GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

スペース☆ダンディ 第20話「ロックンロール☆ダンディじゃんよ」感想

勘違い? ロンリィナイ! cv神谷浩史氏とロックに駆ける「帝国回」じゃんよ!

イメージ 10

イメージ 18

 のっけからビックリさせられた「ジャイクロ帝国総帥」とのコラボ、そんな背景があったのか!
 BGM、演出、ロック、ロック作画! すべてがいい加減!
 まさにノリノリの第20話だったじゃんよ!

 お・ま・た・せ!

■スペース☆お忍び
 高貴な人が、「自分の力で成功させたい!」とお忍びで参加
 古典的なネタが心地よかった第20話!

 こうして、彼らのデビューライブは伝説となり、同時にラスト・ギグとなったのである

 とにかく要所要所がムダにカッコよく! そしていい加減なオチだった! ダンディは最高じゃんよ!

将軍『奴らの最終破壊兵器“コレー”を車検に出すとのこと――――』

イメージ 1

 アンタ、総帥だったのかよ!?

■総帥ロック!
 宇宙を二分する勢力、ゴーゴル帝国の切り札「破壊兵器コレー」が車検に入る事が決まった。
 その隙を突き、ジャイクロ帝国は「アレー」を出撃させる。

 だが銀河大戦は、後に伝説となる一発屋バンド「DROPKIX<ドロップ・キックス>」により回避された。
 ジャイクロの総帥ジョニーは、密かにバンド活動を行っていたのである。

 ダンディとジョニー、二人の歌は宇宙を救ったのである―――。

 次回、第21話「悲しみのない世界じゃんよ」

ダンディ『やっぱ初詣は、成田山アンドロメダ別院だよなぁ?』

ジョニー『解ってるじゃねぇか、やっぱ交通安全は不動明王じゃないとな?』

イメージ 2

 なんてこった! 成田山がダンディファンの聖地に!

■鼻歌まじりのドロップキック!
 お馴染み「帝国」と二分する宇宙大勢力、ジャイクロ帝国の若き「総帥」には別の顔があった。
 お忍びでロックスターを目指していたのである。

 バンド、やらないか?

 トイレでダンディの鼻歌を聴いた彼は
 ひとしきりケンカし、意気投合、バンドを結成する事にしたのである。

「お前! 手ェ洗ってないだろ?」
「お前こそ! ウンコ流してねェだろ!?」

 台詞回し、動画、BGM、効果音! なによりシナリオの流れがおかしい! これでこそダンディ!

ジョニー『とにかくデビューは、ドハデにスペース☆武道館でやろうぜ!』

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 若さゆえの過ち!

■夢ばかりのロックン☆ロール!
 で、結成したは良いが、ロクに練習も歌作りもしない。
 本作にそんなもんは無い!

 物販のTシャツで揉め、貰ってもいないギャラで揉め、一通りのバンドの揉め事を経験した彼らだが―――

 ジョニーの正体は「バイト中」という事にしておき
 あっという間に、バンド活動以外で、バンドマンの生き様をコンプリートしてゆく

 バンドマンの流れを30分に圧縮してゆくスタイル。

『“ジョニー・フューチャリング・お前ら”!』

『“ダンディ&その辺にいた奴ら”!』

イメージ 3

イメージ 4

 にしても、バンド名での我の張り合いと、圧倒的なコラ画像がまた面白かった!
 どっかで見た事あるぞオイ!

 どんどんテキトーなネーミングになっていきつつ、放り投げる二人。

 順番は前後しますが
 こんな感じで、とにかくひたすら「揉め事」だけコンプリートしていったのですが――――

ハニー『“ドロップキックス”は?』

イメージ 8

 けっきょく、ハニー命名の「DROPKIX」に決定。
 ドロップキックばかりだから……。

「DROPKIX……、か」
「悪くねえなぁ」

 にしても、cv神谷さんのDROPKIXがスゲェ発音良くて笑えます。

ジョニー『曲なら俺に任せろ。―――曲待ちだ』

『いいか? 名曲は作るもんじゃない、“降りてくる”もんだ』

イメージ 9

イメージ 10

 一体どれだけの刻<とき>が流れたのか――――。

■名曲、降臨
 さっそく小さなライブハウスが確保できたが、まだ「曲」すら出来ていない。
 だが、ジョニーは自信満々で「曲待ち」に入った。
 曲待ちの儀式!

 さんざボケ倒したジョニーだったが、偶発的なメロディに刺激され、ギリギリで曲を完成!

 付き合ってたダンディもダンディである。
 ダンディと言えるはず。

『待ってる間、ずっと楽器の練習してたんですけど』『どうですか?』

ジョニー『お、おう。よろしく!』

イメージ 11

 技術的な課題も、ずっと練習してた、の一言でなんとかするボンクラとポンコツ
 BBPとか言われてますが、ミャウとQT優秀過ぎィ!

 なにげにバンドハウスの手配もしてるし!

『ある意味伝説であった、一曲しか無いのに、二時間もライブをやったのだ』

大手社長『―――YOU達なら、銀河でナンバーワンになれるYO!↑』

イメージ 12

イメージ 13

 社長はグレーゾーンなcv、三ツ矢雄二氏。キテレツ大百科のトンガリ君かぁ……。

■そして伝説は始まった
 もちろん、初ライブはグダグダだったが
 それが原因で乱闘となり、ニュースになって曲が知られ、大手社長の目に留まった――――

 トントン拍子とかいうレベルじゃねえ!?

 社長は無茶で横柄なオーダーも快く受け入れてくれ
 あまつさえ、後述する「初ライブ」でも、ダンディ達を気遣ってくれた。なかなかの人物である。

将軍『ゴーゴルが、破壊兵器“コレー”を車検に出す日が判りました!』

ジョニー『――――デビューライヴに、行けなくなった……』

イメージ 14

 War or gig、Gig or war……、矢島ナレーションが哲学的過ぎる。

■ジョニーは戦場へ行った
 しかし、お察しの通り「デビューライヴ」と「帝国軍総攻撃」がダブルブッキング。
 ウォー・オア・ギグ、ギグ・オア・ウォー
 ジョニーは戦場を選んだ。

 俺は―――、総帥なんだ。ジャイクロ帝国の皇帝だ!

 総帥の責任を選び、告白するジョニー。
 もちろん、ダンディもその言葉すべてを信じられる訳が無かった、理解できる訳が無かった。だが!

『馬鹿野郎、金持ちだろうが貧乏だろうが、ステージに上がるのに関係ねえよ!』

イメージ 15

 たった一つだけ理解できたのは、ステージに上がりたいって気持ちだけだ!
 本当に行きたけりゃ、立場なんて関係ねえ!

 お前、本当はビビッて逃げんだろ!?

 その言葉にロックを感じる総帥
 だが、それでも「総帥の責務」を遂行する為に、ジョニーは戦場へと向かうのだった。

将軍『総帥! 攻撃命令を……、総帥が、いない!?』

ジョニー『お・ま・た・せ!』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 カッケェ! とにかくカッケェ!

■ファースト&ラスト
 だが、それでもジョニーは帰って来た!
 満員のスペース☆武道館に、あがき続けるダンディを見捨てておけなかった!

「驚かねぇぜ? ……お前がいなきゃ、バンドは始まらねェ」
「お前の歌が、俺にも必要だ………!」

 戦場から「コレー」と共に帰って来た総帥は
 総帥の証たるコートを投げ捨て、たった一人のジョニーに戻って歌う!

 歌って歌って尻を回して尻を踏まれて!

 そして、最終兵器「コレー」をも巻き込むとんでもねぇ爆発オチと共に、ラストギグとなったのだった―――。

予告『自分が寝てるのか、起きてるのかも解らない、そんな気分の一本』

イメージ 22

 次回予告、何故かゲル博士。EDはSP曲「かんちがいロンリーナイト」に差し替え。

■ラスト・ギグ!
 チャンチャンってなオチは、どことなく「こち亀」って感じですね。
 ダンディのいい加減さ、人懐っこさと万能さ!

 しかし、第一期で出てきた「ジャイクロ帝国」ネタがここで再登場するとは……。

 深読みすると「コレ」って伏線?
 まさかね!

 最ッ高にいい加減で
 そして良い加減なシナリオに
 グイグイ動く、生物的な動画がスゲェピッタリでした! やっぱダンディって凄い作品ですわ!

 次回、第21話「悲しみのない世界じゃんよ」