GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

まじもじるるも 第9話「誰にも言えない秘密」感想

いわゆる女子回。柴木耕太、再び謎の名言を残す第9話

イメージ 1

イメージ 19

 納得のサブタイトルと、まさかの下村回。この子に個別回があるなど、誰が予想しただろうか!
 想定の三倍は可愛かった下村さん、イベントに出なかったのが惜しまれる……。
 誤解してましたが、周囲もすごく好意的でしたしね。

 違いがあるとすれば、それは“大事にされているかどうか”、だぜ?

■そしてこの迷言である
 前半下村、後半はブラ回と女子メイン回。
 なのに耕太の印象強さ!

 乳のサイズに悩む三人組、ラスト、違いに気付かれないるるもも可愛すぎましたねー。

下村委員長『―――人は誰しも、他人には言えない秘密を持っている』

イメージ 2

 初登場時、彼女にメイン回があるなんて想像もしませんでした……。我ながら想像力が足りなかった!

コスプレイヤー下村雅子の事件簿
 念願のコスプレ仲間、るるもを我が家に誘い、仲を深める下村雅子。
 しかし、彼女を通じ「レイヤーである事」が漏洩し
 雅子は愕然とする。

 けれど、るるもに一片の悪意も無いと気付いた雅子は仲直りし、また一つ思い出を作った。

 それからしばらく
 るるもが、「ブラが欲しい」と相談してくれた事に舞い上がった雅子は、クラスメート達と奮闘。

 雅子、るるも、風紀委員長井上の三人には、また特殊な友情が芽生えるのだった。

 次回、第10話「混浴旅行in尾々神村」

下村『(不味いわ、不味いわ! 私がレイヤーだとバレてしまうっ!)』

想像上の柴木耕太『ハハ! 真面目な顔して、コスプレマニアだってよコイツ!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 26

 耕太はそんな事いわない!

■度肝を抜かれた話
 前回、一学期が終わった――――、と思ったら二学期が始まっていた第9話。
 風紀委員三羽烏の一人にして、最も地味でコスプレな下村
 クラス委員長の下村の回!

 雅子って呼んで! 一緒にイベントがんばろうね、るるちゃんっ!

 自信作のカチューシャを落とした雅子
 それをるるもに拾われ、ついでとばかりに彼女を招いた。

 あっという間もなく舞い上がった雅子、コスプレ姿を披露、るるもとイベントに行こうと意気込む。

るるも『―――誰?』

イメージ 5

 るるもをコスプレ好きと勘違いし、滔々と想いを語って語って語り倒す雅子!
 どこの美少女だ!

 風紀委員長といい、本作でのメガネは夾雑物扱いだってのか!
 眼鏡は外したほうが可愛いってのか!

 だが可愛いじゃないか!

るるも『―――それは、雅子のコスプレへの想いが込められているんだな』

イメージ 6

 るるもは、正直コスプレの事は解らないし、押し付けられた「アニメ」も良く解っていない。
 イベントの事も、「気付けば参加することになった」と言い切った。

 だがそれでも、雅子が熱い事は解るのだ。

 語りすぎたと後悔する雅子。
 だが、そんな彼女に、純粋に「想いが込められている」と評するるるも。

 良い子じゃ……………。そりゃ雅子ちゃんも語りたくなるわ。

耕太『へぇ……、“先生”って、そんなに歳が離れてるのか?』

るるも『いや、耕太と同じだ。風紀委員の、下村雅子だ』

イメージ 7

 いわゆる“友達バレ”。見てるだけで胃が痛いわ!

■おもろうてやがて悲し
 しかし、レイヤーの業を理解していないるるもは、雅子の事を耕太に言ってしまう。
 クラス中にバレたと知り、雅子は逃げた。

 私は、もう二度と人前でコスプレの事は口にしない―――!

 脱兎の如く逃げた雅子は
 そのまま「イベントの辞退」を電話で連絡、深く深く後悔する。

 かつて同じような状況で、深く傷付けられた雅子には、逃げ出すしか選択肢は見つからなかった。

るるも『これは、大事なものなんだろう? ……確か、18本目の話に出てきたな』

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 1

 思い出の一枚。幸せの一枚。

■大事を大事にする思い
 校舎裏、るるもと偶然顔を合わせた雅子は逃げ出すが、「カチューシャ」を落っことしてしまい
 語りあう内、るるもが、自分をバカになどしていないと気付く。

 あなたにあげようと思って作ったの。嬉しかったから、友達になってくれて―――

 るるもの場合、自分が不器用だと知ってるから
 だから、いつでも全力なんですよね。

 解らないなりに、雅子が大事に思ってるのは解るから、だから本気で向き合うるるも。素敵だと思います。

『良い感じ♪』『記念、という奴だな』『うん!』

『どんどん増やそっ♪』

イメージ 24

 その結果、どんどん深みにひっぱり込まれるルルさんであった。
 おい、雅子も困った子じゃないか!

 え?

 良いぞもっとやれ!

るるも『………胸あてが切れた。170年も使っていたからな………』

イメージ 10

 チッ、なんて強烈なラブコメの波動だ!

■るるも、意識する
 Bパートも「衣服」つながりで、胸当てが切れたお話。
 チチバンドである。

 近い……、近いぞ、見えてないだろうな? バレてないだろうな……!?

 代わりが無いので、ノーブラのるるも。
 そんな時に限って耕太がトラブり、彼の手が「乳」に近付く。

 元々恥ずかしがり、おまけに耕太、イヤでも意識してしまうるるもだったが――――。

耕太『どうした、風邪か?』

るるも『大丈夫、大丈夫………』

イメージ 11

 にしても、テレてグルグル目になるるるさんの破壊力!
 おい待て可愛すぎるぞコレ!

 Aパート雅子もかわいかったのに、Bのるるもも可愛いとはどういうことだ!

雅子『任せて! 詳しそうな人に聞いてみるからっ!』

るるも『いや、それほど事を大きくしては』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 大事になってるじゃないか!

■一致団結大騒ぎ!
 衣服つながりで雅子に頼んだるるもだったが、今度は雅子が大暴走! 彼女がどんどん広めてしまう。
 気付けば近場の女子を巻き込み、一大「ブラ」騒ぎに!
 恋のブラ騒ぎ。

 巨乳は人をひきつけるのですっ! 万有引力って奴です!

 そして出ました迷言。
 巨乳という、新たな知識に戸惑うるるもに、巨乳とはなんぞや?を答える棚子。そうだったのか!

棚子『巨乳とは、振り返ったとき―――、胸が遅れてついてくるのですっ!』

イメージ 16

 にしても、過酷な展開であった。
 なんだこの絵面。

るるも『お前もやはり、“きょうにゅう”の前にひれ伏すのだな――――』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 出番少なかったくせに、美味しい所をもっていくナイスガイ。それが柴木耕太である。

■その男、乳すべて尊しと語る
 気付けば女子に囲まれ、ランジェリーショップへと行軍するるるも。
 昨晩以来、るるもの体調が悪いと誤解する耕太。

 違いがあるとすれば、それは“大事にされているかどうか”、だぜ?

 だが、貧すれば鈍しに陥ったるるもを
 耕太は事も無げに笑った。

 女子の胸に、詰まって居る夢は同じだ。
 彼の言葉に「胸を大切にする」という想いを託されたるるもは、改めてブラを買う。

『そうか、だから地上のブラという名の胸当ては、優しく、柔らかく、包むのか』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 みんなの選んでくれた、飾りのついた胸当てを自慢するるるもだったが
 当然、鈍感柴木が気付くはずもなく。

 良かったよ、元気になって。ようやくいつものるるもに戻ったな――――

 残念だが当然。
 すっかり落ち込んだるるもに、チロは容赦なく「外からじゃ解らんて」とツッコむのだった。解ったら怖いよ!

予告るるも『―――恥ずかしいな?』

イメージ 24

イメージ 25

 しかし真面目な子である。そこがかわいい。

「思い込み」は「思い出」に
 るるもを「コスプレ仲間」だと勘違いしていた下村さん、まさかの下村回!
 勝手に思い込んで、勝手に舞い上がって
 でも大切な思い出になった。

 勝手と言えば勝手な思い込みですが、そこからこんな話にもってくるスタイル、好きです。

 また、るるもが学校の女子にも受け入れられている
 その強調回でもありましたね。
 仲良すぎィ!

 次回、第10話「混浴旅行in尾々神村」