GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

アカメが斬る! 第2話「権力を斬る」感想

まさかの革命モノ。着地地点を描き、物語は出発する! タツミ容赦せん!!

イメージ 20

イメージ 1

イメージ 21

 積極的に脱がされていくスタイル。だが、股間や臀部に傷を受けていたらどうするつもりだったんだ!

 法が機能しない世界で、私刑とも呼べるスタイルで悪を裁く!
 現代版「必殺仕置き人」とも言える作風
 ちょっと懐かしいですね。

■革命
 自ら進んで汚れる集団「ナイトレイド」。
 そこまでは一話で理解できましたが、革命軍所属という設定も公開。

 最終的には、革命軍にも裏切られる展開になりそうですが、アニメ版はどこで終わるのでしょうね。

タツミ『―――俺、独りになっちまったじゃねえか…』

イメージ 2

 弔いからスタート。良い子たちだったのになあ……。

タツミ、参戦する
 腐敗したこの国を正す「革命軍」が動いており、ナイトレイドがその汚れ役部隊と聞かされたタツミは
 自分のような悲劇を減らすべく、隊に参加することを決める。

 革命軍の仕事の傍ら、都の悪党を狩る私刑集団ナイトレイド。

 その初仕事を見事果たしたタツミは、自分がナイトレイドの一員として動けることを証明
 指導役のアカメに認められ、続いて「マイン」の部下を命じられる。

 次回、第3話「蟠を斬る」

タツミ『素質云々で迷ってるんじゃ無くて―――、殺しなんて』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 ブラートさんの私服、刺さりそうで刺さりそうで気になって仕方ない。

■ボーイ・ミーツ・クレイジー
 一旗上げ、故郷を豊かにしようと都にやってきたタツミ・イエヤス・サヨの田舎者三人だったが
 世間知らずの代償とばかりに、二人は無残にも命を奪われ
 タツミも「ナイトレイド」に勧誘される。

 ナイトレイドとは、革命軍の非正規部隊。

 いつか革命を起こす時の為
 正規部隊では出来ない汚れ仕事で下地を作りつつ、その傍ら、帝都の悪人を私刑にしているようだ。

レオーネ『どんなにお題目をつけようが、やっている事は殺しなんだ』

イメージ 7

 内容を聞き、正義の味方じゃないか!と盛り上がるタツミに一言。
 悪党だからと私刑にして良いワケではない
 かといって法は裁かない。

 社会道徳から見れば、ナイトレイドもまた悪党!

 どうにもならぬ世の中で、悪事と知りつつ悪を斬る! ダークヒーロー物ってワケですな。

タツミ『報酬は貰えるんだろうな?』

ナジェンダ『ああ。しっかり働いていれば、故郷の一つは救えるだろう』

イメージ 8

 しかし、このタイミングで「報酬は出るのか?」と代価を求める主人公も珍しい。
 彼の根本が、自分ではなく「故郷の為」だ
 と強く印象付けられますね。

 アホっぽいですが見上げた青年ですタツミ。

回想サヨ『軍でのし上がる為に、出来る事は増やしておきましょう!』

回想イエヤス『詳しくなれば、いざって時に、兵糧切れでも凌げるしな!』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 回想が描かれる度「ホント良い奴らだったんだなぁ」と思える二人。前向きすぎる。

■雑務アンド雑務
 が、いざナイトレイド入りしたタツミは、調理や食材調達など、雑務ばかりをまわされる。
 この手では、まずは料理番というのがテンプレですが
 なぜ上手いのかの理由も良かったですね

 アンド、無頓着ヒロインのアカメさんあざとい。

レオーネ『アカメは、子供の頃、姉妹揃って帝国に“買われた”んだよ』

イメージ 13

 そんなアカメ、強さの理由は「国立暗殺団出身」の為で、その戦いの中で寝返ったそうです。
 元同僚、そして妹との戦いが今後待っているのでしょうね。

『ガマルが犯罪を行う度に、代理の罪人がオーガにでっち上げられる…!!』

イメージ 12

イメージ 14

 ガマルはベテランコンビが始末。なんという必殺仕事人。

■権力を斬る!
 そんなナイトレイドに持ち込まれた依頼は、帝都警備隊の一人「オーガ」と油屋のガマル。
 ガマルがやらかした犯罪を、オーガが警備隊権限でも捜査
 代わりの「犯罪者」をでっちあげ処罰している。

 その犠牲者に依頼を受けたナイトレイドは、新兵タツミの初陣としてこれに挑む

 権力を濫用する小悪党、これほど迷惑なものは無い!

タツミ『俺を警備隊に入れてください、金を田舎に送らなきゃいけないんです!』

イメージ 15

 しかしタツミ、いきなり騙し討ちとは一周回って清々しい男である。

オーガ『俺が人を裁くんだよ! 俺が裁かれてたまるかッ!!』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 迷っていたかと思えば、いきなり致命傷を狙いにいくタツミ。確かに素質あるわ……。しかし。

■貴様みたいな屑は!
 志願し、凄腕と名高いオーガの対処を任せられたタツミだったが、やはり実戦慣れしていなかった。
 倒したと勘違いした彼は、背後から不意打ちを受ける。

 巨大な怪物をも一瞬で倒せるタツミだが、手加減があったのでしょうか?

 オーガの迫力に気圧されていくタツミですが……

オーガ『やっぱ、あの女も殺っときゃ良かったなぁ~~』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 1

 タツミを侮り嘲笑するオーガ、これがいけなかった!

 前回の件と違い、今回は「オーガは悪い奴だ」という話を聞いていただけです。
 あくまで、情報に過ぎなかったのです。

 が、オーガが自慢げに悪事を語るに連れて、タツミは爆発! コイツは悪だ!!

 今度こそ吹っ切れたタツ
 その本領発揮の前に、今度こそオーガは為す術もなく瞬殺されてしまうのでした。どんだけ強いのだ…。

『良かった。強がって傷を報告せず、毒で死んだ仲間を見たことがある―――』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 何事かと思った!

■アカメ、喜ぶ
 仕事から帰ったタツミは、アカメの冷たい態度が心配の裏返しだったと聞かされる。
 彼の無事を誰よりもアカメは喜んでくれた。

 良くも悪くも、無表情なアカメの“指導”を乗り越えたタツミ。

 リーダーは「今度はマインの下に付け」と命令。
 タツミを歓迎するリーゼントではなく、毛嫌いするcv田村ゆかりに敢えて任せる真意とは?

次回「皇帝」登場か? ラッキースケベに挑む第3話へ!

イメージ 24

 にしてもレオーネさん、徹頭徹尾ウザ可愛い。

■伝聞で斬る!
 今回強く感じた事は、あくまで一方的な情報だけで他人を殺す「私刑」であるという事。
 レオーネが裏取りをしているものの、あくまでそれだけ。

 嘘、罠、そういったものが襲った時、どう対応してゆくのか?
 その辺が気になりますね。

 次回はマイン回、また、「腐敗した社会」の根本的な原因とされる傀儡の皇帝
 彼を操る大臣が顔見せをするようですね。

 次回、第3話「蟠を斬る」

■関連感想記事
 第1話「闇を斬る」