GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

マジンボーン 第25話「ケルベロス」感想

360℃自由な新勢力登場! その若き首領、圧倒的強さ! cv緑川光!!

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 11

 冒頭、いきなり惑星が滅ぶ! “ネポスが本気になるとこうなる”実例が示された感じがしますね。
 そんなネポスでも、武闘派で鳴らした若造が台頭。
 cv緑川光! たまげたなぁ……。

 ダブル魔神にダブル召喚!? こんな事が可能だとは………!

■翔悟、空気読め
 ただせっかくのタイガーとウルフの本領発揮が、脇に追いやられたのはちと残念。
 翔悟の説得も大切なのですが
 大切なのですが!

 そしてアントニオのピンクエプロン!

 今週、バトルも日常も「引き」も、見せ場が多かったですね!!

『何故だ…!? ネポス・アンゲリスの戦士よ!』

イメージ 1

 ダークグリフォン、開幕早々散る。

■残虐なる「戦士」
 翔悟と対話し、迷いが生じるリーベルト。
 ウルフとタイガーの兄弟、忠臣モースとグストスと共に戦うも、撤退に転じる。

 一方、ネポスは若き武闘派「レボルト」が地球侵攻に着任。

 惑星を一つ滅ぼしたばかりの若き英雄
 勝利の為なら手段を選ばぬ、残虐な彼の作戦とは?

 次回、第26話「兄弟の過去」

グリフォン『なぜ、星に住む全ての命を奪った!?』

ケルベロス『―――ああ、これは俺の趣味だ』

イメージ 2

イメージ 3

 受け入れよ! 第三クールの敵ボスはcv緑川光か!

■惑星の終わり
 ネポス本来のやり方は「惑星の要」を奪い、その惑星を住民ごと滅ぼすというもの。
 しかし、ケルベロスは先んじて住民を皆殺しにし
 絶望の中で滅ぼした。

 あくまで、滅ぼすのは「魔神の意志」に従っているだけに過ぎない。

 だがネポスは、本来なら「できるだけ楽に逝かせてやる」という礼儀を持つハズなのですが……?

レボルト『何も出来ずに滅んでいく姿を見るのは、実に気持ちが良い!』

イメージ 4

 滅ぼされた惑星は、ちゃんと「始まりの魔神」の伝承を受け継ぎ、ネポスとも交流があったようです。
 それでも、魔神の不興を買って滅ぼされた。

 この惑星の姿を介し、守れなかったときの実例を視聴者に見せてくれた。

 そんな感じですね。
 ダークグリフォンさんもお陀仏になったのだろうか……。

『やつらは、ボーン回収のためなら手段を選ばない』

イメージ 5
 
 その残虐さ、クルード様も問題視。

 今まで、人質をとるなど「意図的に周囲を巻き込む戦い」はしなかったネポス。

 それは、彼らが温和な種族だからでした。
 ですが第3クール目は、いよいよシビアになるのかもしれませんね。 

『エクエスの誇りか……、娘の事、感謝する』

『感謝など。リーベルトが地球に行きたいと言ったから、行かせたまで』

イメージ 6

 今回、惑星は「要となるボーンを奪われると滅びる」という新設定が描かれましたが
 地球は当然、ドラゴンボーン。

 そしてネポスは、彼、ダークフェニックスが「要」なのだそうです。

 クルード様との、壮年の友情が快い!
 でも、今回の「若手の暴走」や新設定を見るに、かなり危うい立場にあるようですね。

グレゴリー『コイツをやるから、俺らと協力体制を組め!』

イメージ 9

 つまり「バンドを組もうぜ!」と言いたいのだな?

■裏切り者
 そのリーベルト様ですが、クルードの立場の危うさに、ドラゴン奪取作戦再開を決定。
 研究所にあったはずの二枚のダークボーンが!

 これで計五体、五体のボーンを必要とする新戦法とは!

グストス『我らは侮っていました! 地球人の食事を!!』

イメージ 7

イメージ 8

 一方、モーちゃんとグスちゃんは地球食がよっぽど気にいった模様。
 なんかもうコイツら可愛すぎる。

 あの感動を、共にわかちあいたい!!

 何より、お嬢さまと「感動を分かち合いたい」ってのが可愛いですね。
 美味しいものを食べたら、他の人にも伝えたい!
 なんて自然な!

 それが大切な人なら尚更ですよ!

先生『この用紙に記入してくるように! 特に! 長所と短所はしっかりとね!』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 フゥ、裸エプロンかと思ったぜ……!

■長所と短所と翔悟の迷い
 一方、翔悟は「自己分析表」を前に頭をひねる。
 自分らしさって何だ?

 あの人は、そんな汚い真似はしてこないと思う―――。

 それも迷いの種だが
 差し迫って、前回の「対話」が尾を引いていた。

 リーベルトが、ネポスが対話してきたなら、彼らとも分かり合えるのではないだろうか……?

ギルちゃん『呆れますよね、自分のアピールポイントも言えないなんて』

イメージ 13

 余談ですが「長所と短所」について、率直に言ってのけるギルちゃんも印象的。
 発想が欧米だ!

 自分を「売り込む」という発想は大切。

 欧米的でありギルちゃん的であり、なんともキャラの違いを感じる一幕。

翔悟『!? 確か……、グストスと、モース……?』

イメージ 14

 少なくとも、殆ど顔を合わせてない二人の名前だって、探り探りとはいえ覚えてる。
 翔悟くんのこういうところは、好感度が高い。

ヴィクトール『確かにアイアンは強力。だが俺たちも力を出し切った訳じゃない』

グレゴリー『そゆ事?』

イメージ 15

 なんかもう、モーちゃんグスちゃんにいちいち笑う! 水戸黄門か!!

■惑星の要
 ウルフとタイガーの兄弟に連れられ、再戦を申し込んできたリーベルト様。
 彼女らは、「ドラゴンが地球の核」だとも教えてくれる。

 おいおい、前の俺たちとは違うぜ?

 とはいえ、しょせんタイガー達は「ホワイトボーン」でしかありません。
 無いはずなのですが……。

 自信満々で挑んでくる野獣兄弟!

ウルフ『風の魔神、見参って奴よ! ―――ウィィィィンド!』

タイガー『そして雷の魔神、推参! ―――サンダーッ!』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 ドラゴンボーン、スーパー説得タイム。

■迷う拳
 ウルフとタイガーの奥の手とは、五人で「同時に二体の魔神を召喚する」技!
 ダブル魔神にダブル召喚!? こんな事が可能だとは………!
 アイアンvs魔神!

 アンタ達も思ってるんじゃないのか? なんか“間違ってるんじゃないか”って――――

 その激闘を横目に、翔悟は不器用な説得を試みる。
 ルークもまたそれを補佐した。

 繰り返した対話が、リーベルトを迷わせていたのだ。

ルーク『翔悟は悩む。だが悩んだ末に出す答え、言葉には、妙な説得力がある』

イメージ 20

イメージ 21

 ウルフとタイガー相手に、ようやく正面で渡り合えた!

■翔悟らしさ
 常に周囲に影響を及ぼし、クルードも注目していた「翔悟の言葉」。
 それは、彼が常に本気だからなのだ。

 本気だと伝わるからこそ、無碍には出来ないのだろう。

 言葉に詰まったリーベルトは撤退
 同じく、アイアン二体の必殺技を食らったウルフとタイガーも、たまらず徹底するのだった。

レボルト『提案いたします。地球侵攻は私にお任せ頂きたい』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 リーベルトの迷いが極まっていた頃
 クルードに代わり、強硬な武闘派リーダー「レボルト」が侵攻部隊に着任。

 以前現れたダークソードフィッシュも、彼が「アイアン」を確認する為に差し向けたとの事。

 残虐とはいえ実績あるレボルト
 同じく実績があれど、今回の件で失態が続くクルード様。

 結局、全八席からなる評議会は、若きレボルトに一任する方向で決まったようです。

ルークさん『裏切り者の正体が解った。――――東尾所長だ!』

イメージ 25

 一方、ルークさんが「裏切り者」に辿りついたのと同じくして、東尾所長も来日――――。
 ウルフとタイガーの、地球への絶望は本物。

 なら、彼らに協力する所長も「地球に絶望している」のでしょうか?

■「はじめまして」
 なお、所長と翔悟パパ(健悟)は初対面だそうです。翔悟ママはホントに何者なんだ……?

予告『生と死が紙一重の日常。その中で見たのは裏切り、そして絶望』

イメージ 7

イメージ 15

 このトリオがすっかり定着して困る。犠牲者が出ねば良いのですが……。 

■「剣魚」再来!
 ネポスに属しながらも、ほぼフリーランス状態のタイガーとウルフ。
 彼らも、新キャラ「レボルト」の派閥なのか?

 いよいよ判明する「東尾所長裏切り」の真相!

 それは地球の為、いわゆるダブルスパイ的な行為なのか?
 或いは本気の裏切りなのか?

 次回、第26話「兄弟の過去」