GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

魔法科高校の劣等生 第23話「横浜騒乱編Ⅴ」

貴重なジョージの見せ場が! 市原理論、絶賛を受ける第23話!

イメージ 9

イメージ 19

イメージ 13

 何だかよく解らんですが、市原先輩の理論の凄さと、その方法論が「達也と異なる」事は伝わった!
 しかし、せっかくジョージが負けフラグを立ててくれたのに
 発表すらさせてくれぬとは!

 一条さんが目を光らせて下さっているのであれば、一層安心できます。よろしくお願いしますね。

■ちょろい(確信)
 深雪と頭を下げあい、真っ赤になってたクリムゾン様も可愛かったですね。
 お兄さまとも、アイコンタクトしてましたが。
 さすがですお兄さま!

 あの一条家の真っ赤な顔したクリムゾンプリンスとドヤ顔コンタクトできるとか、流石ですお兄さま!

十三束鋼『僕の名前を……!? ありとうございますっ!』

イメージ 11

 にしても十三束くん、坂をヒメヒメ歌いながら登ってそうな声ですね! cv山下大輝さん。

■コンペ開幕!
 西暦2095年10月30日
 横浜中華街の大物「周」の手引きで、中国軍は艦船と兵を派遣し、ルー・ガンフーを脱走させる。

 そのまま論文コンペへの突入を図るが
 会場には各魔法科高校の精鋭部隊、そして藤林少尉の手引きで紛れ込んだ「警察」が待ち受けていた。

 一校の元生徒会役員、市原の発表直後、両者の激突が始まる―――。

 次回、第24話「横浜騒乱編Ⅵ」

中国軍隊長『副官が、武運つたなく敵の手に落ちてしまいまして』

周大人『誠に運が悪かったとしか申せません。まさかルー先生が……』

イメージ 2

イメージ 3

 まさかルー・大柴先生が……。

■手玉
 アジトを潰され、ルー・ガンフー以下を捕えられた中国軍だったが
 周の手配で「援軍」が決定した。

 陳は、目の前の周こそ「捕えられた原因」とも知らず、深く礼を述べる。

 艦艇を派遣した中国
 相当な荒事にも、中華街だけは手を出すな、と釘を足す周先生。

 完全に手玉にとっている辺り、周先生はこのシリーズは無傷で越えそうですね。実に胡散臭い。

エリカ『学校休んでまでコイツをしごいてたのに、バカみたいじゃない!』

イメージ 4

イメージ 5

 何気に凄い良い顔してます、お兄さま。

■事後
 せっかくレオの特訓をしたのに、気付けば事件が解決していたエリカ。
 やーいバーカver.ka!

 もっとも、まだ事件は終わっていません。

 その事を察しているのかいないか
 達也は、コンペ自体毎年狙われているから「護衛」をして欲しいとフォローする。流石ですお兄さま!

 まだ百年足らず、若い学問ですから、若者の柔軟さがそれだけ生きる分野なのでしょうね。

市原『平河千秋さん、貴方のやり方では、司波くんの気を引く事は出来ません』

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 やっぱりお兄さま狙いじゃないか!

■詐欺師の才能
 一方、市原は「あなたは、ハードウェアの分野なら司波君と渡り合える」と平河に囁いた。
 平河は将来一校を背負って立つ逸材だと見込み
 立ち直るよう、発破をかけたのだ。

 まったく、詐欺師の才能がありますね、私は――――。

 ゲームに例えるなら
 お兄様はソフト作りの超々達人
 でも平河は、ゲーム機本体の開発なら、お兄さまをも越え得る逸材だと発破をかけたのだ。

 とはいえ「詐欺師」のくだりを見るに、やはりお兄さまの壁は険しい模様。さす(略)。

藤林『―――私の方でも、いくつか保険をかけたけれど』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 久々のクリムゾン・プリンス! 警備要員を務めるようで……、って過剰防衛過ぎません!?

■手玉Ⅱ
 達也の「軍人」としての同僚、魔法軍人藤林は、中国事件の無事解決を祝う。
 ついでに「コンペ」に一緒に来て欲しい
 と、千葉刑事に依頼。

 千葉の部下と共に「後輩の応援」の体裁をとり、コンペの警備に回る藤林。

 千葉刑事もそうバカじゃないのですが
 いかんせん、手玉に取られてる感じ拭えませんね! これは尻に敷かれますね!

幹比古『あれエリカ、あそこにいるのは?』

エリカ『ただのナンパヤローよ』

イメージ 1

 にしても千葉刑事、いい笑顔である。
 エリカ酷い!

 イケメン次男にはブラコンだったくせに、三枚目の長男(多分)には厳しいエリカ! ひでえ妹だ!

藤林『あなたは自分の職務に忠実なだけ、お互いの領分を守りましょう』

小野『おっしゃっている意味が、解りませんが?』

イメージ 14

イメージ 15

 いや、視聴者的にも解らないんですが藤林さん。

■職務の領分
 何やら嗅ぎまわっていた小野先生に、互いに、職務の領分を守ろうと提案する有名軍人・藤林。
 小野先生の本分って?

 お兄さま=戦略級魔法兵士という事は軍事機密。

 小野先生は、それを知らないなりに探りまわって釘を刺されたってところでしょうか?

風間少佐『明日予定していた新装備テストのおかげで、用意は整っている』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 オープニングの「お兄さまバトル飛行スーツ」が遂に完成か! ※多分。

■ムーバル・スーツ
 前回捕まえた「ルー・ガンフー」が逃亡
 これを鎮圧する為、魔法兵士部隊は「新装備のテスト部隊」を流用し、投入するらしい。

 話の流れから、お兄さまと話していた「スーツ」なのでしょうか。

 一方、学生警備隊の十文字隊長は
 外国人の増加、殺気に、警備隊の防弾チョッキ着用を通達。

 三年生だっていうのに忙しい十文字会頭! サンドイッチ食べてる姿がなんか笑えるぞ十文字会頭!

中国軍艦長『配置は完了した。計画は、予定通り実行する』

イメージ 21

 殺気の原因、中国軍は「オープニングの重機型戦闘ロボ」を運搬。
 さあレオとエリカの出番だ!

 実戦で返り血を浴びまくった「紅王子」様に、密かにスタンバイする超人刑事! そしてお兄さま!

 日本側がさらなる過剰防衛を整えているとも知らず
 中国軍は、生コンペ相手に、大人気なさ過ぎる戦力を投入しようとしていた――――。

市原『現時点では、装置を動かし続けるのに高ランク魔法師が必要ですが…』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 22

イメージ 23

 言葉の意味はよく解らんが、とにかくすごい研究だ!

■ループキャスト
 論文コンペは滞りなく進み。午後三時、一校の研究発表「核融合炉」が発表された。
 次々とギミックで表現し、飽きさせず表現する市原先輩。

 ループキャストによって実現するとは、見事なアイデアだったよ

 同じ魔法を繰り返す技術。
 これを応用し、核融合反応を断続的に「発動させ続ける」。

 今はまだアイデア段階ですが、いずれ「初動」以外は、魔法師不要のシステムになるワケですね。

Cジョージ『でも僕たちも負けないよ。いや、今度こそキミに勝つ!』

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

 もー、ジョージってばまたフラグ立てるんだから!

魔法科高校のプロ魔術師
 視聴者へのフォローを兼ねた解説をしてくれたのは、あのカーディナル・ジョージ。
 久々ですね!

 達也と違い、既に実名で世界的に有名になっている天才少年学者!

 武闘大会では負けた。
 けれど、技術コンペでは負けない! とジョージがフラグを立てた瞬間、会場が振動する!

 カーディナルジョージ、報われない男であった。

次回、中国の本格的な「軍事行動」が勃発!

イメージ 12

 今週、なんとなく丸かったですね。作画的な意味で。かわいい。

■リベンジ!
 諦めていなかった中国軍は、本国から本格的な「兵器」を投入!
 前回捕まったルー・ガンフーも脱走!

 しかし哀しいかな、達也君の同僚「魔法部隊」の新装備出撃が決定――――。
 始まる前から「お披露目敗北」のフラグ!

 さあ中国軍! 空飛ぶお兄さまを迎撃できるもんならやってみろ!
 やれるもんならやってみろ!
※無理。

 次回、第24話「横浜騒乱編Ⅵ」