GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ガンダム外伝 ミッシングリンク 1巻 [おおのじゅんじ]

父と子と暗殺部隊と。“戦争”を渡り歩く物語、第1巻!!

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 3

※画像右下隅クリックで拡大。

 ご存知、ブルーディスティニーらが活躍する「ガンダム外伝」ゲーム群の、同梱リメイク版が発売。
 その際に新規で作られた、一年戦争からラプラス戦争(ガンダムUC)まで続く
 とある男たちの物語の漫画版!

 ただ、作画的に異常に安彦良和テイスト過ぎるのがタマに傷。

■定番
 連邦とジオンの同時進行ですが、共に「メチャクチャ強いのに冷遇される」挙句
 共に同胞に見捨てられ、生きる為に戦う。

 新規作品ですが、ストーリー自体もガンダム的に」すら珍しくなく、新鮮味という点では非常に微妙。

連邦サイド。暗殺部隊と、もう一機の“青い死神”

イメージ 1

 機体本体はガンダム4~6号機とNT-1に、システム周りはブルーディスティニーに酷似した謎の機体。

■暗殺部隊、暗殺に遭う
 死刑囚で構成され、地球連邦軍内の汚れ仕事を負う特務部隊「レイス」。
 だが上司に裏切られた彼らは、宇宙への脱出を図る。

 しかしその直前、上司が差し向けた「蒼い機体」が行く手を阻んだ。

 ジオンのスパイだと身分を偽り、息子の所属するジオン部隊に紛れ込んだトラヴィス、彼を待つ運命とは?

ジオンサイド。見捨てられた特務部隊

イメージ 2

 ガンダムUCで端役を演じた「イフリート・シュナイド」。その出自が描かれる!

■敗走の果てに
 キシリア・ザビが抱えていた、数多き直属特殊部隊の一つ「マルコシアス中隊」。
 彼らも、地球方面軍敗北に伴い宇宙脱出を図る。

 だが特務という立場が仇となり、脱出部隊の「囮」として地上に取り残されてしまった。

 そんな彼らの前に、「友軍のスパイ」を名乗る胡散臭い小隊が現れるが
 なんとか、今度こそ宇宙脱出が見えてきた。

 しかしその希望も儚く、連邦軍の大規模な掃討部隊に遭遇してしまう。

収録

イメージ 4

 連邦とジオン、両方の視点と「先の長い物語」である為でしょうか。展開は早め。

 角川コミックスエース「機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク 1巻」。おおのじゅんじ
 月刊ガンダムエース連載、角川社発行。
 2014年8月発売。

 第1話「スレイヴ・レイス」
 第2話「マルコシアス中隊」
 第3話「ジャブローは紅く染まる」
 第4話「父と子と悪魔と」
 第5話「裏切り者よ」
 第6話「父と子、再び」

 巻末 RX-79[G]WR フルアーマー・スレイヴ・レイス、設定画&解説。

■関連感想記事
 なし。