GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ソードアート・オンラインII 第8話「バレット・オブ・バレッツ」感想

スーパーアクロバット銃撃戦! ダインのオッサン頑張る! 頑張った!

イメージ 12

イメージ 22

 Aパートは箸休め的でしたが、大会が始まったBパートはあっという間だった!
 ゲーム内での大会、盛り上がる興奮とアドレナリン!
 参加したい!

 頼む、撃ってくれ! 早く! アイツが撃つ前に!

■観戦モード
 キリトさんのビックリドッキリ戦術により、デス・ガン観戦回と化したBパート。
 まったくイチャつきやがって!

 だが彼らが見て居る前で、デスガンはついに「現実に死ぬ銃」を発砲する……? 次回、緊迫だ!

キリトちゃん『キミ達――――、応援してね♪』

イメージ 1

 積極的にネット・オカマしていくスタイル。

■標的
 美しいビジュアルと狂戦士のような戦いぶりで、一躍「キリトさん」扱いとなったキリト。
 彼との再戦、正々堂々と決着を望むシノンも交えて
 GGOの祭典「BOB」が始まった!

 中でも、キリト顔負けのアクロバット戦法を使う新人「ペイルライダー」に注目が集まるが―――。

 彼を「麻痺」させ、敢えて、ハンドガンを取り出したデス・ガン。
 その意味に気付いたキリトは戦慄する。

 第9話「デス・ガン」

ダイン『やっべ!』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 シノンの姿に、あわてて逃げ去るダインさんであった。かわいいオッサンである。

■スタンバイ!
 ゲーム内はBOBを前に大盛り上がり!
 特に、やっぱり順位当てのトトカルチョが人気なようだ。

 ヒィ! すいませんキリトさん!

 一方、予選中は「ほぼバーサーカー状態」だったキリトさん
 ここでもキリトさん扱い。
 さすが!

 そんなキリトさんは、いつものようにシノンにルールを聞くのですが……。

シノン『ホントにメール読んだの!? 本戦は――――』

イメージ 5

イメージ 6

 惚れるほど親切なシノンさん。

■サテライト撮影
 本戦は「十キロ四方の広大なフィールド」に、30名が配置される生き残り戦。
 位置は、十五分ごとに上空から撮影
 全員が把握できる。

 時間も午後スタート、いずれ夜に入ってゆくのでしょう。

 参加者が出来るだけ公平になるよう、様々なアイデアが盛り込まれているようです。楽しそう。

シノン『――――まだ何かあるの?』

キリト『ここからが本番なんだよ!』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 新川君もベタ惚れ、シノンによるクールなジト目。

■デス・ガン候補生
 視聴者にルール解説してくれる親切なキリトさんでしたが、本命は「デスガン」の特定。
 自分同様、GGO新人だとアタリをつけていた彼は
 シノンさんに話を聞きます。

 銃士X、ペイルライダー、Sterben、この三人が候補か?

 理由を執拗に聞き返すシノンに、以前「殺しあったかもしれない」事だけを告げるキリト。
 ゲーマーである彼女は、キリトを「SAO参加者」だと悟ります。

シノン『“それでも君は引き金をひけるか?”』

イメージ 10

イメージ 11

 キリトが、「実際に殺しあったのだ」と悟ったシノン
 ここで口をつぐんでくれました。

 以前は察しただけだった、けれどこれで、シノンは「キリトが同じトラウマを持っている」と確信。

 誰かを守る為に、誰かを殺した者同士。
 その事を苦しむもの同士。

 キリトさんは気付いていないと思いますが、シノンはますます目が離せなくなるのでしょうね。

シノン『―――でも、私との約束はまた別の話よ?』

イメージ 12

 ひたすらに再戦を願うシノンさん、こう再戦再戦言ってるのを見ると、再戦しないのでしょうか?

番組司会『バレット・オブ・バレッツ、スタート!』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 司会ちゃん、やたら書き込み量が多いのは何故さ!?(絵的な意味で)。

■お祭り、開始!
 ネットゲームとして規模が大きく、ネトゲ専門番組「実況」の下、BOBスタート!
 銃を鳴らし花火を飛ばし! 否が応にも盛り上がる!
 楽しそう!

 移動しつつ撃ちあうもの、腰を据えて近付くものを殲滅する者―――

 中でも、以前シノンが参加したプレイヤー狩りチームのリーダー
 ダインのオッサンが頑張る!

 だがオッサンは、既にシノンにロックオンされていた! まあひどい!

『待つんだ、提案がある!』

イメージ 18

 衆人環視の下、シノンを押し倒すキリトさん。

■私にいい考えがある
 が、サテライトで周囲を警戒したはずのシノンは、突然現れたキリトに押さえつけられる。
 ダインを追うのは「謎の新人」の一人
 ペイルライダー。

 その名は、黙示録に登場する死を司る騎士!

 キリトさんは、決闘を約束してシノンを黙らせると、ダインvsペイルの観戦に入るのでした。

キリト『あの青いヤツ強いな……、あれがあのマントの中身なのか?』

『『―――え!?』』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 この世界には、キリトさんもビックリの達人がまだまだ存在した!

■世界広し
 歴戦の勇士ダインをして、「なんだアイツは!」と言わしめた怪物新人ペイルライダー。
 その特性は、装備を最大限軽くしてのアクロバット殺法!
 中国雑技団ですね!

 体操選手顔負けの超絶回避を駆使し、キリト並みの回避で接近、着実にダインを仕留める。

 だが、圧倒的な強さを持つペイルライダーは
 不意打ちによって倒された。

 キリトもシノンも聞こえなかったほどの、超静音な一撃!

シノン『川の底にもぐっていれば、衛星写真に補足されないって事ね?』

イメージ 23

 彼を倒したのは「デスガン」! キリトいわく、川の底ならサテライトスキャンにも映らない。
 同じように、何かの遮蔽物に隠れていたのでしょうか?

 フル装備のまま、唐突に出現するデスガン。

※キリトさんは、装備が壊れないように一旦全部「格納」して泳いだそうです。全裸で。

キリト『頼む、撃ってくれ! 早く! アイツが撃つ前に!』

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

 十字の祈りを切るデス・ガン、キリスト教徒なのか?

■「死の銃」迫る
 静音狙撃の理由は「サイレントアサシン」と呼ばれる、極めて希少な静音装置付き狙撃銃。
 シノンですら驚くレアさ、GGO歴の長いプレイヤーなのか?

 静音銃で「麻痺<スタン>」させたデスガンは、ハンドガンを取り出す。

 敢えてハンドガンを使う意味。
 そして仕草。

 強プレイヤーを狙って狩るデスガン、現実に死ぬ銃、気付いたキリトは「撃て」とシノンに促すが―――

次回、早くもデス・ガンと対峙か。ペイルライダーさんは生き残れるのか!

イメージ 19

 スゲー強さ! デスガンか!? → 違います。むしろ「強いからデスガンに狙われます」の流れ。

■お祭りを血に染めて
 一応、シュピーゲル新川くんは「外で見てる」描写がありましたが、やっぱり別人なのでしょうか。
 同じ趣味に集ったネトゲプレイヤー同士
 お祭りに盛り上がるGGO!

 だが楽しいはずのお祭りに、堂々と姿を見せたデス・ガンの真意とは!

 そして、嫁さんが見てるのにイチャつくキリトさん!
 彼は果たして生き残れるのか!

 次回、第9話「デス・ガン」