GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ソードアート・オンラインII 第3話「鮮血の記憶」感想

シノン、想像の二歩上を行くヘビーな過去。デス・ガンさん(仮)も登場か?

イメージ 7

イメージ 10

イメージ 21

 前回に引き続き、キリト君サイドを一旦措いて「シノンさんの事情」に踏み込んだ第三話。
 一種のショック療法というか思い込みというか
 しかしヘビーな過去だ。
 ヘヴィだ。

 強くなりたいと願うシノンさんですが、一方、一話の「AGI型は大失敗」もフラグだったとは。

■デス・ガンさん(仮)
 オープニングや今回の描写から見るに、明らかにデス・ガンっぽい青年も登場。
 ゲーム内では既に死に体、医学生というのもフラグ?

 ただ、このままだとまんま過ぎますからミスリードなのでしょうか?

不良『明日返すからサ、こんだけ貸して?』

イメージ 3

 トラウマは高校内に知れ渡り、イジメに悪用されている模様。ひどい。

朝田詩乃と銃
 リアルのシノンは母子家庭で育ち、強盗事件の正当防衛で「犯人を撃ち」家庭崩壊した少女だった。
 銃へのパニック障害になり、家族とも離れ独り暮らしをする彼女は
 友人、新川恭二に誘われGGOを開始

 銃への「反応」を起こさないGGOで強くなっていけば、トラウマが克服できるかもしれない。

 詩乃は“シノン”に希望を託し
 一方、デス・ガン事件への潜入調査に乗り出したキリトは、データ・コンバートでGGOに挑むのだった。

 第4話「GGO」

新川『あの“ベヒモス”は、集団戦で死んだ事が無いって言われてたんだからさ』

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 5

 cv花江夏樹さん、今期「東京喰種」、金木くんで好演されている方ですね。一話の絶望っぷりはもう。

■リアルのシノンさん
 高校のでシノン朝田詩乃いわゆる不良に狙われている
 一人暮らし=小金持ちであり、しかも弱みがある。

 彼女をGGOに誘ったというリア友、新川くんに救われた彼女は喫茶店でダベっていた。

 いわく“ベヒモス”は集団戦で最強クラス。
 シノンに言わせると無名だが、彼女は「一対一のバトル」大会に目をやっているからである

 ミニガンクッソ重くて「一対一での遭遇戦」には向きませんからね。仕方ないね。

詩乃『新川くんだって、前の予選じゃ準決勝まで進んだじゃない』

新川『AGI型じゃ、よっぽど凄いリア銃でもなきゃ限界だよ……』

イメージ 6

 AGI=俊敏性(?)、第一話でトッププレイヤーの人が「時代遅れ!」とチョー否定してたステータス。

■BOB
 一対一でトッププレイヤーを決める大会「BOB」。
 が、新川くんは時代遅れ。

 対しシノンは、攻撃力にステータス全振り+狙撃銃で「現代向けステータス」らしい。

 一撃必殺がトレンド?
 元々は彼がGGOに誘ったらしいが、落ち込みまくりである。だが気持ちは解るぞ少年!

新川『あのさ、学校の帰りとか迎えにいこうか……?』

イメージ 7
 
 新川くん、めっちゃアピールしていますが、上手くいかない模様。これは切ない。
 シノンさん的には「それどころじゃない」のが大きいか。
 何故ならば

シノン『だがその平穏は、唐突に破られる事になる―――』

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 幼いシノンさん、あんまり変わらないなー、とか思ってたコレだよ!

■事件
 シノンは「銃」にトラウマがある。
 幼い頃、銀行強盗に遭遇し、母を守る為に「撃ってしまった」ことがあるのだ。

 母に向けられた強盗の銃を奪った
 ここまではまだ良かった。

 だが常軌を逸した強盗に気圧される形で、彼女は「撃ち殺して」しまう―――。

『誰か―――、助けて…』

イメージ 15

 母を守りたかった、常軌を逸した強盗が怖かった、責めようも無いし逃げようも無い。

 ゲーム内での出来事。
 くらいのノリで思ってたらめっちゃ重い………。どうやったらこんな発想が!? 人気作家さんは違うわ!

アスナ『出来るだけ早く帰ってきてね? 私達の家はたった一箇所なんだから…』

イメージ 24

イメージ 16

イメージ 18

 その頃、ヒーローはリア充レベルを振り切っていた。

■コンバート
 一方、キリトさんはようやくGGOへ。
 今プレイしているALOから、データを引き継ぐ「コンバート」を行う為、ALOアカウントは消滅する。
 リスクも大きいが、高レベルスタートというワケ。

 死の攻撃の調査という事は伏せ、独りGGOに乗り込むキリトサン。

 その性質上、医学的なモニターと共に飛び込むようです。
 さっすがこの辺、国家権力がついてる分、しっかりバックアップしてくれますな。……でキリトさん終了。

『若い衝動を暴走させないように――――』

イメージ 17

 余談ですが、腹黒眼鏡さんからの手紙を取り出す際、やたら色気を強調した作画なのは流石。

 基本、良くも悪くも淡白な作画と感じますが
 シノンさんのバックアングルなど、時々やたら強調してくるのは流石。なにかが流石。

シノン『郵便局での事件以来、私は銃の映像や写真を見ただけで―――』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

 ゲーム内では平気だったため、銃に対するパニック障害を克服できないかと考えている模様。
 強くなれたら、克服できるかもしれないと。

 強引な理屈ですが、藁にも縋りたい気持ちは解ります。
 誰だって希望は欲しいものですよ。

 少なくとも、打ち込んでいる間だけは、嫌な事へ前向きになれるのも確かでしょうしね。

『明日―――、デス・ガンさん、私を撃ってください』

イメージ 1

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 25

 挑発に対し、凶暴そうな笑みを返すネットプレイヤー。新川くんなのか?

■潜入&挑発!
 強さに執着を見せる理由は、それがトラウマを克服する鍵だと信じているから。
 そんなシノンに、彼女の眼中から外れつつある青年・新川くんは
 どことなく怪しい動きを見せる―――。

 また、キリトサン潜入と共に現れた「デス・ガンを挑発するプレイヤー」とはキリトさんなのか?

 次回、いよいよキリトさんのGGOアタックが始まる!
 ノーゲーム・ノーライフ

 次回、第4話「GGO」