GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

スペース☆ダンディ 第19話「宇宙の紳士はジェントルマンじゃんよ」感想

悪ィなスカーレット、コイツは四人乗りじゃんよ? 意外すぎるハニー回!

イメージ 8

イメージ 19

 いつものように幻の宇宙人を追っていたら、まさかのハニーのお兄さん!?
 疲れた女スカーレット、乱れとぶダンディの汗
 頬を染めるミャウのドタバタ劇!

 クラウド星人でぇ~す。ハーフだけどね♪

■安心のゲル博士
 ダンディを追う為にハニーを誘拐する。
 これまた紳士的とはいえ、博士が悪役してたのも良かったですね!

 キッチリ失敗するのも含め、ゲル博士ってばやっぱり紳士! cv石塚運昇ボイスがハマリすぎ!

ハニー『一体どこにいるのやら――――』

イメージ 2

 お兄ちゃんに引っ掛けたセリフだったんですな。

■幻はすぐ傍に居た
 希少種すぎるレア宇宙人「クラウド星人」を追って、金欠になってしまったダンディ一行。
 同じくダンディ達を追うゲル博士たちは、ハニーを誘拐したのだが
 彼女がクラウド星人(ハーフ)と判明。

 ハニーこそ、ダンディ達が見つけたクラウド星人「ジェントル」の異母兄妹だったのだ!

 なんとか再会できた兄妹だったが、兄は「雲」を失ってしまい
 集めるまで顔向けできないと去ってゆく。

 雲を持たないクラウド星人は、ただの星人
 そんなワケで、ダンディ達もまた金を稼ぎそびれたのであった。

 次回、第20話「ロックンロール☆ダンディじゃんよ」

パインパイン『だっからァ、職場で良い相手探すのはムリな訳よ?』

スカーレット『でもさぁパインパン、他に出会いがあるかっていったら』

イメージ 3

イメージ 4

 cv林原めぐみリナ・インバース綾波レイ灰原哀ちゃん役の有名声優さんなのである。

■ダンディでジェントルな出会い
 一方その頃、婚期に悩んでいたスカーレットは星コンに
 空腹を抱えたダンディも星コンに

体脂肪率0.03%、体内の水分、30cc………」
「ゾンビの時より死んでますね」

 というか、ゾンビの時の記憶もあるのかよ!

『ここには、銀河のあらゆる情報がどんどん入ってきては保存されるのだ』

イメージ 5

 雲で「クラウド」で。

クラウド星人
 で、ダンディが困窮するほど追っかけていたビッグな宇宙人、それがクラウド星人である。
 雲とデータベースを持つ宇宙人、そして紳士。

 いかにもうさんくさい宇宙人であり、cv木村良平氏である。

 そしてもう一つの特徴
 それが、不幸な女性をもてなす習性があるという事であった―――。

QT『えーと、女、メスはタダで食べ放題です……? え!?』

『女です!』『メスですッ!』

イメージ 6

イメージ 7

 誰にでも一つくらい欠点はあるもんでしょうが!ってどんな理屈だ!?

■スカーレットを追って
 食べ放題につられ『女です!』と強引に乗り切り
 ダンディはようやく人心地つく。

 真剣に出会いを求めて集まった、モテない宇宙人を捕まえるなんて究極の野暮
 なんていってのけるダンディだったが
 目の前でスカーレットが!

 当初はスルーするつもりだったダンディだが、ブービーズでついにやる気を出す! 

ハニー『クラウド星人でぇ~す。ハーフだけどね♪』

イメージ 8

 一方、ダンディを追う為に「記憶をコピーさせて欲しい」と連れ去られたハニー
 その過程で、膨大な記憶量からクラウド星人と判明。

 雲を持って無くても、、純粋に記憶量が多いらしい。

 というかハニーにこんな設定が!? じ、次回でもこの設定は生きているんでしょうか?

『決闘という事ですか……、それでは紳士として受けざるを得ません』

『―――ちょっと止めてよ二人とも! あたしの為に♪』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 シチュエーションに憧れてたんですね。わかります。

■ダンディvsジェントル
 さっきの苦労もどこ吹く風と、スムーズにクラウド星人を見つけ出したダンディ。
 名前だけはダンディなダンディは紳士に挑む!

 さっさとスカーレットを返せ!
 あと登録させろ!

 暴論にも怯まないジェントルだったが、ハニーが流した「ウソのSOS」にひっかかってしまい……。

『あれはハニー!』

『あれはレディ!?』

イメージ 13

 二人ともそっちに行ってしまい、酒浸りになるスカーレット、巻き込まれるミャウ。
 不貞腐れても仕方ない。

『聞け、このオタンコゲル! ゴーゴルの秘密をクラウド星人に流すというのか!』

『罠だというのか! おのれ、なんという非紳士的行為!』

イメージ 12

イメージ 1

イメージ 14

 紳士といえば暴力的という風潮。

エジンバラ号の最期
 が、ハニーがクラウド星人と聞いてペリー提督は激昂、機密保持の為に殺せと厳命する。
 そうこうしているとハニーは逃げ出し、ジェントルは来訪し
 第七艦隊が包囲!

 なんという非紳士的な行為、許せん…、いや許すまじ!

 ようやく罠だと気付いた紳士は激昂
 が、盛大な反撃を受ける。

 第七艦隊が珍しくちゃんと仕事をしている! そしてゲル博士がまたも爆死している!

『―――そんなの気にしてたら、恋も出来ないじゃない…』

『バカな女だな……!』

イメージ 15

イメージ 16

 その脱出の最中、クラウド星人にホイホイ付いていったスカーレットを責めるが
 責めつつもしっかり担いでくれるダンディ。

 文句を言いつつ、決して見捨てないダンディ。

雰囲気星人『ワハハ!』

イメージ 17

 そんなダンディに、ミャウも思わず……、ってその理屈はおかしい。
 その理屈はおかしい!

 これが噂の吊り橋効果って奴か!

スカーレット『無理ね、雲をなくしたクラウド星人はただの星人だもの』

『私はもう一度雲を集めて、立派なクラウド星人として帰ってくる!』

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 ラストシーン、BGMがしょーもなさ過ぎ!(褒め言葉)。

■出会いと別れと満員と
 実はハニーは「レディ・ノーブラン」と判明。
 半分だけクラウド星人で、純粋クラウド星人であるジェントル・ノーブランは、彼女の兄だったのだ。

 だが感動の再会とはならず、雲を失った事を恥じた兄は一人旅へ。

 再会を期して別れたハニーは
 バイクにバカ・ボンクラ・ポンコツの一人と一匹と一体を乗せ、ツッコミを入れられるのだった。

 あ、満員だなぁ?

予告『幻の一発屋バンド、ブロックキックスの誕生からラストギグまで!』

イメージ 21

 次回予告、声が、声がなぜか無性に懐かしいじゃんよ………。

■宇宙に咲く兄弟愛じゃんよ!
 予告から、スカーレットのメイン回が来ると思いきや、ハニーがもってった第19話。
 こんなにガッツリ絡む回があるとは!

 色んな意味でスカーレットが不憫ですが、cv桑島法子さんはそういう役が多いから仕方ない。

 ちょっといい雰囲気になったけど
 オチで台無しって辺り、やっぱりダンディでしたじゃんよ。。。。

 次回、第20話「ロックンロール☆ダンディじゃんよ」