GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。最終話「【ろこどる】やってみた。」感想

なにゃこと縁さんの“ろこどる”はこれからだ! 素晴らしい最終回でした!!

イメージ 14

イメージ 21

 待ちに待った新曲発表あり、力の入ったステージあり、今までの展開を踏まえた物語が多数!!
 締めが、ある意味で出発点だった「ああ流川」というのも良かった!
 叔父さんもカッコイイ!

  愛される才能、とでも申しますか。それが“ろこどる”に最も必要な才能かもしれませんね―――。

■寂寥感
 原作付きアニメとしては珍しいくらい、綺麗な最終回でしたね。
 フェスタの「成績」は確かに残念でしたが
 まだ三ヶ月、妥当な結果。

 そこから地元で愛される姿を描いて締める!

 そのバランス感覚も含めて、本当に良い作品だったと思います。スタッフの皆様お疲れ様でした。

『この勢いで、大トリ頑張ってくださいッス!』『大トリなんてぇぇぇぇ!』

イメージ 2

 最終話でも奈々子はなにゃこ!

■流川ガールズ
 地方アイドル達を集めた全国番組、「ろこどるフェスタ」のステージが始まった!
 みごとに大トリを引き当て、テンパる奈々子だが
 縁たちの助けも得て、なんとかやりぬく。

 せめて、名前だけでも覚えていってくださいっ!

 控えめに、でも精一杯やりぬく彼女達だが、大会での成績は残せなかった。
 けれどその頑張りは、“愛される才能”へと転じ
 より地域で愛されてゆく。

 ろこどるをはじめて三ヶ月、奈々子と縁のろこどる活動は、まだ始まったばかり――――。

奈々子『来るなら来るって言ってよぉ~~』

『びっくりさせようと思って♪』『ごめんなさい』『で、本番いつなの?』

イメージ 3

 奈々子の着メロが「ああ流川」! 一話目が懐かしいね!!

■大トリと救援
 ろこどるフェスタ二日目、本命とも言えるステージで、大トリを引いてしまった奈々子。
 チャンスだけど、プレッシャーもハンパない。

 一つくらいないの? 他には無い魅力っていうか、ナナ達が勝ってるトコ?

 そんな中、応援に来てくれる野田ちゃん。
 しかし素人も素人、芸能プロ所属が多いフェスタでは、勝ち目はあまりに薄いワケで―――。

 ともあれ、野田ちゃん達に励まされる奈々子。

ゆかり『――――心臓の音を聞くと落ち着くって、聞いた事があるから』

『大トリだとか、上手くやろうなんて思わなくていい。精一杯やりましょ?』

イメージ 4

 前年覇者「AWA2 GIRLS」の華麗なステージに、気おされてしまう奈々子。
 彼女を落ち着かせる為に、そっと抱きしめる縁さん。

 縁さんってば本当に女神………

 けれど今まで描かれましたとおり、縁さんだって強いだけで一歳違いの女の子なワケで。

『ゆかりさんも緊張してます? ―――おかえしです。どうですか?』

イメージ 23

 しっかり反撃するナナちゃん! 攻められるとびっくりする縁さん!!
 でも、余計ドキドキしてきちゃったて。

沙織『ライブの時間が押して、夏祭りに間に合わない可能性が出てきました』

イメージ 24

 そして立ち聞きしてしまうAWA2 GIRLS。伏線。

■選ばない強さ
 しかし、ここにきて新たなトラブルが発生。
 AWA2 GIRLSに負けじと、ろこどる皆が頑張った結果だ。

 言い換えれば、「地元を優先するか」「テレビの仕事を優先するか」の岐路に立たされる。

 しかし奈々子は選ばない!
 どっちも、やるって決めたからには真面目にやりたい!

叔父さん@電話『―――そう言うと思ったよ。こっちは任せておけ』

沙織『面倒な事は、我々大人に任せておけば良いんですよ♪』

イメージ 5

 叔父さん達は、決して「無理」ではなく、とても「大変」になるから、敢えて決断を促したのだ。
 彼女たち自身にやる気があるなら、それをサポートするのが大人の役目!

 沙織マネ、初登場を思い出しますね。

『新しい衣装♪』『そんな予算、どこに?』

沙織『私が……、個人的に作ったので……………』

イメージ 6

イメージ 7

 あ、前回つくってたのがコレか!

市の職員(レイヤー)の底力!
 また同じく4話で大量に衣服を持っていたように、沙織マネはそういう趣味。
 自作で新コスチュームを作ってくれた!

 いつもの衣装でも良かったのですが、夏らしい衣装があると良いなと……
 いつも頑張っているお二人に、プレゼントですっ!

 ヘソだしに照れながらも、嬉しそうに受け取る二人であった。

そして、このアイキャッチである

イメージ 8

イメージ 9

 しかし、ナナちゃんはお腹がぽっこりしてても可愛いわよ♪なんて言い合った直後に
 ヘソだし法被のアイキャッチとか……

 スタッフさんGJ!
 ホント、スタッフさん解ってらっしゃるわ!!

 ていうか沙織さん! 最終話のアイキャッチでも荒ぶってるぜ!! ※二枚目でも右下に存在。

『やってみなくちゃ解らないんだって、やってみて初めて知りましたっ!』

『せめて、名前だけでも覚えていってくださいっ!』 

イメージ 11

イメージ 1

イメージ 13

イメージ 14

 待ってましたの新曲お披露目! いいステージでした!! ※歌詞と画像補足はこちら。

恋してもっと! 近所でもっと!
 ロコドルフェスタのステージに立った二人は、いつもの調子で挨拶を重ねた。
 自分達はまだ三ヶ月、手探りだと正直に明かして
 精一杯、ステージで頑張った!

 はじめまして、こんにちわとご挨拶するような曲を、一緒に活動している皆で作りましたっ!

 新曲「流川ガールズソング」に合わせ
 今までを振り返り、新規映像も含めて軽快に「今まで」を描いてく!

 全部手書きで、彼女達らしさが溢れていて、みんなが応援していて、本当に良いステージでした!

『『『なにゃ子ーーーーーーっ!!!』』』

イメージ 10

 客席、三人で応援する子たちも可愛かった!
 水元美里ちゃんも叫んだ!

そして、この「たまほっしー野郎」である

イメージ 12

 ってオイ! 隣にいるのはゆるキャラ運動会」で知って、東京から来てくれた人じゃないか!
 第7話「いろいろ増えてみた。」で出ていたお姉さんじゃないか!
 ちくしょう上手くやりやがって!

 がんばれよ!

司会『それでは発表です! 第3回フェスタ、優勝は……、AWA2 GIRLS!』

都『流川ガールズ、帰って良いよっ!』

イメージ 15

 都さん、発言自体が衝撃レベル過ぎる! だが……。

■弾丸ろこどる!
 素晴らしいステージを見せた奈々子たちだったが、優勝はAWA2 GIRLS。
 確かな実績と実力が、勝負を決めた。

 ろこどるは「地元」あってのアイドルです。地元の皆さんが応援してくれなければ始まりません、だから―――

 しかし彼女たちは、自分達の挨拶より「流川ガールズは、地元へ急げ」と促してくれた。
 遅れてしまったのは自分たちにも責任がある
 何よりも、地元が大切なのだ。

 私達こそ、もっと地元でイベントやりたいね……

『――――乗んな!』

『和菓子屋のおじさんっ!!』

イメージ 16

イメージ 17

 てな訳で、野田ちゃん達も加えて弾丸列車で帰る奈々子たち!
 忙しいなぁホントにもう!

 そして流川市に帰ってみれば、バス代わりに待っていた「うさぎ屋のおじさん」が!

 オープニングでも目立つとこいるし、出番多いなぁこの人!

『来たぞー!』『なにゃ子おかえりー!』『待ってるに決まってるでしょ!』

『―――その間、俺が繋いだァ! YO!』

イメージ 18

 温まってるぜ! オジさん、薄々思ってたけどやっぱりソレか!
 最終話にして羽目を外しやがった!

 叔父さん、明日っからローカル☆スターの仲間入り決定だぜ叔父さん!!

『『みなさーん! 流川ガールズ、ただいま戻りましたぁっ!!』』

『『一緒に歌ってください! “ああ流川”!』』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 いぢり倒したくなるといいますか―――(ゲス顔)。

■ろこどるの才能
 結局、奈々子たちの帰着は遅れてしまったが、市民のみんなは待っていた!
 叔父さんのオンステージに聞き惚れ、待っていた!

 愛される才能、とでも申しますか。それが“ろこどる”に最も必要な才能かもしれませんね―――。

 アイドルとしては素質に疑問
 スペックでは、圧倒的にゆかりさんに分がある。

 けれど奈々子には、それを補って余りある「愛される才能」がある――――。

期待値と満足感の大幅ジャンプアップ! 今期きってのダークホース、終演!

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 22

イメージ 1

 最後の最後のエンドカードは、和のテイストで!

■ろこどる最終話
 正直、見る予定はなかったのですが、一応と見た一話目で心を奪われた!
 いつでも賑やかで楽しく、大きなイベントも節目に配し
 キャラはみんな魅力的で素敵!

 最終話も、そんな本作の魅力がたっぷり詰まった最高の最終話でした!

 結成三ヶ月で優勝!
 というタイプの作品ではありませんでしたし
 それでいて、本作らしい、“愛される”結末だったのが素敵でしたね。

 彼女の愛される才能は、きっと彼女が、やれる範囲で一杯一杯頑張ってるからなんだろうなーって。
 そんな印象の、テンパって頑張った最終回!

 スタッフの皆様、おつかれさまでした!