GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

まじもじるるも 第11話「結成☆ガールズ・バンド」感想

意外な才能! 意外じゃない惨状。。。それでも歌った第11話!

イメージ 19

イメージ 14

 みんなで作った思い出の第11話! るるも以下、みんなの意外な才能で盛り上げていくなぁ!!
 なんて思ったら、オチを持っていく耕太のイケメンなリサイタル!
 ジャイアンかお前は! 

 ……やってみせる。それが耕太の願いなのだろう―――?

■奮起の第11話!
 ギリギリなるるもの代わりに、見事歌い切る耕太!
 大恥を恐れない勇気!

 まあ、良い思い出が出来たわね♪

 そんな二人も良かったですが
 帰り際、彼らを全く責めないメンバーも地味に良い。井上さん達、ホント良い子ですわ。

学校もバイトも 教えてくれない 生き方のレシピ 答えはどこ?

イメージ 17

 そんな彼女達。OPでは徐々にイラストが変わっていたとようやく気付いた!

■天使の歌声、ノミの心臓
 FHKの「部」昇格活動の一環として、いつものメンバーでバンドを組む事になった。
 中でも、棚子が偶然発見したのは「るるもの美声」!

 天使の美声で、テレビ出場権を勝ち取るガールズ☆バンド!

 しかし恥ずかしがり屋のるるもは、いざ事の大きさに眩暈を起こして昏倒
 耕太が代役を買って出る。

 かくしてイベントは失敗に終わったが、また、メンバーは忘れらない思い出を得たのだった。

 次回、第12話「るるものいない日」

棚子『これです! 三次審査まで行けばテレビに出られるんですっ!!』

シバラク『―――ってぇコトで、俺たちも手伝いましょう!』

イメージ 2

イメージ 3

 嗚呼、理想と現実。

■FHK、広告作戦!
 なぜバンドかと言えば「FHKの知名度アップ」の為だった!
 なんとか「部」に昇格したいが
 実績も知名度も無い。

 深夜にテレビでやってるアレかぁ

 素人バンドを集めている番組に出て、知名度をあげよう! というのが今回のミッション!!

耕太『衣装はコレで!』

井上『変態………?』

イメージ 4

 しかし、もちろん耕太くんが原因となり、作戦は失敗に終わってしまう。

 それにしても、“変態”の一言に即反応するって
 毎度ながら井上さんは敏腕。

 俊敏なる対・耕太センサー!

棚子『―――偶然、るるもさんの歌声が聞こえてきて♪』

イメージ 21

 いがいなじじつ!

■発覚する「歌声」
 FHKメンバーに音楽センスは無く、外部への委託も失敗。こりゃアウトか……。
 しかし、棚子ちゃんが意外なプロデュース力を発揮
 メンバーを集めてくる。

 海の不思議――――♪

 のみならず、るるもが美声という意外な才能まで発掘してしまった!
 cv三森さんの声、綺麗だ―――。

井上『中学の時、間違えてベース買っちゃったのが悔しくて、意地で練習を…』

耕太『はは、お前らしいな井上』

イメージ 5

 前後しますが、中でも「理由が残念」な井上さんが妙に可愛い。
 なんだか、ノリノリだし!

 意外なところで黒歴史が活用できて、嬉しいのかもしれませんね。井上さん残念可愛い。

棚子『昨日のるるもさんの歌に前後を足して、メロディーにしてみたんですっ』

イメージ 6

 曲は、るるもがワンフレーズしか知らなかった曲を元に、棚子がピッタリの曲を作曲。
 同じく部長も、作詩を仕上げてくれる!

 意外な二人の意外な才能!

 メンバー集めに見せた人望や、作曲など、棚子ちゃんの意外な才能!
 部長だって、多分本作で一番のロマンチスト!

 なんだか今回、全員野球って感じがしますね!

下村雅子『実は衣装なんですが……、るるちゃんの魔女服はどうですか?』

るるも『―――雅子なら作れる。雅子は、服作りが得意なんだ』

イメージ 7

イメージ 8

 友達の幸せそうな姿に、思わずるるさんも笑顔に。良い話だわ……。

■雅子、勇気を出す
 委員長トリオで唯一未参加だった雅子も、衣装作りで参加する。
 ナイスな提案、ナイスな技術!

 みんなが頑張っているのを見て、何か手伝いたいなぁ、って思ってたから……。

 以前の話をうまく拾ったところも
 彼女の動機も、友達の背中を言葉で押してくれたるるもも、みんな凄く素敵でしたね。

『第一次審査は今度の日曜日だ!』『みなさん、頑張りましょうっ!!』

イメージ 18

 一方、地味に横断幕を作っていたFHK三人組!
 なんだか笑えて、なんだか素敵。

 応援団も頑張る!

審査員『(ふぁ……、今年のバンド天国は不作だなぁ………)』

イメージ 9

 ところがぎっちょん!

■快走するガールズ☆バンド!
 見るからに素人、コスプレバンドという事でナメられたるるも達だったが
 思わず目を剥く超美声!

 チミの歌声は天使のようだ! 本戦も期待してるよっ!!

 業界の審査員をスーパー手の平返しさせ
 優勝すら目前に!

アカン、これ明確な失敗フラグや――――

耕太『良かったな、みんなと仲良くなれて―――』

るるも『何故そんなに喜ぶ?』

イメージ 22

 しかし歌ってる時も含め、デフォルトが無表情なるるもに、棚子はちょっとだけ思うところがあった。
 るるもは、ホントはイヤがってるんじゃないかと思ったのだ。

 ―――私も、楽しい。

 でも、るるもの言葉で疑問氷解。
 改めて「みんなと仲良くなった」るるもの姿に、嬉しげにする耕太もナイスガイ。

 仲良くなった事に、そして「美声という特技があった」事に、耕太は我が事のように喜ぶ。

るるも『(うれ、しい……? 私の事でか?)』

イメージ 10

※この後、耕太がめちゃくちゃ台無しにした。

■「浮かれる」るるも
 そんな耕太に、真っ赤になるるるもさんも可愛すぎる。

 魔界にいた頃は、基本「ダメ魔女として嫌われている」と思って過ごしていたるるも。
 だからこそ耕太の言葉が嬉しい。

 あの頃とは違う、温かい空気の中にいる―――。

耕太『るるもが大勢の前で、歌えるワケがねえ……』

イメージ 11

 しかし、いざ「本戦」を目前に、るるもは昏倒してしまう。
 そう「人一倍恥ずかしがり屋」なのだ。

 アイツは、人前でぱんつを穿くより「牢に入る事」を選ぶ恥ずかしがり屋だ――――。

 いや、話は解るがまた酷い実例もあったもんだ……。

るるも『歌う……、やってみせる。それが“耕太の願い”なのだろう……?』

イメージ 12

 それでも、るるもは耕太たちの笑顔を脳裏に浮かべて立ち上がり
 脂汗をかいてステージへ向かった。

 願いをかなえるのが魔女というもの。

 その責務?
 それとも「みんなの為」というるるも自身の責任感?

 ともかく、るるもはギリギリのままステージへと立ち向かうのだったが――――。

『頑張り、無駄にはしねえぜ……、聞いてくれ! 俺たちの魂の叫びを!!』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 ホント耕太、身体を張る男だわ……。

FHKとかいう伝説
 やはり倒れてしまったるるもに代わり、ステージに立ったのは耕太!
 期待値マックスの中、身代わりに立つ勇気!
 耕太スゲェ!

 ボェェェ~~~~~~~~~~♪

 しかし、ここでようやく耕太は知った。
 彼は音痴だったのだ……。

 こうして、天使の美声を期待されたバンドは伝説となった。ある意味、モノスゲェ印象に残った―――。

るるも『私が歌えないと解ったとき、必死で頑張ってくれたな?』

『今日は月が良い。礼だ、後で歌を歌ってやろう―――』

イメージ 16

イメージ 1

 エンディングは、まるごと「FHK不思議発見の歌(ピアノver)」にて。

■月夜の歌
 すごく悪い言い方をすれば、すっかりるるもと耕太の空回りに付き合わされたメンバーですが
 みんな、良い笑顔を浮かべて帰っていきます。

 耕太は、必死になってるるものカバーを申し出てくれたらしい。

 負けて悔いなし!
 と、気持ちよい笑顔で去ってゆくメンバー。
 そして月夜の公園で、がんばった耕太に特別に「礼」をするるるも。

 みんなで体当たりで挑んだ即席バンドは、また一つ「思い出」を残してくれたのだった―――。

予告耕太『――――――るるもの居ない日』

イメージ 18

イメージ 20

イメージ 10

 もうすぐ冬か! そうタツるるもの季節! ……ってアレェ!?

■そして「冬」が来る
 外も外、魔女の世界から来たるるもが、気付けばすっかりメンバーの一人になっていた。
 それを改めて描いた第11話。

 特にコスプレ雅子さんが頑張って、彼女の特技が認知されるのが、何だか妙に嬉しかった!!

 しかし、オープニングでるるもがコタツを堪能してたり
 二人で雪を見つめていたり。

 なんだか楽しそうな季節だ!と漠然と思っていた「冬」は、寂しい季節の始まりに……?

 次回、第12話「るるものいない日」