GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

まじもじるるも 第6話「雨の日のジケン」感想

“ちょっと良い話”で終われなかった第6話。いつにない後味………。

イメージ 11

イメージ 19

 予告通り、捨て猫をひろった”というイベントから、チロとるるもの出会いを描き、掘り下げた回。
 また、悪友を介して「耕太が、女子以外で熱くなるなんて珍しいな
 なんて言わせたり、心温まる話。

 かわいいから、好きなのか? ――――何を浮かれている、私。

■切ない第6話
 懐かれるのが嬉しい、という耕太に浮かれてしまうるるもとか。
 その辺も可愛く、耕太くんも凛々しく……。

 心温まるエピソードでしたが、オチが切なかった。思えば丁寧な前振りが幾つも………。 

悪友トリオ『『『アレはアレで、可愛かったなぁ~~♪』』』

イメージ 2

 前回、方々でるるもが目撃。その結論がコレだ!

■雨の日のジケン
 ある夏の日、三匹の子猫を拾った耕太は、「サツ」「ジン」「ジケン」と名付けるが
 家では飼えないことから、学校の裏手に住まわせ
 里親探しに奔走する。

 しかし、季節外れの大雨で三匹はズブ濡れになってしまい
 身体が弱かった「ジケン」は事切れてしまう。

 お前に拾われなければ、とうに命は尽きていた―――

 るるもの励ましを受けたものの
 夏の最中だというのに、耕太はしばらく放心したままになるのだった。

 次回、第7話「伝説の水着」

耕太『(この状況への対処次第では、俺のあだ名はMr.ピックアップエロ本!?)』

『おお~! なんて可哀想な子猫たちよぉっ!』

イメージ 3

イメージ 4

 鯖缶で「世話役」に買収されかかったチロ。警戒してるのが何気にかわいい。

■耕太とサツ・ジン・ジケン
 帰り道、悪友達と別れた耕太は、道端に捨ててあったエロ本を拾う――――
 ところを誤魔化すべく、隣にいた捨て猫を拾った!

 柴木先輩って、意外に良い人なのかもね……

 子猫のおかげで場を切り抜けた耕太
 連れ帰ったところ、ミステリにハマったるるもによって「サツ」「ジン」「ジケン」と命名される。

 ありえないセンス! さすがですルルちゃん!

耕太『ぷ、ジケンって、お前みたいだな?』

るるも『最近はあんなに転ばない』

イメージ 5

 三匹ともまだ子猫、飼えなくて捨てられたようです。
 中でも、白猫の「ジケン」は、まだ立って歩くのも辛いほどに小さい。

 だけかと思ったのですが……。

耕太『問題は母さんだな…、チロは別として、母さん動物ダメなんだよ』

『じー……っ』

イメージ 6

 るるもを「妹」にした際、ついでに登録されたチロはともかく。
 実は母さん、動物がダメな人……

 ……って怖ァ!?

 今回、全国で視聴者が吹き出したシーン! 間違いないね!!

るるも『だったら、学校はどうだ?』

菅原『アイツが、女子以外の事で珍しくなるなんて珍しいな……』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 その間、なんだかんだで世話しちゃうチロ、可愛すぎである。

■耕太奔走/るるも浮かれる
 仕方ないので、学校の軒先を借りて里親探しをする事にした耕太。
 ひたむきな彼に、周囲も不思議顔。

 耕太の家は昔から動物が飼えなかったので、こういうのが新鮮なのだ。

「お前はそんなにネコが好きなのか? ―――可愛いから、好きなのか?」
「―――こういう“懐かれたり”ってのに、憧れがあるのさ」

「(なに浮かれている、私!?)」

 一方るるも、懐かれるのが嬉しい=懐いても良い、のがちょっと嬉しかったのでしょうか? 可愛い。

ジケン<おとしもの>

耕太『なんって良い奴なんだぁ!』

イメージ 10

 また、うっかりチケットを落としてしまった耕太に、賢いジケンは「落としたよ」と注意。
 なでられまくるジケンが可愛い!

チロ『ウチもこの子らと一緒や、ウチもるるもに拾われたんや……』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 25

 雨に当たると身体壊す、と子猫を気遣うチロだったが……。

■雨上がりの回想
 子猫らを見ていたチロは、血統の悪かった自分は捨て猫同然だった、と語りだす。
 魔女の使い魔は血統が大事なのだ。
 けれど、るるもは違った。

 「あかんあかん! ウチ由緒正しくないし、言葉も変やし、毛並みも悪いし…」
 「ちょうど良い―――」

 「私は、そういう見栄を張らない使い魔を探していたのだ。契約しよう」

 何かとるるもに尽すチロ。
 いわくがある、と思ったら意外に完結したエピソードでした。良い話だった……。

耕太『もしかしたら、出来るんじゃないか? 憧れのアレが……!』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 23

 どっかで聞いた効果音! 無駄に闘気を漲らせる委員長!! ※もちろん懐柔された。

■耕太の夢、そして
 Aパートラストで「ロクでもない思いつき」に至った耕太!
 猫の可愛さを利用し、女子をひきつける!
 女子を引き連れて歩く!

 長年の夢をかなえた少年、柴木耕太! 実にアホである!!(チロ的な評価で)。

 が、失敗する事も無く
 おやっと視聴者が思っていると、にわかに天気が……。

母『―――アンタまで風邪ひいたら、誰がその子たちの面倒みるの?』

イメージ 15

イメージ 16

 トントン拍子に気を良くしていた耕太だったが、天候が本格的に崩れ、軒下まで雨が届いてしまう。
 慌てて三匹を迎えにいったが、既にズブ濡れで……。

 家に連れ帰り、動物が苦手なはずも母も手伝い、一晩中付き添う耕太。

 だが夜が明けてみると、ますます悪化していた。
 ぐったりした三匹を抱えた耕太は、朝イチで動物病院へと走って行くのだったが――――。

るるも『ジケンは、生まれつき身体が弱かった―――。これが運命だったのだ』

『魔法は、死んだ者には効かない』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

 らしくもない耕太、その姿が悲しい。

■出会えた幸福
 がむしゃらに走った耕太は、また道にチケットを落とし、また拾ったジケンは笑ったまま死んだ。
 以前、褒めてもらった時と同じ様に幸せそうに。

 ジケンは生まれつき体が弱かった。
 耕太に拾われなければ、とっくに命は尽きていただろう。

 るるもは彼女特有の声で慰め、耕太は声を上げて泣き、元気になったサツとジンは引き取られていった。

 それでも、三匹と過ごした校舎裏
 ジケンが眠る校舎裏で、耕太はらしくもなく物思いにふけるのだった。

柴木耕太と「お母さん」

イメージ 24

 お母さんは動物嫌いとなってましたが、ホントは「耕太くんの為」だったんじゃないでしょうか。
 今回は早すぎましたが、死別は必ず付きまといます。
 だから飼わせなかったのかなって。

■親心
 ズブ濡れで帰ってきた耕太への態度や
 その翌日、耕太に代わって猫ミルクを用意していたり、ホントの動物嫌いには見えないのですよね。

予告『夏だ! 海だ! 水着だぁ!』『水着って何や? 旨いのか?』

イメージ 25

イメージ 1

イメージ 7

 今回タイトルだった「ジケン」って、猫の名前と事件でダブルだったんですね。

■暗示?
 冒頭で雷を鳴らしたり、ジケンの体の弱さをコメディ風に伏線にしたり
 単発ですがしっかりしたエピソード。

 そんな、アニメ版も半ば「報われないけど良い話」でした。
 ですが少し暗示的な気も。

 結末は不幸だったけど、出会えた事はきっと幸福だった。

 耕太が自分を責めるより先に、彼を慰めたるるも。
 今後、るるも自身に降りかかってくるエピソードな気がします。考えすぎかもしれませんけれども。

 次回、第7話「伝説の水着」