にあります。

 だから本当かどうかは不明ですが、ともあれ、二人の心の距離は縮まったようです。かわいい。

エスデス様『タツミは世界に一人だけ。それ以外は受け付けん』

イメージ 21

 能力はあってもゲスかと思っていましたが、しばらく見守ってるのも一興かもしれませんね。

■悪寒
 タツミに似た風貌を集めるランでしたが、エスデスは拒否。
 彼女の人間性を上方修正したランは
 判断を変更します。

 奴らとの決着のときが近づいているのか? 或いは、別の何かか……?

 連続2期放映のアカメが斬る!
 タイミング上、激戦があってもなくてもおかしくないですが、果たして「予感」の正体は?

cv木村良平『―――こりゃあ、面白いオモチャが手に入ったモンだ』

イメージ 22

 月刊少女野崎くんでは、ワカこと若松後輩を熱演。

■邪魔者推参
 さて、彼が「予感」の正体?
 強そうかなあ……?

 連れているのが生物兵器(仮)
 また、手に入ったという物言いから最近の模様。

 とりあえず、ドクタースタイリッシュの遺産を連想しますが、果たして彼の正体とは?

次回、エスデス隊唯一の妻帯者、火炎使いボルスさんの出番だ!

イメージ 7

 今週、ミョーにレオーネさんの作画が良かった気がする今日この頃。 

■レベルアップ回
 意外だったのは「槍」をあっさり使えるようになった事。
 劇的なイベントなのかと。

 また一番「裏切りそう」だったドクターが早期退場し、ランちゃんさんが面従腹背に。

 新たな仲間!
 というと裏切り者の混在も定番ですが
 チェルシーさんはマトモっぽいし、ランさんの本性に期待が高まりますね。革命軍か大将軍か?

 次回、第13話「邪魔者を斬る」