GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

アカメが斬る! 第10話「誘惑を斬る」感想

インクルシオvsグランシャリオ! エスデス様のヒロインさが止まらない!

イメージ 17

イメージ 11

 意外にあっさり抜け出せましたが、予想以上にエスデス様が一途! もうちょっと見ていたかった!!
 また今回の件のように、「正体を隠して戦える」メリットは大きく
 インクルシオはピッタリなんですね!

 帝国の将軍相手に、何を言っているんだお前は―――!

■真面目でドS
 タツミの件で「部下の命が最優先」だと言い放った件や
 立場を自覚した発言などなど……。

 エスデスが結構しっかり「将軍」なのも意外でした。こりゃまたファンが増えますわ。

タツミ『逃げられそうにねええええ!』

イメージ 3

 衣食住故郷の保障、そしてこの誘惑! タツミさんの忍耐力スゲェ!

アカメが斬る!
 エスデスに囚われたタツミは、イェーガーズの予備人員として、彼らの実力を見せ付けられた。
 しかしタツミは、彼女を逆に仲間にしようと決意
 反・帝国を呼びかけた。

 だが「弱者の側に立つ」など、弱肉強食を是とするエスデスには理解不能

 思想の違いも好ましい、いずれ自分色に染めてやると笑うエスデスだったが
 彼女の手からタツミは脱走。

 アカメは、自分がエスデスを倒すと宣言するが
 タツミがナイトレイドだと察していたDrスタイリッシュが、手勢とともにアジトに迫りつつあった。

 次回、第11話「マッドサイエンティストを斬る」

エスデス『お前は私が育てる。これくらいは出来るようになるぞ―――』

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 5

 オーバーキルってレベルじゃねえぞ!

■猟犬たち
 冒頭五分は「全員が帝具」という、特殊部隊イェーガーズの見せ場……
 のみならず、絶対正義セリューも追加装備が!
 鋼鉄ジーグかお前は!

 腕部は換装型となっており、それを作ったのが「Drスタイリッシュ」の帝具なのだとか。

 ボルスさんは火炎放射
 イケメン天使は、武器にもなる羽根型帝具……。

 にしても火炎放射器ルビカンテ」って、ホラこう、いかにも回復してくれそうですね! FFⅣ的に!

『それなら今夜説得してやる、男タツミの見せ場だぜっ!』

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 9

 完全にエスデス様のペース。

■甘言を斬る
 エスデスが自分にベタ惚れだと察したタツミは、彼女の説得を試みる。
 それは、即処刑でもおかしくない諫言!
 素晴らしい勇気!

 帝国の将軍相手に、何を言っているんだお前は―――!

 しかし、一刀両断にはねつけられる。
 彼女は自分の立場を理解し、また「彼女の主義」にも見合わなかったのだから。

エスデス『まあ、私もこういう作法は知らないが……』

イメージ 8

 それにしてもエスデス将軍、世間知らず美人タイプのキャラだっただと……!?
 タツミ、なんという鋼の意思!

 このタマナシヘナチンが!
※褒め言葉。

 実際、自分自身や故郷は守れるはずなのに、ブレないタツ、本当に良い少年ですわ。

エスデス『解らんな、弱者の気持ちなど!』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 冷笑ではなく、真正面から「解らん」と言ってのけるのは逆にポイント高い。本気なのですな。

エスデス、惚れ直す
 弱い民を守りたいというタツミ、自分の主義「弱肉強食」を貫くエスデス。
 平行線なりに、強情さは理解する。

 いや、だからこそああいう笑顔も出来るのかな?

 強情さをむしろ好ましく思い
 じっくり腰をすえ、自分色に染めてやろうと思うエスデス様であった。

回想ボルスさん『ワタシなんて、二回も振られたんだから!』

イメージ 13

 チーム唯一の妻帯者、ボルスさんのアドバイスもあったしね!
 このヤロー、やっぱりチームの良心か!

 自分に惚れさせてやろう、という鉄壁の自信! おい可愛いぞエスデス様!

タツミ『この食い意地、間違いないアカメだ! アカメと関係する何かだ!』

イメージ 14

イメージ 15

 海産物を口にしろ!とか言っちゃうウェイブさんが大好きです。

■城外学習
 婚約者兼「補欠」となったタツミは、気の毒がられつつも隊の一員となってゆく。
 アカメを殺したいと笑って言ってのけるクロメや
 同類のウェイブと知り合う。

 ウェイブとクロメも共をしろ。危険種を狩りつつ賊を探すぞ。

 まずウェイブと組んだタツ
 彼と友情を深めつつ、さっそくの好機を活用しようとするのですが……。

タツミ『――――危ない!』

ウェイブ『助かったぜ、借りは返す!』

イメージ 16

 そんな中、チャンスだと気付かずウェイブを助け、彼を見逃してしまうタツミ。
 基本、ホントに善良な子ですね。

 まあ、その後おもいっきりウェイブさんを置き去りにしちゃうわけですが! オシオキ決定だー!

ウェイブ『知ってるぜインクルシオ、このグランシャリオの試作品!』

『目的変更! 逃げたタツミより、目の前のナイトレイドを優先する!』

イメージ 17

イメージ 1

 主人公が全身鎧って珍しいなぁ、と思ったらこの為か!

■「格上」との遭遇戦
 実は、ウェイブの帝具「グランシャリオ」は、インクルシオの完成版とも呼べる帝具。
 浮遊パーツが独特ですが、果たしてその効果は?

 違う! 確かに人殺しだけど……、俺は、俺たちは「悪党」なんかじゃねえッ!

 事情を知らないウェイブを前に激昂……!
 しそうになるものの、亡きアニキの言葉に「撤退」を最優先するタツミ。

ウェイブ『河の流れに乗って泳いで逃げたのか? 海の男相手に、無謀だぜ!』

タツミ『―――あっちには、透明化の機能は無いみたいだな……』

イメージ 18

 平常時はグランが上、潜在性能はインクルが上、ってのが王道ですけれども……?

■うっかり海人
 でも、インクルシオの「透明化」なんて、帝国の資料に載ってない訳なかろうに!
 さては見落としたな!

 そんなウェイブさんですが“透明化がない”と言う事は、それに代わる機能があるはず。

 より戦闘的な機能でしょうか?
 また「武器を使わなかった」辺りから見るに、習熟度はタツミと大差ないレベルなのかも。

タツミ『すまねえ、また助けられちまったな―――、あ痛ぇ!?』

アカメ『何度だって助けるさ、仲間だからな』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 この流れ、今後アカメが囚われる展開があるんでしょうか?'

■「ありがとう」と「この野郎」
 救出に来ていたアカメ、ラバックに助けられ、早くもタツミは帰途に就く。
 ラバックさんの見事なツンデレ
 アカメの微笑み。

 次に失態を犯したら、私みずから処罰してやる―――!

 まあ逃がしたウェイブさんは酷い目ですがね!
 この野郎!

 もっともタツミは実家に帰りたい」という振りはあったので、幸い正体はバレなかったようです。

ラン『隊長、もし彼が敵として現れたら、どう対処すれば良いでしょうか?』

エスデス『―――部下の命が優先だ。いざとなれば生死は問わん』

イメージ 22

イメージ 23

 反乱軍に加わりたいと明言していたタツに、部下のランは当然「対応策」を問う。
 するとエスデスは、「部下優先」だと言い切った。

 身分を隠してとはいえ、互いの意思を言い合ったタツミとエスデス。

 エスデスはむしろ惹かれ、ますます想いを強くする。
 部下への責任も、一途な気持ちも。

 そして「弱肉強食」という信念も、一切ブレないエスデス。どうしましょう好感度ゲージが下がりません!

Drスタイリッシュ『ビンゴ! ナイトレイドのアジト、み~っけ♪』

イメージ 24

 って、この人のcvって成田剣さん! 二代目ブライト艦長なにやってんですか!

■切り札は「村雨
 アジトに戻ったタツミは、クロメやエスデスなど「イェーガーズ」の詳細を話す。
 期せずして、実に多くの情報が手に入った!

 生きている、“心臓があるという事だ―――、私が斬る! たとえ帝国最強であろうとも!!”

 Drが迫っているとも知らず
 アカメは、自分だけがエスデスに対抗できると言い切った!

 逆に妹のクロメは、言動からすると“アカメと相性最悪の敵”ってカンジも……?

次回、帝国の「強化兵」率いる男がスタイリッシュに迫るッ!

イメージ 25

 腐敗政治で強権にいながら、浮気はしないと言い切るエスデス。結構スゴイ一言。

■一途
 タツミの真意を早々に聞かされ、それでもブレない、そして彼を諦めないエスデス!
 そのタツミですが、今週の彼も良かった!

 何より「自分の正体を隠し、上手くやり過ごした」点はたいしたもの!

 抜けたキャラって印象でしたが
 帝国で騙され、揉まれ、何気に一皮向けていた感じですね。

 ただ勘が鋭いヒトにばれちゃった訳ですが、この情報、果たしてどうなるのか!

 次回、第11話「マッドサイエンティストを斬る」
 できれば倒して欲しいですが…?