GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

続ハーメルンのバイオリン弾き 4巻[渡辺道明]

    続・ハーメルンの狙いは、“if展開”を描く事? クラーリィを主軸に再出発!

イメージ 2

イメージ 7

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。あとオリン爺さんは出なくても一向にかまわんッ!

 

 妖精王を名乗る魔界軍王バラライカに惑わされ、やってきましたif世界!
 幻術かと思いきや、記憶を保ったまま「ありえた世界」へ

 

 折り返しのコメントを見るに、この「if世界を描く」ことが本シリーズの目的だったようで……?

 

■クラーリィ苦悩する
 過去を改変したというよりも、並行世界、枝分かれした別世界に紛れ込んだ感じなのでしょうか?
 中途半端に終わった別の続編「シェルクンチク」の要素も引継ぎ
 妖精帝国グローリアがどう動くかも楽しみ。

 

 まあどうみても騙されてますけどね!

 

 完全にクラーリィが主役になってますが、不憫な扱いが多い役柄だけに主役が似合うというか。

    大魔王ハーメル『そうだったな、ベースJrよ―――』

イメージ 3

 魔界軍王も一部変更。しかしどんだけ長いシリーズになるのでしょう…?

 

■ありえた世界で
 妖精王バラライカの幻術に踊り、大魔王ケストラー戦役時代と思しき過去へ飛ばされた一行。
 最大の違いは、ケストラーの不在と「大魔王ハーメル」の存在だ。

 

 元世界の記憶を持たず、大魔王となったハーメルとサイザー
 同じく王女として育てられたフルート。
 行方不明者数名。

 

 記憶を持つのは、クラーリィ、トロン、コル・ネッドのみ……?

 

 スフォルツェンドの音頭で、世界国家が対魔族に立ち上がる中
 元世界同様、独立行動を取るグローリアー大帝国に「ライエル」を名乗る男が現れる――――。

    初代シリーズで壮大な「やられ役」を演じ、第二期で暗躍した大帝国

イメージ 6

 原作シリーズでは、シリアスに徹しつつ大魔王にひとたまりも無く敗れ去るという役柄。
 ギャグが多い本作において、彼らは異色のシリアスさを持ち
 特にハープ・シコードの迫力は印象的でした。

 

 なんて思ってたら、ハーメルの息子を描く第二期「シェルクンチク」で残党が敵として登場。

 

 ここまで強いと流石に違和感がある
 というレベルで暴れたものの、作品自体が打ち切りで終わってしまい、多くの謎を残してしまいました。

    大妖精神レプトンと契約した妖精国家――――

イメージ 5

 なんて解説があったと思ったら、その「妖精神様」とやらを量産する暴挙!
 いかん、このシリーズめっちゃ面白く感じてきた!

 

 このバチあたりな感じ、ちょっとワクワクしてきますね!

    収録

イメージ 4

 そしてラストシーンでは「ライエル」が復活! サイザーの様子を見るに、彼も「元世界」の記憶なし?
 クラーリィ達三人だけが異邦人って状況なのでしょうか?
 続きが気になります。

 

 ココカラコミックス「続ハーメルンのバイオリン弾き 4巻」。渡辺道明。web上で無料連載中。
 スタジオロードライト発行、林檎プロモーション発売。
 2014年7月発売。

 

 第15楽章♪=5「流浪の民 その2」
 第16楽章♪=47「世界会議にて」
 第17楽章♪=87「魔王と少女」
 第18楽章♪=131「黒い不具合たちの行進曲」

 

 おまけまんが3「冥界プリンスリュートくん2 地獄の負け犬たち編」
 カバー下おまけマンガあり

 

 ただ、文字フォントが変+台詞数が多い為か、時々めちゃくちゃ台詞が読みにくいです。
※感想には個人差がないと思います。

tahomaru.hatenablog.com

tahomaru.hatenablog.com

tahomaru.hatenablog.com

tahomaru.hatenablog.com

tahomaru.hatenablog.com

tahomaru.hatenablog.com

tahomaru.hatenablog.com

gno.blog.jp

gno.blog.jp

gno.blog.jp

gno.blog.jp

gno.blog.jp

gno.blog.jp

gno.blog.jp

gno.blog.jp

 

gno.blog.jp