GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ALDNOAH ZERO -アルドノア・ゼロ- 最終話「たとえ天が堕ちるとも -Childhood’s End-」感想

忠臣暴走。果たして誰が生き残ったのか………?

イメージ 1

イメージ 30

 衝撃的なラストを迎え、やはりスレイン君が深い業を背負うことになってしまった最終話。
 姫を、戦いに利用し死なせた伊奈帆を、やはり許せなかったか。
 その上、自分がやらかした事もあって大暴走。

 コウモリ―――――。

■解せぬ
 ただ伊奈帆は生存フラグ多数、中でも敢えてスレインを挑発したのは?
 一切の交渉をせず、神経を逆撫でする言動。
 らしくない。

 なら何故「伊奈帆は自分を撃たせた」のか?

 その疑問に応えるであろう第二期クール、どうなるのか楽しみですね。

鞠戸『無事っつーか……、アレだ、俺たちの事は気にせず先にいけって奴だな…』

イメージ 2

 結果的に、デューカリオン残存組は生還したと考えられます。

地球連合本部、防衛成功
 デューカリオン隊の特攻によって、ザーツバルム伯の揚陸城は陥落した。
 しかし、その戦いでアセイラム姫は重傷を負い
 消息を絶ってしまう。

 最後に同行していた界塚伊奈帆も、頭部を撃ち抜かれ、スレイン・トロイヤードは姿を消す―――。

 次回、第2期は2015年1月放送開始予定。

伊奈帆『怒りも憎しみも、戦争を有利に運ぶ手段でしかない。興味ありません』

『だから、僕は“火星人”というだけで憎いとは思わない―――』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 合体と多機能化というシンプルな強化策!

■憎しみの否定/塊
 突貫の衝撃で乗員の多くは死傷、気絶してしまった為、前線部隊が「姫」と同道。
 その道すがら、悔恨に沈む姫を伊奈帆は慰める。

 そうか? 我は地球人というだけで憎いがな――――

 だが、「戦争を優位に運ぶ手段」として、憎しみを植えつけられた男の一人
 ザーツバルム卿が襲来。

 彼は、姫を確実に殺害すべく、機体本来のスペックを解放する。

伊奈帆『アイツは僕が食い止める。―――足止めできればいい』

ザーツバルム『フィールド展開、抜刀!』

イメージ 7

 ディオスクリアは、状況に応じて分離・合体し、一対多数でも戦闘できるカタクラフトだった。
 その操縦を「通信」する為に、妨害電波が弱かったのだろう。

 のみならず、無敵防御・レーザー刀・単分子パンチと複数の機能を搭載!

 さすが前大戦の数少ない生き残り!
 年長者だけあって、良いカタクラフト持ってるワケですな!

スレイン『何故、僕を助けてくれたのですか、地球人なのに…』

イメージ 8

 伊奈帆と、生き残っていた地球カタクラフト隊と合流し戦い始めた頃
 スレインは「敵とは何か」を再確認していた。

 貴様は誰に銃を向けた! 味方に銃を向けるやつは居ない、そういう事だ!!

 地球人同士でも、銃を向け合えば敵同士。
 火星人と地球人でもそうだ。

 ちょうど、伊奈帆達がライエを介して再確認した事を、スレインも再び実感として学んでゆく。

スレイン『ダメか、ドライブが停止してる! 起動権を与えられた人でなければ』

イメージ 9

 ダメか!は成功フラグ。

■起動権
 元々人口が少なく、連合本部に「派兵」までしたザーツバルム城は、白兵戦で劣勢に陥りつつあった。
 スレインは「タルシス」を、補助動力で動かそうと試みるが
 アルドノアドライブが稼動を始める。

 スレインは驚くが、やはり彼には「起動権」があったようだ。

こっちの記事で画像付き紹介してますが契約のイメージ画では「手に口付け」しています。
 または「父がアルドノア研究者」、というのが理由か?

伊奈帆『やっぱり、腕を飛ばす時はバリアを解除する必要があるんだ』

インコ『何!? あたし囮!?』

イメージ 10

イメージ 1

イメージ 11

イメージ 12

 解析完了! 伊奈帆さんのターン!!

■多機能化の弊害
 一方、ザーツ卿に押された伊奈帆は、インコ達のところまで追い込まれる。
 しかしそれも計算の内。

 複数の機能を同時使用する為、かえって生まれてしまった「隙」を突く伊奈帆。

 敗戦理由「パンチ」。
 のみならず、種を知っている伊奈帆は、積極的に隙を見つけてゆく。

発動時、全身が「光すら通さなくなる」為、真っ黒になるのだが―――

イメージ 13

 その為、光が当たる=黒くない箇所が通信口だと、一発でバレてしまう!
 タネが解っている伊奈帆ゆえの戦法!

※腰の辺り。

伊奈帆『いや―――、むしろ近付いてくるのを待ってた』

イメージ 14

 さらに、ミサイルを満載した「外骨格の脚部」を自分で誘爆! 即座に離脱!!
 容赦なき伊奈帆の攻め!

 バリアは「足元には張れない」為、さすがの無敵バリアでも転倒してしまう。

 というか、どんだけミサイル積んでるの外骨格!
※しかも「腕」を再装着できました。

伊奈帆『そして、設置面にバリアは張れない』

イメージ 15

 爆発で転倒したザーツバルム機は、自分を「落下」させないよう、バリアを解除してしまう。
※胴体のバリアが有効だと、床を消滅させてしまう。

 結果、胴体全体のバリアまで解かれてしまったザーツ機は、しこまた銃弾を叩き込まれる――――。

伊奈帆『先にいって、すぐに追いつく』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 ちゃんと「挑発」出来る伊奈帆が、ラストでなぜ敢えて「挑発した」のでしょうか?

■圧倒
 バリアをはじめとする装備を失ったザーツは、そのまま伊奈帆に圧倒された。

 貴様らには解るまい、憎しみを植えつけられた恨み、それに気付いた虚しさ―――
 愛する者を守れなかった無念、解りはすまい!

 伊奈帆は、敢えて銃を捨てて挑発
 怒ったザーツの勢いを利用し、ワイヤーで引き倒し、その隙に外骨格を回収。

 頭部を犠牲にしつつ、腹部に強烈な一撃を食らわせる。

『我、アセイラム・ヴァース・アリューシアの名において命ずる、眠れ!』

イメージ 21

イメージ 22

 インコたちは扉を開けさせない為、外に残って扉を防衛。
 その後は不明。

 アセイラム姫は上位権限を使い、城の動力を停止。かくして作戦は成功に終わったのですが―――

ザーツバルム『我は、憎むすべてを破壊し、憎しみの連鎖を絶つ!』

スレイン『――――伯爵っ!』

イメージ 23

 なお立ち上がるザーツバルム卿だったが、伊奈帆は「左腕」でトドメをさせる状態だった。
 それに気付いたスレインが突撃――

 結果、三機はまとめてアルドノア・ルームに飛び込んでしまう。

ザーツバルム『我を助けたな? スレイン……』

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

 姫は、まず右の背中に弾丸を受け、振り返ったところで再び弾丸を受ける。生存の可能性アリ……?

■スレインの皮肉
 ほぼ同時に、アセイラムによる「揚陸城停止」ミッションは成功。
 だが、スレインの突撃で伊奈帆は重傷
 ザーツは姫を射殺する。

 ………良くやった

 既に皇帝は高齢、余命いくばくもありません。
 ザーツ卿は本懐を果たしました。

 姫を殺してしまえば、後はほうっておけば王族は絶えてしまうのですから

 彼は、敢えて「お前のおかげで姫を殺せた」と言いたげに笑い、スレインに射殺されます。

ザーツ卿、敢えて「頭を撃て」と微笑む

イメージ 33

イメージ 27

 銃が「詰まる」まで、ムチャクチャに撃ちまくったスレインに
 ザーツは無言で「頭」を指差す。

 頭を撃て。

 その意味を理解したスレインの表情、乙女。

スレイン『そこまでだ。姫に触るな―――、オレンジ色』

伊奈帆『―――コウモリ』

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

 姫は出血、伊奈帆も着弾点は頭だと思われますが………。

幼年期の終わり
 しかし、撃つ前に伊奈帆がコクピットから這い出し、ザーツ卿はそのまま放置。
 姫との思い出を振り返りながら、伊奈帆は這う。

 スレインは彼を止めようとするが、ほぼ伊奈帆の想定通り「彼を撃ち殺して」しまう

 ザーツバルムがそうしたように
 伊奈帆に誘導されるままに、彼を撃ってしまうスレイン―――――。

ノローグ『アセイラム姫の消息は、未だ知れない―――』

イメージ 32

 姫に歩み寄る靴音と共に、2014年12月、ザーツバルム城陥落という「事後」のモノローグが流れ
 姫の消息は、いまだ知れないとぼやかして完結する。

 後には、ただただ雪と風の音―――

 デューカリオン組は、身動きできない状態で出番終了
 ユキ姉とインコちゃんは敵陣に突入。

 共に死んでいてもおかしくない状況ですが、描写から言えば、生存している可能性が高いと思われます。

スレイン、幼年期の終わり<Childhood’s End>。次期クールでは……?

イメージ 16

イメージ 12

たとえ天が堕ちるとも守りたかった者」を守れなかったスレイン。彼の次の行動とは。

■果たして「死者」は?
 第一クールラストに相応しい衝撃展開
 たとえ、天が落ちようと死にそうになかった伊奈帆君が死にました……。
 もっとも生存の可能性あり。

 一方スレイン君は、業を背負う形に。

 ザーツ卿が、自分ら火星騎士を「(戦争を有利にする為に)、憎悪を植えつけられた」と叫んでいましたが
 彼の最期を見ていると、状況は違えどそんな印象も?

 ザーツ卿の最期は「自分を殺せ、満足しろ」それとも「その怒りで、全部ブッ壊せ!」のどちらなのか?

 伊奈帆の挑発は不明ですが
 結果的に、仇を二人とも殺し「怒りのぶつけ先」を失ったスレインが、次にとる行動とは……?

 後は第2クールのお楽しみですね。