GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

キャプテン・アース Episode_23「真夏の夜の夢」

キャプテンを引き止める真夏の夜の夢、くり返す夜、飛び越えるダイチ!

イメージ 3

イメージ 15

イメージ 17

※画像右下隅クリックで拡大。

 エンタングル、その名の通り「もつれ、からまる」ような夢に囚われるダイチですが
 楽しい夢に誘う「何か」を、一息に吹き飛ばす!

 ―――僕は、何が起こるか解らないほうが、ワクワクします!

■イライラとワクワク
 キルトガングとパックは基本的に同じなのですよね。
 永遠で、果てがないから、イライラが先立っちゃっているようなそんな感じ。

 今回は夢世界でしたが、彼らとも和解に至りそうな予感が強まる、そんな回でもありました。

ダイチ『父さんが残してくれたものは、僕の中で生きてる』

イメージ 16

 人は死ねば終わり? いや、そうじゃない。その考え方の相違が、キルトガングとの一番の相違。

■ループを越えて
 キルトガングの航行技術「エンタングル・リンク」。
 地球人では耐えられないという副作用、精神障害は「夢」として表れ、ダイチとアカリを阻んだ。

 僕は行くよ、自分の信じる道を!

 しかし、何もかもがごちゃまぜになった「夏休み初日」をダイチは乗り切り
 アカリと共に復帰、一行は天王星を目指す。

 次回、Episode_24「オーベロン」。

ダイチ『今の自分のあり方が、何か間違っているような気がする時がある』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 6

イメージ 7

 アマラ&モコ、制服似合わなすぎィ!

■大丈夫じゃなかった
 精神に干渉するワープ航法「エンタングル・リンク」に心を囚われ
 夏休みの一日目に、ループに陥るダイチ。

 物語の冒頭に戻ったダイチだが、「周囲」は、本来の世界に戻らないよう仕向け続ける。

 きっかけになった「虹のニュース」は消され
 同じく陸上部の生徒、バクは、陸上部に戻るように彼に促し――――。

アマラ『ダイチのお父さんは、宇宙飛行士だったんだ』

『俺が殺した』

イメージ 5

 途中途中、元の記憶がフラッシュバックするものの、夢は「現実に戻らないよう」促し
 楽しい別荘にダイチを誘う。

 思えば、第一話で「別荘」に行っていたら、この物語は始まらなかったのですよね。

 彼ら、元気でしょうか。
 当初は中盤辺りで戻ってくるかと思ったのになあ……。

バク『―――夢なんて、起きてしまえばすぐに消える。気にするな』

『人生だって同じさ、死んでしまえば、すべて終わりだ』

イメージ 8

 にしても、バクさんがコレを言うと意味深ですよね。
 夢と一緒に生きてきたのですから。

 そしてこれからは、お嬢さまのいない人生を永遠に生きてゆく訳ですから……。

ジン『モデルの仕事とか、興味ないですか? 絶対イケますよ♪』

『やってみなきゃ判らない、選ばない未来は、存在しないんですから』

イメージ 9

 一方、自分で未来を選ばずに流れ流されて生きてきたジン、お前が言うのか!
 しかし「そんなの絶対無理」とか言って避けてたら
 出来たはずのことも出来ない。

 きっと人生の分岐点は無数にある!

 人間、どこかで勇気ややる気の出し方が違ったら、まったく違った人生だったかもしれないのです。なのです。

セツナ『あなたと同じ方向には、私はまだ、行かないのです。さよならなのです』

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 セツナさんて、キルトガング勢で一番死にそうなキャラしてますよね……。

■生き方
 ループした「夏休み」の中、おぼろげに約束を思い出したダイチは、約束の「縁日」へ向かう。
 その途中、自分が望まない生き方をしている少女
 喪服のセツナと出会った。

 なら、その生き方を変える事から始めてみたら? そうすれば、少なくとも心は軽くなる。

 助言には添えなかったが
 セツナは感謝し、今は一緒に行けないと去ってゆく。暗示的。

タクシー紳士『完全な記憶を持ったまま、同じ日をもう一度やりなおせたら?』

ダイチ『そんな繰り返しはつまらないと思うなぁ』

イメージ 13

 タクシー運転手、どうみてもピーターウェストビレッジ紳士。

■ワクワクかイライラか
 もう一度、この夏の日々をやり直そうと誘ってくる「夢」
 それはつまらないとダイチは返す。

 ―――僕は、何が起こるか解らないほうが、ワクワクします!

 エンタングル・リンク
 その名の通り「もつれ・からまる・引っかかる」の通り、色んな記憶がごちゃ混ぜになった夢。

 キルトガングの干渉かと思いましたが、彼らが知りえない情報も多く、ホントにごちゃまぜ!

ダイチ『何やってんだ僕は……、ありがとう』

イメージ 14

イメージ 1

 まるで、ダイチを連れ戻そうとするかのように現れたピッツに
 ダイチは今度こそ我に返る。

 帰らなきゃ!

 にしても「笛っ子」さん、いい加減正体明かしてくださいよ! ねえライブラスターさん!!

『悪いね、別荘には行けない。どうしてもやらなきゃいけない事があるんだ!』

射的司令『よぉく狙えよ、お兄ちゃん!』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 20

イメージ 17

イメージ 18

 しかしセツナの「まだ行かない」、やたら意味深でしたね。

「戻ったね」
 エンタングルリンクに囚われたダイチとアカリは、持ち前の精神力で帰還。
 現実には、まだ“飛ぶ”数瞬前だった。

 僕は行くよ、自分の信じる道を!

 帰還したダイチは、なんとアース単騎で、あの巨大なガルムエンジンを一撃粉砕!
 彼の進化を見せつけたブルーメは天王星へと飛ぶ。

 人類未踏の地へ、今、ミッドサマーズナイツは飛ぶ!

予告『僕らは人類未踏の世界へ、しかしキルトガングが出現する!』

イメージ 2

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 19

 今週、どこかEDが違ったような違ってないような。

■鉄壁のダイチ!
 心のあり方を描いた話に、やっぱり、事態の解決は融和になるのかなー、と。
 エゴブロック破壊してしまえば良いだけですし。

 後はテッペイのように、記憶と変な力があるだけの、ただの人間になってしまうはずです。

 となると問題は、そうした事態に関係なく動いているパック。
 やはり彼がラスボスとなるのか。

 にしてもテッペイ、アイちゃんに迫られたのになぜ落ちない!
 愛か、ハナへの愛なのか!

 次回、Episode_24「オーベロン」。