GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

さばげぶっ! 最終話「さらば友よ!サバゲ部最後の日!/サバゲ部より愛を込めて」感想

終わった! ホントに終わった!! 最高にバカな最終回じゃないか!

イメージ 8

イメージ 20

 オールスターで最終話らしい話だったなー、と思ったら酷いラスト。
 これでこそさばげぶっ!

 最終回なのに、とんだ入浴シーンで終わったが、これがさばげぶっ!

 目には目を、ゲスにはゲスを!
 ゲスかわガールズの話はひとまず終わりだ! またいつの日か地獄で会おうぜ? ベイビー

■モモカ完敗
 略してモモ完敗で終わる結末とは……、主人公バッドエンド再流行の兆しか!
 うらら大勝利じゃないか!

 割と因果応報が多かっただけに、キッチリ最後で酷い目にあいましたね。流石さばげぶっ!

TV『本日未明、未知のウィルスが発見されました』

イメージ 2

 最終回らしく、デカいヤマでお送りするぜ!

■これがさばげぶっ!
 謎の奇病に感染したモモカを、実験台にさせまいと奮闘するサバゲ部&オールスター。
 立ちはだかる「国家サバゲ部」との激戦をくぐりぬけるが
 張り切りすぎて、かえって恥ずかしい目に。

 それから一気に場面はクリスマスに移り、モモカは今までの業を身体で払うことになった。

 自業自得!
 ゲスにはゲスを!! それがさばげぶっ!

美煌『園川を死守せねば!』

佐倉顧問『あのぉ、でしたら………、ごめんなさいっ!』

イメージ 3

イメージ 1

 cv小杉十郎太さんなのか!?

さらば友よ!サバゲ部最後の日!
 最終話、いきなり奇病に感染したモモカを巡り、国家機関に追い回される。
 公務員仕事早ェ!

 不明な点が多い奇病ゆえ、モモカは実験台にされるのではないか?

 変な映画にハマッた美煌は妄想する
 だが、変な映画並みにおかしな公務員に追い回され、逃げ回るハメに―――。

副会長『あ、通報したのは私です』

イメージ 4

 なお、久々の生徒会長石動やよい、汚物として消毒されたあげく捕縛。
 最終話の出番これだけェ!?

 生徒会長の座は、責任をもって私が引き継ぎますね?

 副会長に騙されたというか、そんな大それた野望を持っていたというのかッ! cv井澤詩織さんよ!!

美煌『お前達、何者だ!』

隊長『我々は――――、“国家サバゲ部”!!』

イメージ 5

 だーかーら、何故この漫画が「なかよし」連載なんだ!?

■敵は公僕
 という訳で最終話は、西部警察、もとい凶悪サバゲ事件に対応する専門公務員とのバトルだ!!
 モモカは、率先してうららを見捨てようとするものの
 メンバーは一丸となって戦い抜く

 みんな……、ここはうららに任せて…、さっさと逃げよう………。

 ……って、この期に及んでまでゲス! さすが園川モモカ!!

美煌『フッ、カモめ。ニクいマネを』

かよ『絶体絶命の危機に現れる仲間達っ! いいっ!!』

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 さばげぶの特に輝かしくない戦歴が、今ここに集結!

■理由と退屈
 いよいよ廃教会に追い詰められたサバゲ部に、カモが手配した援軍が!
 ♯3、4、8、9、10でのゲストが集結!

 私……、これまで皆を散々な目に遭わせて…、護ってもらえるような事、なにも………

 らしくもなく自省するモモカだったが
 散々ダメだししまくった末、だが退屈とは無縁だと微笑む部長に、闘志が燃え上がる!

 最終回だけに、きっちりいつもの「キメポーズ」も決めて突入!

美煌『どうだ園川! 楽しいだろう!』

モカ『――――はいっ!』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 さばげ部と救援チームは、一部百人力が混ざっていることもあり、国家サバゲ部を圧倒。
 背中合わせで戦い、モカは初体験を思い起こした。

 脳が、しびれた―――

 なんだかんだで、楽しいからさばげ部にいる。
 楽しい!

 その楽しさに酔いしれるモモカ達だったが――――。

うらら『モモカ様、私はいつものようにあなたの盾になります……』

『愛してます、モモカ様――――』

イメージ 12

 だが、国家権力の人海戦術を前に弾切れを起こし………、ってどんだけ投入したんだ国家部……。
 いよいよ追い詰められたモモカ
 覚悟を決める。

 部長、あなたに会えて良かった。あなたは最高の“私の相棒”―――!

 夜が明ける頃、モモカは投降を決める。が。

隊長『何? 治療法が見つかった? おーい嬢ちゃん、薬局で買えるってよ!』

イメージ 13

 しかし、丸一晩戦い抜いた結果「治療法が確立される」という結果に。
 サプリの組み合わせでイケるってよ!

 謎の奇病よりも、中二病の方が恐ろしい事を知ったモモカ達であった――――。

 はりきったから恥ずかしい!
 妄想バトルに入り込みすぎてしまったモモカ達は、新たな、忘れたい思い出を作ったのだった―――。

美煌『今回のミッションは、サプライズで、うららのお誕生日会だ!』

イメージ 14

 何故こんなポスター作ったし!

サバゲ部より愛を込めて
 ラストパートは、誕生日がクリスマスと丸被りなうららを、みんなで祝ってやろう!
 という割とフツーな回。

 会場(ハコ)は、講談社26回のレセプションホールを押さえておいた。

 かと思いきや
 スムーズに講談社新人受賞パーティー形式にしてしまう美煌。なんでさ!

『前の学校じゃ、“パーティーモンスターモモカ”って言われたもんですよ!』

ナレーター『もちろんウソだ』

イメージ 15

イメージ 16

 代わって、モモカの意外にまっとうな指示で準備が進められたものの
 メンバーの方がボケ倒した。

 千羽鶴・ダイイイングメッセージ・蕩けきったケーキ・街に放たれた白き野獣

 これじゃあ、ただのホラーじゃないか!
 モモカがツッコミじゃないか!

モカ『何か他に無いですか、うららが欲しがりそうなものはっ!!』

かよ『一つ、あるよね?』

イメージ 17

イメージ 19

イメージ 20

 結局、視聴者の予想通り、モモカを生贄にささげるサバゲ部!
 躊躇いなくうけとるうらら!!

 夢が叶いましたわ~~、いっただっきまーすッ!!

 すっかり汚れ声優が似合うようになった
 cv大久保瑠美さんの叫びと共に、今度こそさばげぶっは幕を閉じるのであった――――。

 だから何故コレが「なかよし」連載なの!?

最終回なのに、とんだ入浴シーンで終わったが、これがさばげぶっ!

イメージ 18

 目には目を、ゲスにはゲスを! ゲスかわガールズの話はひとまず終わりだ!
 またいつの日か地獄で会おうぜ? ベイビー

 意外に、最終回はモモカが振り回される側で終了。

 放送前「今期一番バカアニメを目指す」と、監督が公言されていた通りの酷い結末に。
 これでこそさばげぶっ!

 スタッフの皆様、お疲れ様でした!