GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

HGUC ゼータプラスUCver、出来上がり!

実在の航空機のような、グレーカラーの「量産機」! 渋いです!

イメージ 1

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 先頃改修版が販売開始となった、ゼーラプラスA1型のUC版。
 A1型は大気圏内用の量産タイプです。

 初出はガンダムセンチネルですが、劇中には登場しなかったという面白い機体。

HGUC
 ポリキャップはPC132ACが採用されており、HGUCユニコーンなどのように可動範囲はそこそこ。
 精悍なスタイルが再現され、すごく格好良いです。

 何がすごいって、ほとんど手を加えないでこの出来!

 私はスミ入れした程度、つまり誰だってこのくらい作れる
 それってスゴいことだと改めて。

 でも、前腕の目立つ場所に「ランナーから切り外した跡(ゲート跡)」がくるのはちょっと困ります。

可変は、HGUCらしく大幅な差し替えで

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 どっかいってしまいましたが、サーベルは柄も二本あったはず。
 SB-6クリアブルー、丸軸のサーベル。

 PC-132ACポリキャップは、1が1個、7が2個余り。

■可変
 Z系最大の特徴にして泣き所、胸部は大幅な差し替えとなります。
 私の場合、めんどくさくて可変させない派。

 でもこの機構のおかげで、パーツが脱落しにくいのも確かなのですよ。

 このゼータプラス、さらにガンダムエアマスター
 来月のゼッツー(ZⅡ)にガンダムフェニーチェリナーシタ、ついでに二代目頑駄無大将軍

 変形キットが続くのは誰の趣味だ!
 いずれにせよ楽しみ。