GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

将太の寿司2 World Stage 2巻 [寺沢大介]

「解決編」の第2巻! 佐治二世、ジャパンフェスタで大暴れ!

イメージ 2

イメージ 6

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 日本の「寿司」は、もう求められていない。
 求められているのは「SUSHI」だ!

 そんなアグレッシブな煽りに対し、フランスへと飛び出していった佐治二世!

 そちらの事件が解決する一方、将太二世も騒ぎを起こす! こりゃ次巻も楽しみだ!

現代、消えてゆく個人経営の「すし屋」

イメージ 4

 社会派の色が強い「二世」ですが、破天荒さや「料理漫画」っぷりは健在!

■難問
 日本のすし屋を殲滅する、その謳い文句に違わぬ回答となった第2巻。
 昔ながらの店では通じなくなっている
 そんな切ない話。

 日本に残った将太が、そうした問題に挑んでゆく一方
 佐治二世もフランスで大暴れ!

 ダブル主人公を活かし、一巻で呈示されたネタの解決、新たな「ヒキ」の呈示と、次も気になる二巻!

佐治二世、フランスの地を次々と「佐治色」に!

イメージ 7

 アンタは「ミスター味っ子」のキャラだろうが!

■満足はしていない
 単身フランスに渡った佐治将太は、ジャパンフェスタを舞台に味勝負を繰り広げる。
 勝負には負けてしまったが、「求めるものをズラす」作戦
 モナミ寿司の復活へと足がかりをつけた。

 フランスに渡ってなお「自分の腕」を見せ付けてゆく佐治。

 腕は未熟ながら「自分」を強く押し出し、成功する佐治
 若くして達人となるも、「お客」を意識しきれていなかった事を悔いる将太朗。

 同じく、「お客が見えていなかった」岩寿司の親方を手伝い、将太朗は秘策を思いつく。

日本に残った将太朗は「ジェネシス」に圧倒される

イメージ 5

 フランスから来た「黒船」ダビット・デュカスと組む女性、千成駒子。
 デュカス側かと思いきや、中立?

 その名前は豊臣秀吉を連想させますが、彼女の狙いも気になりますね。

 というか、思わせぶりな事を言いつつボリボリ喰うな! 嫌いになれなくなっちゃうじゃないか!

収録

イメージ 3

 駆け込んできた「同業者」磯源寿司さん。……って、味っ子が手伝ってたお店じゃないか!

 イブニングコミックス「将太の寿司2 World Stage 1巻」、寺沢大介
 イブニング連載、講談社発行。
 2014年7月(前巻3月)。

 第8話「プラス思考とマイナス思考」
 第9話「GENESIS
 第10話「Sahar Magic」
 第11話「岩寿司の場合」
 第12話「ってマリー!?」
 第13話「JAPAN FESTA」
 第14話「SUSHI Debut」
 第15話「最終日」
 第16話「寿司の学校」
 第17話「Winner」

 将太朗と佐治将太、どうも二人の目指す方向は明確に違うっぽい? そんな第2巻。