GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

スペース☆ダンディ 第23話「恋人たちはトレンディじゃんよ」感想

ビターなアトクチの第23話。背中合わせのロンリーナイトじゃんよ。

イメージ 16

イメージ 19

 ラブコメじゃない、切なく懐かしいトレンディドラマだった第23話。
 物言いたげな二人だけど、何も言わない。
 不器用でダンディ。

 いや、その……、また、登録センターで会おうぜ。

■dandy
 ラストで「予定」に触れたとき、ハッピーエンドになるかな、と思ったらビターエンド。
 水滴で書き残したdandyに、必死なダンディは気付かない
 偶然が二人を阻む。

 大人の二人の不器用さ、もどかしい回でしたね。というか次回、一体どうなるの……?

ミャウ『さっきのアイツなんか、一週間かかってゼロですからね~』

イメージ 2

 M78星雲の宇宙人……、ヘァ!

■擦れ違い
 元彼に付きまとわれたスカーレットは、一週間限定の恋人役をダンディに依頼した。
 恋人たちの星「惑星トレンディ」での一週間。

 七日目、二人は元彼に襲われたが、ダンディの機転で撃退――――

 契約を終えたた二人。
 だが、誘われるようにそれぞれが「予定」のバーへと赴く。

 しかし二人はすれ違い、元通りの「ハンター」「係員」関係に戻った。

 次回、第24話「次元の違う話じゃんよ」

スカーレット『実は元カレにつきまとわれて困っているのよ』

『惑星トレンディ、ナウい若者達のデートスポットが集まった惑星である――』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 今更ですが、毎週BGMまで違うって凄まじい作品だわ……。

■トレンディ☆ダンディ
 ナウでヤングな恋人たちの惑星「トレンディ」で休暇を過ごす、ダンディとスカーレット。
 元カレを振り切る、スカーレット苦肉の策であった。

 というかスカーレット、元カレなんていたの!?

 ダンディを雇ったスカーレットだが
 相変わらずの実務思考。

 それでいて、相変わらずのケンカ友達っぷりが見ていて笑えますね。

ダンディ『未登録エイリアン、見つけたじゃんよゥ!』

スカーレット『ちょっとぉ!?』

イメージ 6

 戸惑いながらも、ケリ一発でノシてしまうスカーレット!
 相変わらず鬼強ェじゃんよ!

 しかしデートスポットにスキー場、白いウェア、なんともナウでヤングな感じがしますねぇ。

ダンディ『髪、下ろしてた方が良いな? ……その方が良い』

スカーレット『……ん』

イメージ 7

 やりとりも良かったですが、スカーレットの水着も何だか彼女らしいですね。
 フツーはビキニが多い気がしますが。

 というか、この水着自体がナウでヤングなカンジ
 そうかアレか!

 そもそも、私はスカーレットに1990年代的なイメージを抱いているのかもしれません!
※感想には個人差がありますん。

ダンディ『―――あれが、元カレ?』

イメージ 8

イメージ 1

 偽の恋人状態の二人は、いわゆる板野サーカスをやらかすロボットを目撃する。
 ロボはガンダムF91でミサイルは板野!

 こんな贅沢きわまりない作画を、トレンディ回につぎ込むとは……。流石過ぎる。

スカーレット『キャァァァァァァァァァっ!』

イメージ 9

 帰り道、軽くトレンディ・イベントをスルーしたスカーレットが、絹を引き裂くような悲鳴を!
 すわストーカー野郎が来たかと思ったら―――
 残念、クモでした!

 って、これクモってレベルじゃねえよ!

 人面クモ相手に、華麗に爆発オチを起こすダンディ。
 だが、そんなバカをやらかす彼に、思わずスカーレットは吹きだしてしまう。

 スカーレットとダンディ、その心の距離が近付く瞬間であった……。

ダンディ『お前、チャック好きなのか?』

スカーレット『もちろん! 格闘技を習い始めたキッカケは彼よ?』

イメージ 10

 実はcv桑島法子さんっていうと、私、いまだにミスマル・ユリカのイメージなのですが……。

■格闘技フレンド
 焼け跡から見つかったビデオから、同じ趣味だと気付く二人。
 意外な接点!

 もしや「スカーレットの格闘技スキル」って、このエピソードにつながるものだったの!?

 いかにもダンディが好きそうなB級感。
 才女のスカーレットも、実は昔っから好きだったという。二人とも嬉しそうでしたね。

スカーレット『――――バーボンロックを(冷たい声で)』

ダンディ『なんか、怒ってる?』

イメージ 25

イメージ 11

 全然怒ってませんから!のスカーレット、マジでスカーレット(黄味がかった赤)。

■仲違い
 爆発事件が三日目。
 一週間契約の「偽恋人」契約は、イイカンジに過ぎてゆく。

 しかし六日目、多分ダンディの提案で「ブービーズ」を訪れてしまい、風向きが変わった。

 いつものように、ハニーにデレデレのダンディに
 スカーレットがイライラ。

 軽い仲違いを起こし、ニセコイ契約の最終日へと突入してしまう――――。ダンディ、空気読め!

ドルフ『解っているんだ、僕に嫉妬してもらいたいんだろう?』

『―――諦めさせるには、アレしかないじゃんよ!』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

 cv中井和哉さんに何て役を! トチ狂ったゾロにしか聞こえませんよ鞠戸大尉!!

■kiss of Crash
 ニセコイ最終日に、ついに姿を現した「機動戦士」、その名はドルフ!
 ロボの足装甲が完全にガンダム系!
 大河原さん何してんの!

 お前が中途半端だから、こんな事になるんだぜ!

 トチ狂って「金田パース」しながら襲ってくる機動戦士!
 本気のロボット作画!

 そんな彼に、ダンディは本気のキスを見せ付ける――――!

ナレーター『そして彼は、トレンディ警察に捕まり――――』

イメージ 17

 半径一万パーセクおよそ32600光年以内に立ち入り禁止―――!

■恋人契約の終わり
 最終日夕方、ストーカーが捕まったことで、予期せずバイトは早期終了となった。
 二人は言葉少なに、言いたげに別れる。

 いや、その……、また、登録センターで会おうぜ。

 二人の関係はただの契約
 仕事仲間。

 そう言いたげに背中を向けて去ってゆく二人だったが……、最終日20時に「予定」が残っていた。

ダンディ『今、何時だ!』

ミャウ『もう20時過ぎですけれど?』

イメージ 18

イメージ 19

 走るダンディ、窓の外を気にするスカーレット。トレンディ……。

■雫のdandy
 いつもの汚部屋で、舟をこいでいたダンディだったが、「予定」に気付いて駆け出す。
 スカーレットが「見たことが無い」と言っていたビデオを手に
 雪の中、ダンディは駆け出す。

 当のスカーレットも、まるで彼を待つようにバーに出向いていた。

 寝過ごしたダンディは間に合わなかった
 焦っていた彼は、テーブルに書かれた「dandy」に気付かないまま、雪の中を駆け出す。

ダンディ『スカーレットッ!』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 バーの前で、たまらずダンディは「スカーレット!」と叫ぶが、電車が二人を阻んでしまう
 そのまま、二人は背を向けて歩いていく―――。

 スカーレットは、ダンディが遅れてきたなんて知らない
 ダンディは、彼女だと確証を持てない。

 せめてダンディが「dandy」に気付いていれば、そこに彼女がいたと確信できていれば?

 少し寂しく擦違ったまま
 二人は「ハンター」と「職員」の顔に戻って、物言いたげなまま日常に戻る――――。

予告『ダンディ…、貴方と別れてからの十年は長かったわ……』

イメージ 24

 ツヅクがない! EDもSPで「Seaside Driving」。もうフツーのエンディングは最終回くらいか?

■バカな男が好きなヒト
 いつもダンディのケツを叩いているスカーレット、本格的な彼女の回。
 先日のは、結局ハニー回でしたものね。

 携帯電話が普及した今ではやりにくい、ちょっと寂しい擦違いのお話。

 ホントは、ラストシーンで「あのバーに行ったか?」て聞きたかったんじゃないでしょうか。
 そんな締め方がなんとも彼女とダンディらしくて切ない。
 そんな、ダメ男とビジネスウーマンのお話。

 次回、第24話「次元の違う話じゃんよ」」