GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

風雲維新ダイ☆ショーグン 放映終了、感想リンクまとめ

実験的? if幕末を舞台に、青春ど真ん中を駆け抜けたCGロボットアニメ!

イメージ 5

イメージ 2

イメージ 3

 CGロボはかなり私好みでした。が、動かすのは手間だったのでしょうか、バトルには至らぬケース多し

■“童貞だから天下一の男になれるんだ!”
 汚れなき男と、汚れなき女、二人が乗り込んだとき真価を発揮する鬼神スサノオを主軸に――――
 という頭が痛くなる設定が悪い意味で目を惹いたものの
 終わってみると青春物語だったロボアニメ。

 とにかく直球、若い力を持て余すまっすぐで天下一な男、徳川慶一郎のキャラが印象に残ります。

開き直って走る男徳川将軍家の切り札・慶ちゃん

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 とにかく、よう働く主人公でした。昭和の不良キャラを思わせる働きっぷり。

■天下一のまっすぐさ!
 Aパートで「若さゆえの過ち」的に暴走しつつ
 Bパートにかけてのトラブル、そして誰だろうとシンプルに手をさしのべる優しさを見せる

 良くも悪くも! とにかく良くも悪くも裏表が無い、バカが付くほど真っ正直!

 小難しい生き方など考えもせず、ただまっすぐな彼と仲間達が、愉快な作品だったように思えます。

霧子『慶一郎さまの童貞は、私がお守りいたします!』

イメージ 13

イメージ 12

イメージ 1

 汚れなき男、すなわち童貞のみが乗る事を許された鬼神! その設定はもう少し掘り下げが見たかった!

■一発ネタ的な
 前述の一本筋は快かったですが、一発ネタ的な童貞設定、ギミックや“動画”は微妙。
 一説には、パチンコ向けのネタとして作られたという話もありますが
 奇妙な作風には、それも頷けるものがあります。

 賑やかな長崎の町、色街、装飾が多い服装、筋骨隆々(陰影を描く必要がある)体格などなど……。

 アニメとして、何枚も描いて「動かす」にはキツい題材となっており
 実際'“ほぼ動かない”という、gifアニメにも似た手法で、酷く好き嫌いを選ぶ動画となりました。

TV放映アニメとしては異例の「動画」

イメージ 14

 特に一話目、アニメにおいて「口だけ、一部分だけが動く」というのがいかに不自然か
 それを良く解らせてくれる作品となってしまいました。
 もちろん、話が進むにつれ改善。

 作画崩れではなく、作画は完璧に、動画は動かさない! TV放映アニメとしては怪作でしたね。
 シャフト的なものとはまた違うというか。

 一発ネタが多いシナリオといい、何か事情があったのかもしれません。

これまでの感想、リンク一覧

イメージ 11

イメージ 4

イメージ 6

 すっきりしない終わり方だけは参りましたが、慶ちゃんと霧子の恋愛譚としては終わったのでしょう。

 ともあれスタッフの皆様、本当にお疲れ様でした!
 天下一!

■各話感想
 サブタイトルが当時の感想へのリンクになっています。




■主題歌
 OP タマシイRISES
 ED UPON A STAR

OP主題歌「タマシイRISES」

イメージ 7

 坂道駆け上がり 見渡した世界は
 眩むほど広く 向かい風強く 挑むように空高く
 箱庭の夢なら 足枷になるだけ 捨て去ってあの日魂が告げた 至るべき彼方

 開け破れ走れ コケて起きてもういっちょ走れ
 固く握る拳 叩き付けろ 光が射す

 さぁ行こう 立ちはだかる時代壊して

※魂がRISEする主題歌! テンションをグイグイ上げていくオープニング曲で、すごく良かったです!!