GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ソードアート・オンラインII 第10話「死の追撃者」感想

馬とバイクと膝枕。トラウマ、プレイバック。声優欄二人ぼっちの第10話!

イメージ 12

イメージ 1

 前回がスピーディだった分、今回の後半は、じっくりと二人のトラウマを振り返った第10話。
 一番のポイントは、デスガンが「シノンのトラウマの銃」である事ですが
 もし偶然じゃないとしたら?

 なら、あなたが私を一生守ってよ!

■極限状態シノンさん
 新川君とデスガンが手を組んでいるなら
 色々とつじつまは合いますが、正体は次回辺りで判明するのでしょうか?

 にしてもシノンさん、言いたい事は解るつもりだけどプロポーズみたいじゃないですかー!

『戦う事の意味―――、キリトを見ていれば、きっと解ると思ったのに…!』

イメージ 2

 シノンの中で、キリトさんへの期待感が止まらない第10話。

■トラウマの追撃
 死の銃、その形が「かつて自分が人殺しした時の銃」と同じだと気付いたシノン
 トラウマを揺さぶられ、正気を失う。

 キリトの援護でなんとか逃げ切ったが、既にシノンは戦える状態ではなかった。

 錯乱しきって「死ぬ為に戦う」と立ち上がったシノン
 キリトは死んで欲しくないと慰める。

 シノンのトラウマを知ったキリトは
 自分も「人殺し」である事、デスガンがその復讐者なのだと語り、自ら倒す事を宣言する――――。

 次回、第11話「強さの意味」

シノン『―――え? なんで、なんでよ!? トリガーが引けない……!?』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 7

 大会中でもバイクはアリなんだ!?

■トラウマ発症
 事実上の本編開始から一分足らず、助けに来たのはやはりキリト!
 さすがですキリトさん!

 シノンの麻痺を考慮に入れ、逃げの一手を選ぶキリト。

 テキパキとバイクに乗り込み
 また、バイクより操縦難度が高い反面、速力ではバイクを上回るという「馬」の破壊を頼む。

 しかしトラウマが発症したシノンは、銃の引き金がひけなくなっていた。

シノン『踏破力が高いけど、扱いが難しすぎる………』

イメージ 8

 余談ですが、踏破力=荒地で早いという「馬」。
 実際は踏破力どころか、純粋なスピードでバイク以上だったようですが、それはさておき。


 一体どんだけ難しい馬なんだ………。ゴクリ。

シノン『もっと早く、逃げて、逃げてぇ!』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 一方デスガン、乗りこなすどころか、乗ったまま「デスガン」まで撃ってくるファインプレイ。

シノン=詩乃
 それは意図なのか偶然なのか 
 ウワサのデスガンが、「トラウマの銃」と同一だったことにシノンは怯える。

 これが死の追撃者!

 しかしデス・ガン
 なぜ「大会中」に襲い掛かってくるのでしょう。モニター撃ちしなかった理由とは? ただの脅し?

シノン『―――この状況で、何故そんなに冷静でいられるの……?』

『ううん……、この人は“ただ全力”なんだ……!』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 引き金が引けないなら、自分も一緒に引く! キリトさんイケメン過ぎィ!

■全力
 完全に戦えなくなったシノン
 キリトは力強く寄り添い、エール、アドバイスを送り続けた。

 それは全て、キリトが全力で打ち込んでいるからだ、とシノンは気付く。

 でも「ゲームだろうと全力」で
 リスクを恐れず戦う姿は、それこそ初登場時のシノンが持っていたもののハズ。

 第2話で、ダインにゲームの中でくらい銃口に向かって死んでみせろ!と言い切ったのは彼女です。

なお、デスガンは「爆発の寸前に回避した」模様。

イメージ 16

 それこそ「弱くて脆い自分」、強くクールなシノンではなく、詩乃に戻ってしまった彼女。
 その引き金を一緒に引いたキリトによって、ガソリンに引火。

 シノンの謎のリタイア状態、バイクvs馬、大爆発!

 見てる観客もビックリだよ!
※多分

キリト『マスケティアさんを倒して、スタジアムの上から見たら―――』

イメージ 17

イメージ 18

 こんな美人さんだったのに一発退場とは……。

■キリトさん行動録
 なお、洞窟での回想によれば「高台で銃士を倒し、そのまま狙撃して助けた」だそうな。
 キリトさん、一応狙撃できるのね!

 その場でけん制、それから直ぐに走って合流した、と。

 さすがキリトさん仕事が早い。
 また、デスガンの「光学迷彩」はちゃんとしたアイテムなのだそうな。レアアイテム山盛りなのね。

シノン『アンタの事はキライだけど……、少し寄りかからせて』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 1

イメージ 21

 シノンさんが一杯一杯すぎる。新川くんがもっと強ければなぁ………。

■トラウマの共有
 洞窟で「衛星」から身を隠す二人。
 新川くんに言わせれば「クールで強い」はずのシノンだったが、本当は一杯一杯だったのだ。

 本当がトラウマが重くて重くて仕方なくて、いっそ自分が死んで楽になるか
 或いは「一緒に背負ってくれる人」が欲しかった。

 あなたが私を一生守ってよ!

 無理難題を吹っかけるシノン
 でもダメですシノンさん! そんなコト言ったら本当にやっちゃいますから! このヒト嫁がいますから!

次回、それでもキリトさんはデスガンと戦う!

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 6

 トラウマで戦えないシノン、トラウマがあっても「戦う」と言い切るキリト。そんな対比。

■関わりあってるから
 トラウマ完全再発のシノンによる、大会中だと忘れそうになるトラウマ回!
 他の参加者の方々、一体何人生き残ってるのか!
※リアル生存的な意味で。

 そういう意味でも気になる回でしたが
 一度関わりあいになった以上、「人は一人では死ねない」も良かったですね。

 知り合いを見捨ててはおけない、命がかかってるなら尚更!

 次回、第11話「強さの意味」
 トラウマ全開から一転、いよいよ解消の時なのでしょうか?