GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。第11話「ロコドル集めてみた。」感想

地味でも普通でも、これが奈々子たちのやり方! 不意打ちに弱いゆかりさん!

イメージ 17

イメージ 1

 ライバルとなるろこどる達も、みんな、それぞれのやり方で頑張ってたり、反省してたり!
 そして、攻めるくせに、不意打ちには弱いゆかり先輩かわいい!
 最終話を前に、賑やかな前夜祭でしたね!

  でも、物産品が売れ残ったら本末転倒だわ……。

■愛すべきライバル!
 ゆい、みらいの照れ屋コンビも頑張った!
 この土壇場で加わった、「あわあわガールズ」も良いキャラでしたね。

 成功してても驕っていない、むしろ眩しそうな目で流川ガールズたちを見つめる彼女たち。良い子らだわ。

西深井『ろこどるフェスタ二日目には、流川市の夏祭りがあるんです……』

イメージ 3

 おじさんのさしいれ! スイカバーって美味しいですよね!

■アイドルとロコドル
 ローカルアイドルの祭典「ロコドルフェスタ」に参加し、まず前夜祭を盛り上げる奈々子たち。
 ステージでの軽い挨拶と、物販が主役!

 そんな中、トップロコドル「AWA2 GIRLS」とも偶然出会う。

 奈々子たちはまだ知名度は全然無い。
 でもだからこそ、気負わず物産ブースで動き回れる。

 見事、地元の物産を売り切った奈々子たちに、AWA2 GIRLSは自分達が「出来なくなった」姿を思う。

 次回、最終話「【ろこどる】やってみた。」

西深井『ですので、フェスタと夏祭り、両方出演していただきますっ!』

イメージ 4

 開始前から熱い無茶振り! さすがだぜさおりん!

■真面目な子にヒマは無い
 夏休み早々、「ろこどるフェスタ」に追われる奈々子たち。
 名古屋で二日間行われる。

 一日目は物販の手伝い、二日目は本命のステージ!

 のみならず、二日目の夜は、弾丸列車で地元の祭りにも参加――――。
 キミ達なら出来るという熱い信頼。
 熱い無茶振り。

ゆかり『――――え~び~ふりゃー♪』

ゆい『味~噌ぉぉ、カーツ!』

みらい『小倉~、とーすとぉ!』

にゃにゃ子『み…、みゃー!』

イメージ 5

イメージ 24

 名古屋入り! 名物にちなんだ掛け声! かわいい!

■意外にデカい
 また、ろこどるフェスタの恩恵は意外にデカく、単に「全国ネットで放映」というだけでなく
 前回優勝「あわあわガールズ」は、全国レギュラーも持てたらしい。

 おかげで、参加希望者だけでも前回の四倍!
 通常の四倍!!

 例によって沙織マネが一晩でなんとかしてくれたものの、なかなかデカいヤマであった。

『はじめまして。向かいのブースのろこどるでGlass cuteっていいます♪』

イメージ 6

 どっかの眼鏡漫画家さん大歓喜!? 具体的には磨伸映一郎さんとか!!

■前夜祭
 一日目の物販に参加した奈々子たちだが、周囲との「違い」に驚く。
 多くは芸能事務所所属、プロのアイドルなのだ。

 芸人並みに身体を張って報酬は時給! それが宇佐美奈々子!!

 そんな彼女らとは、根本的に違うのだ。

奈々子『お客さんがステージに集まっちゃった……』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 11

 奈々子はコロッケを売った! しかしお客さんはひいてしまった!

■AWA2 GIRLS
 既に全国ネット常連のAWAさん達は、知名度抜群!
 約束されしニ連覇。

 芸能事務所に所属、自分達の売り込みをメインに、地元活性化というスタイルが普通。

 市役所雇いで、地域をメインにする奈々子たちの方が異端。
 背負ってるものが違う感じ。

 奈々子たちも負けじと名物を売り込みますが、空回りっぷりがパないね! かわいい!

おにーさん『ちゃんと持ってきたよ!』

イメージ 12

 余談ですが「魚心くんハウス」って、要するに気ぐるみセットの梱包名なんですね。
 しっかし、ゆい先輩ってば相変わらずマジメ。

ゆかり『はじめまして、流川ガールズです♪』

『流川……、ガールズ?』

イメージ 14

イメージ 15

 リーダーがロングの阿南葵、小さいのが美馬都、サイドポニーが新加入の鶴木つばさ。

■舞台裏のアイドル
 休憩中、すっかり負け犬モードの奈々子に、ゆいが「良い物」を見せる。
 明日のステージの見学だ。

 が、設営中のステージで、あわあわガールズの三人とばったり出くわしてしまう。

 でもオフの三人は、またイメージが違った。
 彼女たちも地元と頑張りたい、同じ「ろこどる」なのだ。

 緊張し、懸命に頑張っていて、でも「ブースが混雑するから」と、物販に参加できずに悔しがっていた。

都『なんだ、左の娘の“高級素材をダメな衣に包んでしまった”感は……!』

『こっちはフツーだな…?』『Tシャツも違和感ないし…』

イメージ 13

 それにしても、縁と奈々子へのファーストインプレッションが酷い!
 そういや縁さんハイスペック美少女だった!

 余談ですが、台詞がやや多いチビの子「都」ちゃんは、ラブライブの穂乃果さん役、cv新田恵海さん。

奈々子『地元と一緒に、かぁ……』

イメージ 16

イメージ 18

イメージ 1

イメージ 21

 あの恥ずかしがり屋だったみらいちゃんが! そしてたまほっしーが!!

■美味しい奮闘
 三人に元気を貰った奈々子は、吹っ切れ、いつもの元気を取り戻す。
 テキパキ、そしてステージ上でもドンと来い!
 ステージ度胸すごい!

 揚げたて、とっても美味しくて♪

 さっきの失敗と一転!
 楽しく元気良い奈々子の売り込みもあって、物販は大成功を治めたようだ。

 にしても、隠れる気がないAWA2 GIRLS! 解りやすいな!

縁&奈々子『お隣も完売!?』『あんなにいっぱいあったのに―――!』

都『―――まぁ、グッズは完売だけどね……』

イメージ 19

イメージ 20

 オッチャンとイケメンお兄さんの存在感!

■完売だけど
 一方、朝から賑わっていた「徳波市」のブースは、グッズを完売。
 その人気の驚く奈々子たち。
 けれど

 でも、物産品が売れ残ったら本末転倒だわ―――。

 大成功に喜ぶ奈々子たち、自身らの売込みに大成功しつつも「地元の活性化」に眉を寄せる都たち。
 ろこどるとしてのあり方。

 実績で明らかに上であっても、「ろこどる」として悩むAWA2 GIRLS。良い子らじゃないか……。

ゆかり『眠れない? ……じゃあ、こっちにきて一緒に寝る? なーんて…』

イメージ 17

イメージ 22

イメージ 23

 力強くはい! むしろ怯むゆかりさん!

■同衾
 慣れないホテルに泊まって戸惑い……、というか、流川市にしては珍しく予算つぎ込んでる!
 明日に緊張する奈々子に、軽口を叩く縁さん。

 はいっ! ―――お邪魔しますっ!!

 すると速攻で入ってくる奈々子!
 奈々子さんカッコイイ!

 縁さんもワクテカして眠れませんでしたが、寝言で励まされ、ぐっすり。嗚呼、次回最終回かぁ……。

予告『名前だけでも覚えて帰って欲しいです!』『芸人さんみたい……』

イメージ 13

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 2

 セーラーさんっぽい感じ! かわいい!

■アイドルとロコドル
 そんな感じで、強豪を驚かせた奈々子さん!
 成功するほど失われてゆく初心、やりたいけど出来なくなったこと。

 なんだよAWA2 GIRLSも良い娘らじゃないか! あとグラスキュートも良い眼鏡じゃないかっ!!

 恥ずかしがり屋だったゆい、みらいの成長も見られ
 笑いあり微笑みあり良い前夜祭!
 終わりが惜しい!

 次回、最終話「【ろこどる】やってみた。」