GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

アカメが斬る! 第11話「マッドサイエンティストを斬る」感想

颯爽登場「スサノオ」! あの帝具が敵に味方に! 巨大な敵を討つ第11話!

イメージ 1

イメージ 22

 数名どころか、とんでもない数と質で、アジトへ押し寄せたDr.スタイリッシュ軍に対応したのは
 なんと「味方の生物帝具」、その名はスサノオ!!

 ―――よし!

■残念なイケメン
 よし、今回のワンカットと予告で大体キャラは掴めた!
 コイツは良い奴だ!!

 新必殺技、アカメロケットもカッコ良かったですね! 味方をブン投げる戦法は基本!!

レオーネ『そうか、昨日はタツミの帰還祝いで夜通しドンチャン騒ぎして……』

イメージ 2

 その結果がこちらである。

■増える味方、堂々たる迎撃
 器用さを引き上げる帝具「パーフェクター」の使い手、ドクター・スタイリッシュ。
 彼が作り上げた人間兵器の群れに、ナイトレイドは強襲される。

 だが、戻ってきた隊長の新たな部下、「帝具人間」スサノオが彼らを圧倒。

 追い詰められたスタイリッシュは自分自身をモンスターへと変じる
 ナイトレイドの連携によって落命する。

 次回、第12話「新入りを斬る」

変人『チーム・スタイリッシュ! 熱く激しく攻撃開始よぉぉぉぉ♪』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 へんたいだー!

■変人はかく語りき
 タツミを疑い、私兵を率いてナイトレイドを強襲するDr.スタイリッシュ。
 帝具は「手術道具」であり、作った物こそが彼の戦力!

 上出来よ、さすが「桂馬」の役割。敵地へ飛び込んだわね?

 私兵を将棋に例え、傷口から毒を流し込むアカメには「全身機械」の兵士を
 対「インクルシオ」に、帝具使いを差し向ける。

 エスデスから借り受けた「すべてを切り裂く帝具」を、インクルシオへと差し向けるッ!

『良いだろ? “万物両断”エクスタス。ゴキゲンな俺の帝具さ』

タツミ『それは“てめえの”じゃねえ!!』

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 この一戦で、タツミが故郷から持ってきた愛剣もヘシ折れてしまう。

■帝具対決
 早くも投入された「エクスタス」。
 逆上するタツミだったが、知ってか知らずか嘲笑する!!

 こっちはこの世の全てを切断できる帝具! 防御力なんざ無視だ無視ッ!!!

 敵は生体強化されており、タツミの拳も刃も通らず、苦戦を強いられる。

マイン『なーに苦戦してんのよ』

イメージ 9

イメージ 10

 こう強いと、むしろ死にそうでドキドキします。マイン。

■シェーレの帰還
 しかし、アジト強襲で劣勢、眼前に帝具使いとピンチ尽くしで現れたマイン
 得意の「パンプキン」一発で仕留めてしまう。

 お帰り、シェーレ………。

 敵に奪われてしまったエクスタス。
 でも、意外にあっさりと手元に帰って来たという事は、新キャラの武器になるのでしょうか?

アカメ『攻撃はとても激しかったが、反面、隙は多かった、と思う』

トビー『ふふ、痛覚が無いというのも考え物ですねえ……』

イメージ 11

 cvはモブ役に定評のある高橋伸也さん。いい声でした。

■機械化兵士
 一方、全身を機械化することで「対アカメ」要員に抜擢されたトビーも
 セリューを髣髴とさせる戦いの末、敗れていた。

 元々は武道家か何かだったのでしょうか。

 残念ながら「横槍」で倒れましたが
 痛覚を持たない、冷静な語り口調ながら「強さ」にこだわっていた様子で、中々のナイスガイした。

ナジェンダ『さすが本部の「占い」の帝具。急いで戻って正解だったな』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 武器は巨大なメイスだが、中から刃が飛び出すギミックがある。

■生物帝具、再び
 劣勢を悟ったスタイリッシュは「実験体」が傷む事を承知で、風上から神経毒を散布する。
 もちろん、手下は解毒剤を服用済み。

 あの助っ人!? 生物型の帝具「帝具人間」です!?

 しかしナジェンダの寄越した「新入り」は、ピンシャンとしたまま次々と駆逐。
 挙句「人間爆弾」の直撃にも、即座に回復してしまう。

 あのコロと同じ、生物型帝具「スサノオ」!

スサノオさん『―――-よし!!』

マイン『何が!?』

イメージ 1

 なおスサノオ氏、何故かマインの髪の乱れを整える。
 予告を見るに家事も万能。

 生物兵器、その点で言えば「スタイリッシュの私兵の上位互換」とも呼ぶべき存在か。

スタイリッシュ『奥の手その2ィ! “危険種一発”!! これしかないようね!』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 予告に出てたコレ、スタイリッシュ様自身だったの!?

■帝具「パーフェクター」
 その技術力で作り上げた新薬を服用、自らも生物兵器と化すドクター・スタイリッシュ!!
 なかなか潔い男じゃないか!

 この大きさじゃまだ足りないわ、あの“至高の帝具”には届きそうもない………

 帝具であるスサノオをも圧倒
 アカメの村雨」も刃が通らないほど堅牢で、毒が通らない!!

 帝具に迫る現代兵器を作ろうとしていたスタイリッシュ、その意地が大暴れする!!

この場合、ドクターがスゴイのか、パンプキンがスゴイのか!!

イメージ 21

 実際、さっき以上のピンチによる「パンプキン」でも、吹き飛ばすので精一杯。
 ダメージは通っていません。

 結構スゴい人なんじゃないでしょうか、スタイリッシュ。

『まだまだ色んな人体実験したかったのに……、何故こんな不幸な目に……!』

アカメ『―――五体満足で楽に死ねた分、お前はまだ“幸せ”だろう』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 26

 以上のように「ボディ」は強力ですし、異常な巨体が防御効果を与えているとはいえ
 本体むき出しが弱点。

 葬る―――――!

 インクルシオで強化されたタツミによる、必殺アカメロケットにより両断。
 帝具に迫る「現用兵器」を生み出せた狂科学者
 あえなく散る―――

 後は、あの「レオーネに殴られた奴」辺りが生き延びてでも無い限り、タツミの情報は守られたか?

次回、タツミは「インクルシオ」の透明化機能を悪用する……?

イメージ 25

 スサノオとヘッドフォン少女。二人の回か!!

■セリュー、ますますキレる
 なんとかタツミの正体バレ」は防げたのか? 防げなかったのか?

 いずれにせよ、あのセリューがますますキレる事態に。
 スタイリッシュも恩人だからね。
 仕方ないね。

 予告では、そんなセリューを慰めるエスデス様の姿も見られ
 またも彼女の好感度が上がる予感。

 ドクター・スタイリッシュ、帝具に迫れる「科学者」ポジションが早期退場。惜しい人材でした。

 次回、第12話「新入りを斬る」
 風呂回です。