GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

マジンボーン 第20話「裏切り者の影」感想

サウナを侮るな! コーヒー牛乳飲み放題! アリゲーターの魅力が光る第20話!

イメージ 1

イメージ 10

 腹筋が痛くなるほど笑った第20話! ノリノリで頼れるレナード博士にルークさんの熱いサウナ論
 小者っぽいとかそんなレベルじゃなかったアリゲーター
 ギルちゃんの大活躍!

 我々に出来る事は耐える事だけだ―――、我慢した先には、きっと、何か良い事が待っている…!

■MASAKAの連勝
 サウナに絡めた「我慢の理屈」も良かったですが、その論で言えば、ギルちゃんは我慢を重ねた男!
 アリゲーターを叩きのめすギルちゃん!

 ギルちゃん強い!

 強さで言えばダークホースの数段上だろうに、雑魚にしか見えなかった! ギルちゃん強い!

『だーかーらぁ? 日本とオーストラリアは季節が逆なのです!』

イメージ 2

 同じネタの繰り返しは基本。学習能力ゼロですね!

■暗躍撃退!
 前回の失態を取り返すべく、オーストラリア研究所を襲撃するダークアリゲーター
 研究所には、技術者に裏切り者がいたのだ。

 が、一旦封じたはずのアイアン・レオが戻ってきた事で、戦況は逆転する。

 ホワイトボーンとして、ネポス最強を自負するアリゲーターだったが
 アイアンとなったレオの敵ではなかった。

 そして今回の戦闘データから、「アイアンへの進化」に技術的な突破口が発見される……?

 次回、第21話「3体のアイアン」

レナード博士『お久しぶりですぅぅぅ! 皆すわぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!』

アントニオ『って、ついこないだまで日本にいただろ!?』

イメージ 3

イメージ 4

 このレナード博士と、東京喰種の錦先輩が同一声優という………、cv浅沼さん大好き!

■鋼と粒子
 久々、やってきましたオーストレイリィア!
 レナード、アンナ、東尾所長、三博士の歓迎を受けるボーンファイターご一行。

 さっそく「アイアン」の解析に乗り出すレナードだったが
 どうも「未知の粒子」が鍵らしい。

 レオボーンは僕に言いました、鋼の精神があれば目覚める、と

東尾所長『ああ? 鼻毛の精神がなんだって?』

『鋼です!』

イメージ 5

 アンナ博士は事実上の運営担当、レナード博士が研究担当、そして東尾所長が酔っ払い担当……。
 扱いが軽い所長。

 所長は休憩されると困るんですが?

 前後しますが、レナード博士にまで軽く扱われるってどんだけ人望ないのさ!

レナード『……って、ものすごく回復してるぅ!?』

イメージ 8

 なお、前回「両足破損」となったドラゴン、全身破損となったシャークとジャガー、そしてライノー
 全員ものすげぇ速度で回復中。

 以前、魔神召喚の反動だけで「一年かかるかも……」なんて言ってたのが懐かしい!

 着実に話が早くなってるのが気持ちよいですね。

アリゲーター『お前らの知識と、私の力を合わせれば、回収は容易いぜ!』

ウルフ『ハハハハ! うわさは聞いてるぜ?』

イメージ 7

 アリゲーターって、あのパワーコンビと同系キャラだったのか……。

■幹部、焦る
 前回の失態が意外に響いてたアリゲーター、ウルフとタイガーを利用しようとたくらみます。
 が、その焦りを簡単に見透かされてしまうワニ野郎
 性格の悪さで負けてますね!

 お前の言う通りだ、このままでは我がボーンを没収される……

 だが、面白い!
 そう言ってウルフの兄ちゃんは手を貸すとことに決めます。が。

『レオの変化だけではあるまい。ドラゴンボーン―――』

イメージ 6

 また、ネポス・アンゲリスでは「ホワイトからアイアンへ進化」なんて寝耳に水だったようです。
 アイアンボーンは、最初からアイアンボーン
 ホワイトはずっとホワイト。

 ボーンについてはずっと詳しいようですが、だからこそビックリしたらしいですね。

翔悟『俺は研究の為に来たのであって、健康ランドに来たんじゃないっての!』

ルークさん『サウナを侮るな。サウナは時に人生を教えてくれる……』

イメージ 9

イメージ 10

 サウナを侮るな!(教訓)

■我慢する事
 一方、ワイバーンに完敗した翔悟は、結果が欲しいあまり、気が急いてしまうのですが……
 そんな彼に、ルークは我慢の大切さを説きます。

 我々に出来る事は耐える事だけだ―――、我慢した先には、きっと、何か良い事が待っている…!

 サウナのように、じっくり我慢する事が良い結果を生む事もある
 今は、レナード博士を信じようと説くルークさん。

 汗がきらめくルークさん!

『な? 良い事、あっただろ?』『ああ!』

『よし! もう一本おかわり!』

イメージ 11

 飲みすぎィ!

裏切り者の影(明かすとは言ってない)
 一方、タイガーとウルフの「協力者」が動き出し、研究所のシステムがダウン。
 やはり裏切り者が!

 レナード博士はアリバイがあるとして、なら裏切り者は「東尾所長」「アンナ博士」の二択?

レナード『ガキンって………、ロックが作動!? 何故だぁぁぁ!?』

『―――私は、エクェスのホワイトボーンでも1、2を争う実力者と言われている』

イメージ 12

イメージ 13

 このダークボーン、強い!

■「ワニー!
 以前の経験を踏まえ「ボーン保護機構」を強化していた研究所ですが、それが裏目に。
 レオがロック、シャークとジャガーは回復が間に合わず
 ドラゴンとライノーの二人旅!

 お前達では到底敵わない―――、ドラゴンといえどもなッ!

 しかしドラゴンとライノーでは
 パワーと「水属性」を持つダークアリゲーターに全く通じなかった!

 魔神召喚抜きでは、二人がかりでも全く通じない。やはり幹部クラスは格が違った!

ギル『日本語で何と言いましたかね……? ああそうだ、真打登場でしたっけ!』

ワニ『実戦慣れした私に、まだ分がある!』

イメージ 14

イメージ 1

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 不意打ちを受けても、すべて完璧にかわすレオ! ギルちゃん強すぎィ!

■「同じ手が、通用するかってえの!
 ダークアリゲーターの前に、一方的にやられ続けるドラゴンとライノー。
 が、レナード博士が必死でロックを解き
 アイアンレオ降臨!

 ワニ!?

 颯爽たる登場、一撃でフッ飛ばすパワー、完璧なる回避!
 すべてに渡って強い!

 一方的かつノーダメージでネポス最強のホワイトボーンを撃退するレオ。ギルちゃん強かった!

 ただし「クラッシュ」には至らず。
 当然、まだ成り立てのアイアンボーンですし、相手が強かったせいもあるのか。残念。

東尾所長『ああそうだ、システムをダウンさせた奴、探し出さんとなぁ?』

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 ギルちゃん天狗! 天狗じゃ! 天狗の仕業じゃ!

■裏切り者は?
 ワンサイド完勝を誇りまくるギルちゃんですが、翔悟とタイロンは無力感バリバリ。
 が、レナード博士が「アイアン化を解明できるかも」と。

 ただ「アイアン化の技術」がもし見つかれば、それは裏切り者に横流しされる可能性も……?

 現状、いかにも悪そうなのは東尾所長ですが
 逆に「裏切りに気付いている」から、あの態度と言う可能性もあります。つまりわからん!

予告『熱く堅い信頼の心! それが俺達を強くする!!』

イメージ 2

イメージ 10

 謎のサウナ哲学。ギルちゃんも、いままで散々だっただけに微笑ましい。

■アイアンの強さ!
 魔神召喚でなんとか撃退できていた「幹部」クラスを、単騎で一蹴してしまうアイアン。
 が、次回は早くもシャーク、ジャガー、ライノーの三人が!?
 ドラゴンは最後!?

 ともあれ気になるのは、一気に地球優位になりすぎてしまった事でしょう。

 無論、ワイバーンがアイアン四体を一瞬で倒せる実力者
 という可能性もあるんですが。

 次回、第21話「3体のアイアン」