GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

白暮のクロニクル 3巻 [ゆうきまさみ]

「長命者」ならではの事情。彼らを通し、限界集落を描く第3集!!

イメージ 4

イメージ 3

イメージ 2

※画像右下隅クリックで拡大。

 当初、「長命者<オキナガ>」にまつわる陰惨な物語が続きましたが
 今度はちょっと悲しいお話。

 デカイ事件が始まるようで、実はとてもとてもちっぽけなお話。

■居場所
 オキナガ達が集まっている、こういったキーワードには物騒な物語が付き物ですが
 単に居場所が欲しくて、限界集落を拠点にしようとしていた。

 それも、リーダーが大昔住んでいた村の成れの果てだったから。

 もはやベテランのゆうき先生らしい、なんとも地に足のついた話だったのがすごく印象的です。

『そんな事しなくたって、この集落はもうじき滅ぶわ』

イメージ 5

 この人以外のオキナガは、今後どうするのでしょうね。

■羊たちの群れ
 オキナガの失踪事件を調べる伏木。
 どうも、いわゆる「限界集落」に集まっているらしい、と突き止めてゆく。

 オキナガはずっと姿が変わらない。

 周囲に「気味悪がられること」に嫌気がさした者達を集め、集落を作ろうとしていたのだ。
 とりあえず、リーダーは捕まえ
 一件落着とはなった。

オキナガは「吸血鬼」であり「供血鬼」

イメージ 6

 瀕死の人間に、オキナガが血を飲ませると、ごく稀に「新たなオキナガ」となる。
 その意味で「給血鬼」。

 また、あくまで「嗜好品」の一種として
 血を好む習性も発覚。

 色々、のんべんだらりとしている辺り、ゆうき先生らしい作風ですよねー。

収録

イメージ 1

 オキナガの「利点」をフルに活かしている人も。今後も再登場しそうなキャラの濃さ!

 ビッグコミックス白暮のクロニクル 3巻」。ゆうきまさみ
 週刊ビッグコミックスピリッツ連載、小学館発行。
 2014年7月発売(前巻4月)

 第3集「雲の上の灯火」全11話と、巻末オマケ漫画&カバー下オマケイラストを収録。