GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ガンダムフェニーチェリナーシタ HGBF ランナー構成 [ガンダムビルドファイターズ]

その大人気なさ、世界級。復活のフェニーチェ、半年を経てキット化!!

イメージ 2

イメージ 7

※サンプルは公式より。HGBF-17 ガンダムフェニーチェリナーシタ 1/144 ガンダムビルドファイターズ

略してガンダムフェリーナ
 2013年9月の「ウイングガンダム」をベースにしつつ、ほぼ完全新規でキット化。
 流用ランナーはほぼ一枚のみ。

 規格は最新の「PC-002」を採用し、一部関節が軟質樹脂になっています。

 ガンダムビルドファイターズ第23話登場。
 世界級のガンプラ名人、イタリア代表のフェリーニが作り上げた復活のガンプラァッ!

「ビームマント」のランナーは、実はフェニーチェと異なる

イメージ 3

 フェニーチェから流用されたクリアのD2、軟質グレーのE、クリアのI1、I2 ランナー。

金型改修?
 初版フェニーチェのマントは「I」ランナーだったので、タグ名からして違います。
 説明書があるなら確認できる筈。

 本キット用に新規に金型を作ったか、既存の金型を改修したのか?

 いずれにせよ金がかかっているようです。

完全新造ランナー、ポリキャップ、シール

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 K、L、M、N、Oはすべて新規ランナーで、派生用の「スイッチ」も見当たりません。
 ポリキャップはPC-002

 いわゆるHGオールガンダム系の関節。

■レイピア
 劇中で使用していた「ビームレイピア」は付属しません。
 設定ミスなのかは不明。

 シールは肩の丸パーツに貼る奴が特徴的ですねー。

復活の伊達男!

イメージ 8

 思わず、作画の大張氏も後悔。カッコよくも情けない初登場回!

■マークⅡ
 世界戦で破壊され、修復と共に新生した。
 元々、フェリーニ「左右対称、ウイングガンダムのマークⅡ」という構想で設計を進めており
 そのおかげで短期間で完成したらしい。

 フェニーチェと似ている様で、細部に至るまで異なるデザインになっている。

「世界級」の強さと大人気なさ、圧倒的なダメ男っぷりを見せ付けた!

イメージ 1

 その活躍っぷりはさておき、イマドキ珍しい“完全なサプライズ登場”だったのが鮮烈な印象。
 ガンプラ欲への刺激も非常に大きかったです!

 ただ実際、商品として考えた場合、情報流出は避けられない面が強いです。
 仕入れてもらう為に、情報を流さなきゃいけません。

 商品化が予定されていなかった

 だからこそ驚かされ、逆に大きな人気を博したガンプラなのではないでしょうか。
 ある意味、すごく恵まれたガンプラだと思います。
 カッコイイからね!