GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ2wei!第9話「独りの戦い」感想

怖いお姉さんの本気vs本気! ルビー達が言い淀む「宝具封じ」とは?

イメージ 23

イメージ 24

 相変わらずバトルシーンがガチすぎて、思わず見入ってしまうプリズマ☆イリヤ二期。
 特に、イリヤの為に絶対に引かないミユの姿!
 バゼットさん強すぎィ!

 今回ばかりは相手が悪すぎる! もしバゼット相手に宝具を使ってしまったら―――!!

■封印指定執行者!
 ほぼ全編バトルでしたが、バゼットさんが動き続ける為、飽きさせないのが凄いです。
 彼女の強さ、そして「ライダー」となったミユがカッコイイ!

 痛みに耐え抜くイリヤとクロ、颯爽と現れるミユ!

 圧倒的過ぎるバゼットだけでなく、イリヤ達三人も凄くカッコ良かったですね! 

ミユ『ゼブンの水ようかん、その存在感は“アジアの神秘だ!”、とッ!』

イメージ 2

 一方、ミユは水ようかんを探していた。

■奮戦が奮戦を呼ぶ
 凜とルヴィアの着任以前、自身の実力で黒化英霊「アーチャー」「ランサー」を屠った怪物。
 魔術協会の戦闘屋、バゼット・フラガ・マクレミッツ

 アーチャーの力をベースにしているクロは、その戦闘術を見抜かれて敗退。

 イリヤも奮戦するが、クロが敵わなかった怪物相手に敵うはずもなかった
 だが、なおカードだけは握り締め続ける。

 遅れて駆けつけたミユは、そのカード「ライダー」に転身し、徹底抗戦!

 しかし、切り札「ベルレフォーン」を使おうとした時
 バゼットは不可解な動きをとる。

 次回、第10話「その手が守ったものは」

魔術師関係者『――――はい、自分の役目は解っています。それでは直ちに』

『さて。帰って寝ましょ』

イメージ 3

イメージ 4

 直ちに(仕事をやるとは言ってない)。

■一方その頃
 魔術師協会の執行者が動いている
 その連絡を受け取った、ダメな保険医が帰宅したその頃。

 突然でかけていったイリヤとクロに、アインツベルンのメイド姉妹は当惑顔。

 そのイリヤとクロは
 ルヴィアの家を襲ったらしき女性と、問答無用で対峙していた!

バゼット『その戦法は―――、もう、見ました』

クロ『デタラメすぎるわ!?』

イメージ 5

イメージ 6

 デタラメさんにデタラメ呼ばわりされる事案。

■クロ、戸惑う
 強襲に即応するクロに、バゼットは不敵に笑う。
 英霊カードを内包、聖杯戦争の為の「知識」を植えつけられた少女がクロ。

 スペックと魔術知識で絶対的な強さを誇るはずのクロだが、果たしてバゼットの敵では無かった。
 戦いの中、バゼット「その戦い方」に見覚えがあると言い捨て
 クロを圧倒する。

 バゼット強い! スマートに戦うクロを、強引にパワーで蹴散らすこの感じ! バゼット強い!

ルビー『アーチャーとランサー、それを仕留めたのが彼女です!』

イメージ 7

イメージ 8

黒化アーチャーです。決してアンリ・マユじゃないんで!

■英霊を殴り殺す女
 英霊並みの力を持ちながら、為す術なく倒されたクロ。
 それもそのはず、バゼットは「黒化アーチャー、ランサー」を倒した実力者。

 イリヤ達以前に、カード回収任務を命じられた実戦部隊だったのだ。

 その後、政治的変動で「回収は時計塔の管轄」に移り
 バゼットは任務から外された。

 黒化英霊すら一蹴した彼女の強さに、ルビーは「決して勝てない」と忠告するのだが―――。

イリヤ『私達は、命懸けでカードを集めたんだ。勝手に持ってかれるなんて!』

イメージ 9

 イリヤさん男前!

■戦う理由
 バゼットが「カード回収」に来た理由、彼女の強さを理解し、なおイリヤは立ち向かう。
 カードは、自分達が命を懸けた事そのもの
 でもそんな事より

 でも、そんな事より――――、友達を傷付けた、それだけは絶対許せないっ!

 イリヤ格好良い!
 が、任務に忠実なバゼットに躊躇は無い
 そもそもクロが分離し、出力が大幅に下がったイリヤに勝機があるはずもないのだが――――。

ルビー『彼女に対し、大技や切り札といった攻撃は、絶対にしてはいけません!』

イメージ 26

 なおかつ、更に勝機を奪う発言をするルビー。
 どうやって倒せっちゅうねん!

 説明しているヒマはないですね、とにかく応戦を!

 ルビーの言葉通り、矢継ぎ早に仕掛けくるバゼットを前に、イリヤは勇ましくも防戦一方に。

バゼット『小賢しい真似を!』

イメージ 10

 全面防御が破られると見るや、防護壁を多重に一点展開するイリヤ
 相変わらず、土壇場の応用力が凄い!

 それでも破られてしまうが――――

イリヤ『これでも無駄が多すぎる! もっと的確に、効果的に……!』

イメージ 11

 戦いながら打開策を考え続けたイリヤは、固い防護壁を「バゼットの腕を」狙って、精密に展開。
 少ない力で、確実に彼女の動きを拘束してしまう。

 弱くたって、出力が無くたって、戦い方は―――、あるッ!

 空中を踊るようにかわしつつ
 魔法を展開、拘束、砲撃を放つイリヤ毎度ながらバトル作画が本気すぎる!

ルヴィア『寝ている場合ではありませんわ、目的はカード。ならば―――!』

イメージ 12

イメージ 13

 ルヴィアさんの株がストップ高

■凜の切り札
 一方、なんと逃れていたルヴィアは、凜に向かって軽口を叩く。
 凜が来ていたこと、そして「切り札」を察し
 ずっと足止めに徹していたのだ。

 急ぎますわよ、手遅れになる前に………!

 重態の身で、イリヤたちを守るべく動くルヴィアと凜。その切り札とは。
 ああ「水ようかん」を頼むんじゃなかった!

バゼット『子供ながら、よくここまで持ちこたえたものです』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 ごめんなさいからの不退転の決意、どんだけ健気なのイリヤ

■この一枚だけは
 結局、拘束を強引に振りほどいたバゼット渾身の一撃を受け、イリヤも重態に。
 おまけに「死痛の隷属」で痛みを共有するクロも
 根性で立ち上がるが、倒される。

 ごめん、なさい……、せっかくクロが時間を稼いでくれたのに、カードを奪い返せなかった……

 自分自身、身体を引き摺り謝り続け
 なおイリヤは諦めない

 せめて一枚だけは、この一枚だけは取り返すとあがくイリヤから、バゼットは強引に奪おうとする。

クロ『―――やっと来たわね、こわーい、お姉ちゃんが……!』

ミユ『イリヤは、私が守るッ!』

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 クロと戦った時といい、ミユさんの男前さは異常。

■本領発揮
 窮地に現れたミユは、たった一枚だけ守り抜いた「英霊カード“ライダー”」を託される。
 奇しくもこれは、イリヤとミユがが出会った時の一枚
 その真価!

 ライダーの英霊、その真価は、幻獣の召喚と騎乗だったようです

 イリヤ自身は知らなかった
 彼女が知っている、“杖に宝具だけを展開する”術ではなく、自分自身を英霊と化す英霊変身術!

 今まではクロがやっていたので、イリヤはまだ知らなかったんですよね。

ルビー『英霊と化す! 過去に二度、イリヤさんがアーチャーでやった事です!』

バゼット『仮説はありました――――』

イメージ 21

イメージ 22

 英霊そのものとなったミユの前に、さしもの、暴走英霊を倒したバゼットでも手を焼いた。
 能力を使いこなすミユは、黒英霊よりもよほど強い!

「一つだけ答えて、ルヴィアさん達の姿が見えない、どこへ行ったの……、答えて!」
「―――そこの瓦礫の下です」

 劣勢に陥ってなお、バゼットは言葉少なく挑発する。

 というか、いくら通常モードとはいえ「対軍宝具」の攻撃に耐え続けるって、どんだけ頑丈なんだ!

『そう、なら手加減はしない!』

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

 魔眼解放ミユ、カッコ良すぎ! しかし……。

■Answerer
 ミユは魔眼で拘束、突進力を最大化する宝具「騎英の手綱(ベルレフォーン)」を解放するのだが――――。
 ルビー、サファイア、凜が散々ツッコミを入れているように
 実はバゼット相手に「大技の使用は厳禁」

 バゼットに挑発され、五次ライダー必殺の「対軍宝具」を発動した、彼女の運命は?

予告クロ『まったく悪い冗談だわ、この私が誰かに“願いを託す”なんて……』

イメージ 20

イメージ 1

 バカがつくほど真面目な姿も、頼れる優等生としても、そして可憐さも一級品。

バゼット隠し球
 ミユの敗北寸前で続いてしまった第9話、一期同様なら、次回「第10話が最終回」のはずですが……。
 予告、公式サイトには「最終回」の文言は見当たりません。
 ここは12話までやって欲しい!

 ランサーのゲイボルグと同じくらい、バゼットの強さが描かれるプリズマ☆イリヤ

 英霊を素手で屠る怪物女、その、本当の「奥の手」とは!
 そしてプリヤはシリアスのまま終わるのか!?

 次回、第10話「その手が守ったものは」