GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

アカメが斬る! 第9話「戦闘狂を斬る」感想

スムーズ捕縛術。変人揃いの“イェーガーズ”、結成! どうするタツミ!

イメージ 13

イメージ 1

 予想の内とはいえ、想像以上のスムーズな捕縛術。タツミの器、デカすぎィ!
 変人率いるエスデス将軍に気に入られてしまったタツ
 彼も変人となってしまうのか!

 褒美だ。今から“私のモノ”にしてやろう―――!

■変人処理班タツ
 しかし、“あちら側”の事情が描かれてみれば、あれはあれで面白い連中と言うのが面白い。
 無論セリューを筆頭に、ブッ壊れているのかもしれませんが。

 はてさて、タツミはどうやって逃げ出してくるのやら。

マイン『―――よし、治った! もういつも通り戦えるッ!』

イメージ 2

 積極的にサービスシーンを入れていくスタイル。

■熱い視線で
 シェーレに続きブラートまで失ったナイトレイドは、ナジェンダ隊長自ら新メンバー招聘に出向。
 まだ顔が割れていないレオーネ、ラバック、そしてタツミは
 帝都へと偵察に出る。

 一方、長年の部下「三獣士」を失ったエスデスは、新部隊「イェーガーズ」を結成。
 更にナイトレイドから得た帝具の使い手を捜すべく
 武闘大会を開催した。

 しかし、エスデスに興味を持ったタツミは、若き強者を求めていたエスデスに見初められてしまう。

 エスデスは即座にタツミを捕縛。
 事情を知らぬナイトレイドは、知らぬなりに奪還を模索するのだった。

 次回、第10話「誘惑を斬る」

タツミ『着けてみて解ったけど―――、身体を作らねえと……!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 一方アカメ、要らん事を言ってレオーネに殴られる。かわいい。

■日々之鍛錬
 前回「インクルシオ」を継承したタクミだったが、装備していると体力がもたない。
 やはりアニキは偉大だった。

 厳しく鍛えていきゃあ、それこそ俺を越える男になるかもしれねえ―――。

 まだ、決して「強い」訳では無い。
 しかし日々鍛え続けた心身は無駄ではなく、その素質をアニキは認めていたという。

 そのひたむきさに、思わずマインも頬を染めた。タツミ爆発しろ。

ナジェンダ『ブラートが見込んだような、男になってみろ』

イメージ 7

イメージ 8

 隊長は後をアカメに託し、本部に「帝具」を届け、補充要員をもらって来ると旅立つ。
 忙しい人である。

 しかし「表の歴史に残らない暗殺部隊」
 かつ、危険種を楽勝で倒せるタツミでも「雑魚扱い」されるレベルとなると、相当厳しいでしょうな。

エスデス『リヴァ、ニャウ、ダイダラ、お前らは負けた。つまり弱かったという事』

『仕方ない部下共め―――、仕方ないから、私が仇をとってやろう』

イメージ 9

 一方、「強さ」を理念とするエスデスは、倒れた三獣士を「淘汰された」と言い切るが
 言い切ってなお、仇を取ってやると告げる。

 善悪が無いなりに、身内を切り捨てないエスデス。

 下手に「正義」に囚われているセリュー辺りと比べると、好感度が高いかもしれません。

『俺の名はウェイブ、帝国海軍で戦っていた、海の男だ―――』

イメージ 10

イメージ 13

 やべえ、ウェイブさんタツミと馬が合いそう。

■狩人たち<イェーガーズ>
 さて、そのエスデスが招聘した「帝具使いによる特務部隊」も発足した。要するに変人部隊である。
 海の男ウェイブ、人見知りの火炎男、絶対正義
 変人、貴人、アカメの妹。

 どいつもこいつもクセモノ揃いだが、もちろん一番変人なのはエスデスだ!

 忘れられないキャラ立て!
 帝国版ナイトレイドと呼べるチームだが、その実力については次回! いよいよライバル出現!

クロメ『このお菓子はあげないっ!』

ウェイブさん『(ちょっと変な子だったぁ……)』

イメージ 11

 にしてもクロメ、お前さんもハラペコキャラか! 多分、幼少期に飢えていた反動って辺りなのか?
 操る帝具は、刀タイプの「ヤツフサ」。

 となると、モチーフは「南総里見八犬伝」なのでしょうね。
 アカメも「村雨」ですし。

『帝都警備隊、セリュー・ユビキタス! &コロです!』

イメージ 12

 セリューの両腕は義手に。

 武器を仕込めたくらいですから、斬られてもつなげるかのか?と思いきや、そう簡単でもないらしい。
 で、彼女がつれてきた「ドクタースタイリッシュ」が
 それを仕込んだ医者か。

 オーガーさん、顔広かったんだなあ……。

ウェイブ『ボルスさんが優しそうな人で、安心しました』

『―――私は、優しくなんか、ないよ……』

イメージ 14

 で、チームのオカンとなるマスクメン、焼却部隊所属だったボルスさん。
 戦いは非情。

 なまじ、人が良いだけに苦しんでるタイプのようですが、果たして誰とぶつかるのでしょうね。

タツミ『具体的に、どこまでヤバイ奴なんだ?』

ラバック『んじゃエピソードを一つ、数年前、南西の異民族との戦争の話だ』

イメージ 16

 イェーガーズ登場により、相対的にキャラが薄くなってしまったラバックさん。

■戦闘狂エスデス
 偵察の為、帝都に設けたアジトに集う「顔バレしてない三人組」
 タツミにラバック、レオーネ。

 ラバックが言うには、エスデスは、帝国将軍時代のナジェンダの同僚。
 数年前の時点で、既に三獣士を従えており
 絶大な戦闘力を有した。

 特に怖いのは戦闘癖で、倒した相手をわざと逃がし、戦乱の為を撒くことすらあったという。

 反発したナジェンダは軍を離反。
 また、当時は「両眼、両腕が健在だった」事から、右腕右目を失ったのはこの後という事になる。

レオーネ『ヒャッホー♪ ようこそ帝都の隠れ家へ♪』

タツミ『姉さん、くつろぎすぎ!』

イメージ 15

 しかしこのシーン、すっかり出来上がったレオーネ姐さんがミョーに可愛い。
 タツミ、よりどりみどりじゃあないか!

ラバック『気になるなら見てくれば良いよ、エスデス主催、都民武芸試合―――』

タツミ『(―――三獣士の迫力と比べたら、全ッ然たいしたことねぇ!)』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 1

 見事な対術・素敵な笑顔! こりゃ惚れられるのも仕方ないですわ。ナイス笑顔!

■「恋人」の条件
 エスデスに興味を持ったタツミは、彼女主催の武芸大会に参加する。
 実は、シェーレの帝具が賭かっていたのだが
 まさか知る由もなし―――。

 若さに見合わぬ実力で、都民を魅了するタツミ!
 円を描く格闘術!

 将軍級の器、肝が座り、辺境出で年下、そして“無垢な笑顔が出来る者”―――
 のみならず、最近「恋に恋していた」エスデスの要望
 タツミはバッチリ満たしてしまった。

 タツミ、やはり年上のおねーさんに好かれる漢であったか……。

『<第五に、無垢な笑顔ができる者が良いです――――>』

エスデス『褒美だ。今から“私のモノ”にしてやろう―――!』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 帝都の民が見つめる前で、迷わず首輪を付けられる勇気!

■コングラッチュレーション
 という訳で、エスデスの「Sな望み」を果たしてしまったタツミは
 見事、彼女のお持ち帰りに。

 な、何がどうなってるんだーーーーーーーーーー!(チャッチャッチャ!)

 やたら軽快なBGMと共に
 おめでとうタツミ、“人生二度目の、お姉さまお持ち帰られ事件”達成であった――――。

 そういやコレ、レオーネの件に続いて二度目だ!

アカメ『―――タツミは大事な仲間だ、“出来る事”をするッ!』

イメージ 23

 これでアカメに持ち帰られたら、三度目達成になっちゃうぞタツミ!

■代行の決意
 もっともラバックたちは、そんな愉快な状況とは知るはずも無い。
 ナイトレイドの一味とバレたのか?

 俺は死なねーからっ!

 熱く語ったタツミを思う。
 隊長代行アカメは、彼から情報が漏れる、彼が厳重に管理されている事も考慮しつつ、奪還を決意する。

次回、裸ワイシャツ姿のエスデスが迫る! タツミ、試練の時!

イメージ 20

 なんてこった可愛すぎるぞ!

このタマナシヘナチンが!
 過酷な戦いから、一旦の箸休めってカンジの回でしたね。
 ウェイブさん、強く生きてください。

 そんな変人達の元締め、お色気虐殺お姉さんエスデスに拾われてしまったタツミ。

 次回予告の時点で、青少年には極めて美味しいシーンでしたが
 果たしてどう逃げてくるのか!

 次回、第10話「誘惑を斬る」
 いやむしろ!