GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

巴マミの平凡な日常 2巻 [まどか☆マギカ外伝 あらたまい]

マミさん「無活躍」から「駄活躍」へ。こんなのってあんまりだよ!

イメージ 2

イメージ 7

イメージ 4

※画像右下隅クリックで拡大。

 帯の煽り文が「無活躍」から「駄活躍」に進化!
 アニメ化完全否定!

 でも累計が早くも計20万と、出版不況なご時世、上々なスタート。きっといつかアニメ化するさ!(真顔)

■アラサーマミさん
 個人的には、キュゥべえが出てくる回が特に好きですね!
 原作では「このインキュベ野郎!」でしたが、こっちだともう関係が平和すぎて平和すぎて。
 ギャップの愛。

 マミさん(31歳)がちょっとアレなだけに、ツッコミ役として適任すぎる。

珍しく真面目な回です(巻末より)

イメージ 1

 なんて書きましたが、マミさんが唐突にいそいそ出かけた第12話
 これもすごく良かったです。

 よく考えれば………

 と笑っていましたが、辛い記憶を笑って語れてしまうマミさん。
 これは歳をとった者の特権ですよね。

アラサーマミさん、魔法を使う

イメージ 3

 また、第10話では魔法少女のシステムを利用して若返る、という荒業を披露。
 読者には変化がわからないよ!
 わけがわからないよ!

 この話のオチも、普段から「歳をとるのはイヤだなぁ」とやってるからこそ笑えますよね。ワハハ。

「新社会人」、百江なぎさ登場する

イメージ 5

 もちろんチーズが大好物です。

■ちょい役
 今巻では後述の二人も含め、色んなキャラが出たなぁ、というのも印象的。
 あの恭介くんも出ちゃってますしね!
 もげろ!

 恭介同様のチョイ役ですが、志筑仁美ちゃんもワンシーンだけ登場。
 杏子の夫(仮)も出たといえば出てます。

 こう振り返ると、ホント色んなキャラがちょいちょい出てたなぁという第二巻。

収録

イメージ 6

 個人的に「おおっ!」と思ったのは映画館で出てきたカップル(仮)、スピンオフ「おりこ☆マギカ」より。
 ホント、みんな幸せそうな世界観なんですよね。

 MANGA TIME KR コミックス「巴マミの平凡な日常、2巻」。
 原案Magica Quartet、漫画あらたまい、まんがタイムきらら☆マギカ連載、㈱芳文社発行
 2014年8月発売(前巻2013年10月)

 第09~15話+番外編、オマケカットを収録。
 カバー下もおまけ漫画アリ。

 巻末、作者一言コメントがとても好きなので続いて欲しいです。

 マミさん映画館にゆく(仮)から、チーズな新社会人との遭遇(仮)まで収録。
 番外編は、第15話とセットになった杏子主役のお話。

■関連感想記事
 巴マミの平凡な日常 1巻