GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ばらかもん 第9話「おけがまくっちした」感想

手が震える瞬間、孤独死を感じる瞬間。清舟、大人気なさMAXの第9話!

イメージ 11

イメージ 22

 書の完成に焦っていたはずが、気付けば所狭しと遊びまわっていた清舟、渾身の島遊び回!
 風呂に焦り、飯に焦り、隣村の子供に、島の子供達に!
 半田清舟(23)、いつだって大忙し!

 暑いのによくやるなぁ………。

■震える瞬間
 隣村の子供達を追い出そうとしていたはずが……、って、ただのドッジボールじゃねえか!
 先生の大人気なさが、良い意味で楽しい。
 そんな作品。

 孤独死すると自負してますが、絶対そんな事ないですよね!

 一言で言えばそんな話。自分の本領、書に向かって大笑いしてる彼も、スッゲー楽しそうでしたね!

『カチカチしない? うそぉ!?』

イメージ 2

 半田清舟(23)、PCと携帯に続き、今度は風呂が壊れる。

■残り二週間!
 自分の書が出来るまで迷うことは無い――――
 なんて悟りは開いたものの、大会は目前、いよいよ焦りだす書道家・半田清舟。

 しかし、そんな彼の忙しさなど知る由もなく
 島の子供も大人も彼を巻き込む!

 薪風呂・男飯・ドッジボールにターザンごっこ

 ひとしきり遊び倒した清舟は
 その後、うっかり崖から転落してしまうが、そこで得たインスピレーションから「書」を完成させる。

 次回、第10話「だっちいこで」

郷長『思い切って、やっちゃう? 薪で風呂が沸かせるんだよ♪』

清舟『――――ダメだ、既にやる気スイッチが入っている……!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 6

 風呂が壊れた結果、女子中学生二人に裸を見られるファンサービス。

■薪風呂、始めさせられました
 スターター式の古い点火装置が壊れてしまい、「薪」を使うことになる清舟。
 それにしてもこの郷長、ノリノリである

 気にいった物は他人にも勧めたい!

 薪風呂大好きな郷長、そのビッグウェーブに流された清舟は薪風呂を堪能。女子中学生に裸を見られる。

郷長『先生、もう23歳だし、結婚考えてる彼女とかいないの?』

『―――俺、孤独死するタイプですから』

イメージ 5

 自分が「とっつきにくい人間」だと自覚している清舟。
 てか郷長、そこは否定しようよ!

 しかし、薪風呂をだと気付かず「火事だー!」と駆けつけてくれるなるや美和
 そして飯を作りにくるヒロ!

 なんだかんだで、人の輪を広げていってるのですよね。これはタマの目が濁るわ……

ひな『なるが隣村の高学年にいじめられてるのー!』

イメージ 7

イメージ 8

 大惨事じゃないか! 

■抗争だ!
 ヒロと二人で男飯を楽しんでいた先生の元に、泣きながらヒナが、って聞き取りにくいよ!
 リアルに聞き取りにくい叫び!
 すごいね!

 駆けつけた二人が見たものは、隣村の子供らの襲来! ヒャッハー!!

 小学校高学年ならではの横柄さ!
 この遊び場は俺らのじゃ、と領土問題が勃発するのですが―――。

ヒロ『な、弱い子に譲ってやってくれんば? な? 頼むけん』

隣村『『『そがん言うんやったら―――、土下座せれ?』

イメージ 9

 いやあ「子供は守られるもの」って意識を持ってる分、ムダに賢しい。うっとうしい!
 実にイラッとくる子供らである!
 社会派!

 他所の子供へのしつけ、現代では難しい問題ですねえ。

清舟『お前らが子供をいじめてるって、匿名で電話してやる―――!』

『見たか! これが大人の戦略だ!』

イメージ 1

 なお、半田流解決策は「警察に匿名で電話する」。
 大人げねえ!

 味方もドン引きの大人気なさ! それが清舟!

清舟『俺たちはドッジボールをやろうか……!』

ヒロ『そうだな……!』

イメージ 10

イメージ 11

 直接なぐる訳にはいかないなら、ドッジボールで怖がらせてやれ! ってな訳で大騒ぎ!
 そのはずが、いつしかただの大乱闘ドッジボールに!
 ドッジに本気になる清舟!

 暑いのによくやるなぁ………。

 結局、実は彼らに慕われていたアッキーによって事態は収集。子供が一番オトナというオチ。

清舟『こんなリアルなターザン、はじめてみるんだが』

『(ガキ共には悪いが、危険な遊具は撤去せねば………!)』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 そして全員で落下する。

■リアルターザンごっこ
 帰ろうとしたが、子供らに誘われ「ターザンごっこ」に。
 ただの木のツタじゃないか!

 遊具を想定していた都会人だったが、これが島のリアル!

 メゲずに「撤去しよう」とする清舟。優しい!
 が、驚いた子供ら、ヒナに泣いて飛びつかれた結果、全員で落下! 身体を張ってるね先生!

清舟『ホントの意味で孤独死する………!』

イメージ 16

イメージ 15

イメージ 17

イメージ 18

 先生なら勝手に帰ったんじゃね? で納得する子供たち。残念だが当然。

■残念書道家清舟
 帰り道、夕陽に感動した清舟はインスピレーションを得て
 喜びのあまり、道を踏み外す。
 物理的な意味で。

 誰か助けてくれ、誰でも良いからぁ~~~~~~~~!

 視聴者も慣れたと思いましたが
 先生の情けなさ、まったく底が知れませんね! 新感覚すら感じるほど情けないよ先生!

清舟『――鍵? ウチの鍵だ……?』

回想美和『合鍵? なくしたぁ、裏山で遊んだ時かなぁ?』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 白黒反転の「星」、墨の黒が夜空なんですから、そりゃ「星」が白ですよね。

■時には宇宙のように
 しかし、転がっていた合鍵に、清舟は急にバカらしくなってしまいました。
 だって「ここは子供の遊び場」なんです。

 アホくせえ! 裏山で何焦ってんだ俺は、家の近所で遭難する奴がいるかよ~!

 遅まきながらに気付いて空を見上げると
 そこは満天の星空。

 再びインスピレーションを得た清舟は、子供らに助け出され、郷長に心配され、元気に「字」に取り組み―――

Cパート清舟『――――ああ、解った。帰るよ』

イメージ 22

 ようやく字を完成させた先生ですが、これを機会に「帰る」事に――――。
 ついに……。

予告パンチ『次回はお祭りなんだからねっ!』

イメージ 17

 余談ですが、タマに遠慮なしに寄っかかる美和、嫌そうな顔するタマ、何か良いですよね。 

次回は最終回じゃないよ?
 大人気なさマックスでお送りした第9話。パワフルでしたね!
 しかし、最後は不穏な台詞。
 詳細は次回!

 他人の家の子供のしつけ、現代には難しいテーマに敢然と挑んだ第10話!

 先生をオモチャにしながらも
 何気に、しっかり心配してくれている中学生コンビも良かったですね。

 孤独死とか、先生に限ってはありえませんよ!

 次回、第10話「だっちいこで」
※予告を兼ねたショート動画「みじかもん」、公式サイトで配信中。