GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ガンダム0083 REBELLION 3巻 [夏元雅人]

      ナイトシーカー強襲! ビームすら避ける特務部隊は必勝を期するが……!?

イメージ 8

イメージ 7

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。対核防護GP-01の姿も見納め。

 

 原作の「後半部」を担当した今西氏をアドバイザーに据えた、0083版「オリジン」シリーズも3巻。
 食い下がるトローペン、ザメルの存在感が見所!
 GP-02強奪!

 

 これを追うは、シーマから情報漏えいを受けた「ナイトシーカー」の部隊!

 

■ガトー無双
 原作以上に「ガトーの強さ」を強調する一幕!
 普通ではない、“強力な部隊だ”と前置きをすることによって、ガトーの強さを際立たせる演出。

 

 シーカーさん無残。

      コウ・ウラキ、MSマニアを「強み」に戦う!

イメージ 2

 原作では、むしろマイナス気味だった設定が強みに!

 

大義
 大戦終結からはや4年、ジオン残党「デラーズフリート」の反攻は始まった。
 その初手は、局地での「格搭載実験機」強奪。

 

 かつて大陸の形すら変えたジオン、その地を直接見てなお、彼らは変わることは無かった。

 

 追撃は失敗。
 掠められたガンダムと核弾頭は、オーストラリア近海に消える。

      連邦軍の特務機「RGM-79V ジム・ナイトシーカー」

イメージ 6

 本来、この手の「特務高性能機」は、ジムSC辺りの位置付けでした。
 でもSCは生産数や配備など、設定上の縛りが多い。

 

 多分、シーカーはそれを補う機体なのでしょうね。

 

 どこにいてもおかしくない高性能機
 壊しても良い高性能機。

 

 ただ、そういった汎用性の高い機体なのに、SCと比べカッコ悪すぎる! 恨むよ大河原さん!
※感想には個人差があります。

      コウ、「おぼっちゃん」なところがレベルアップ

イメージ 3

イメージ 4

 コウは原作以上に「おぼっちゃんぽさ」が増している感じに。
 ちょっと笑えます。

 

 ジオン贔屓で有名な大西氏が関わっているとはいえ、ここからどう成長するのでしょうね。

      収録

イメージ 5

 巻末には、作画:夏元氏のガンダム的代表作から、マット元隊長達が出張出演。好きね夏元氏。

 

 角川コミックスエース「ガンダム0083 REBELLION 3巻」。夏元雅人
 コンセプトアドバイザー・今西隆志、月刊ガンダムエース連載、角川社発行。
 2014年7月発売(前巻2月)。

 

 第9話「実戦と爆煙」
 第6話「宇宙へ……」
 第7話「終わりなき追撃」
 第8話「対峙する者」

 

 巻末「SOLDIERs DAYⅠ」
 機体解説や作者関係者コメントなどの類は一切無し。

 

■関連感想記事