GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

マジンボーン 第14話「シャークの暴走」 感想

ルーク編開始! 意外に愉快なネポスの実情、リーベルトさん苦労人だったか…

イメージ 16

イメージ 1

イメージ 14

 意外にアホで仲間思いと判明したネポス。いかんぞ、これは面白くなってきた!

■第14話「シャークの暴走」
 またも暴走詐欺。だがそれも許せる楽しい一幕だった!
 ルークの過去、続々登場するネポス勢と、今後に向けた掘り下げとバトルが楽しい!
 レナード博士も登場で大満足。

 バトル面では謎も残りましたが、ネポス人もコクーン内だとパワーアップしちゃうのでしょうか?

 あとバンドマンじゃなくなった! バンドマンじゃなくなっちまった!!

『ココアやチョコには亜鉛、傷の直りを早くする栄養素があるんですよ!』

イメージ 2

 ギルくんは物知りだなぁ。

■ルークの決意
 敬愛するリーベルトを傷つけられたと知り、ネポス随一のパワーファイターコンビが地球に侵攻。
 これに対し、ルークはたった一人で「暴走」を試みる。

 ボーン研究者の父の元で、幼くしてシャークに選ばれたルーク。

 彼が背負ってきた覚悟が迸り
 再び暴走臨界に突入したシャークの覚悟に、翔悟達は絶叫する。
 結局、リーベルトの制止で戦いは中断されたものの、後には決意を固めたルークと、新たな敵の影が残った。

 次回、第15話「ゆれる運命<さだめ>」

レナード『異空間でボーンとの対話が実現するなんて…、実に、興味深ァァい!』

イメージ 3

 専用BGMで大暴れする博士。ホント、この人ってばノリノリだなぁ!

■ボーンとの対話
 自ら暴走しかけた事を報告するルーク、そして翔悟もまた、暴走を経て「対話」した件を披露する。
 対話により、ボーンの力を自らに収めた一件だ。

 ドラゴンへの負担が増している事は、メンバー全員が認めている。

 自分も対話したいとアントニオは望み、
 また、超科学的に見ても貴重な体験談を聞いたレナードは、実にキモく感動するのだった。

ネポス随一のバカ(力)コンビ、独断で地球に侵攻す!!

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 ×××(ダーク××)。この表記、何故かじわじわくる。

■バカの恩返し
 一方、新たに地球に降り立った影二つは、駅前の薄汚れた光景に嫌悪を隠さなかった。
 これは返す言葉もありません。
 ネポスはエライ。

 実はこの二人、女性幹部リーベルトを慕う部下なのです!

 敬愛する上司の敵討ちに、独断で地球までツッコんで来たそうな。なかなか見上げた根性である。

バイズ『ネポスの秩序を乱す、許しがたい行為ですよ? リーベルト』

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 12

イメージ 13

 ドロッサスはcv優希比呂さん。アークとかクロードとかアデューとかシグナルとか! 久々に聞いた!

■ネポスの内情
 一方、そのリーベルトは「事実上の格上幹部」に言葉責めにあっていた。
 多くの部下に慕われるクールな女性だが、良家の娘で、その縁で幹部になったと評されているらしい。
 というか、あの地球侵攻が独断だったらしい。

 ひとしきり言葉責めを受けた彼女らの前に、火属性の大幹部「ダークワイバーン」が来着。

 地球に行った感想を求められるリーベルトだったが
 直後、自分のみならず、部下の二人まで独断行動していたと聞かされ、唇を噛む。

ダンディな大幹部「ダークワイバーン」

イメージ 11

 ワイバーン=飛竜、敵味方含めても、ドラゴン以外では初となる「幻獣系」のボーン
 登場シーンもドハデで、風格ある佇まいじゃないですか。
 こりゃ強そう。

 cvも、最近こういった役が増えたcv井上和彦氏。シブいねぇ。おたくまったくシブいねェ。

レナード『なにせルークは、ボーン研究者の父の元に生まれた訳ですから』

イメージ 14

イメージ 15

 幼ルークさん!

■研究者と披験体
 翔悟の実家、というか竜神パパって神主さんなのね……、の言いつけで掃除をしていたメンバーは
 話好きなレナード博士から、シャークボーン誕生の秘密を聞く。
 ルークもまた、シャークに選ばれたのだ。

 彼が幼い頃―――
 当然、まだボーン研究が進んでいなかった頃に選ばれたのだという。

 そしてその日から、父と息子の関係は「研究者と適合者」のそれに変わったのだというが……?

『お前が竜神翔悟か!』『カードを持ってるのは判ってンだぜ!!』

ルーク『早く―――、全員、コクーンの外に出るんだ!』

イメージ 16

イメージ 18

イメージ 20

イメージ 21

 勘違いしたネポス・コンビにより、ルークが襲われる事案が発生。

■暴走未遂
 襲来したネポスコンビに対し、ルークは矢面に立ち、自ら「暴走」を試みる。
 まるで自爆でもするかのような覚悟!

 乱入した翔悟たちが止めに入り、敵もリーベルトが「逃がした」ことで戦いは中断となった。

 だが果たして自爆覚悟だったのだろうか?
 もしや、ルークは「自ら暴走、翔悟のように対話と昇華を求めている」のか?

 暴走未遂は残念ですが、ルークさんが自己犠牲上等なんてタイプとは思えん! 後者だと思いたい!!

バトルフィールド「突入」演出!

イメージ 17

 余談ですが、フィールドに突入してくる演出がカッコよかったですね。
 着装も飽きてきましたし、織り交ぜてくるのかな?

『あ、アレレ? みーんな止まっちゃったよ!? ……何でだ?』

イメージ 19

 今週笑ったシーン。ダークグリズリー(人間形態は紫頭)の方は、時間停止系の能力か!!
 と思ったら、グリズリー本人もビックリするの図。

 スゲー強力な能力なのに、初めて使えた=全く使いこなせてないのか!! なにこの癒し系大男。

リーベルト『離せ! お前達を呼び戻すのに力を取られて、この通りよ…』

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 余談ですが、今週のリーベルト様は妙に可愛かった。

■部下思い?
 戦いが中断されたのは、勝手に地球に行った二人をリーベルトが「瞬間移動」させた為。
 ドS型女性幹部のイメージから一転、保母さん&苦労人属性に。
 リーベルト様の明日はどっちだ。

 だが、ネポスにとって有意義な事もある。
 地球人の新たなデータを、採取できたのだからな。フフフフフ――――。

 そんな彼女達を嘲笑うイーグル野郎のバイズ。研究者系のキャラはロクな目に遭わない法則ですが…?

エンディング変更。物語は「ルーク編」突入か?

イメージ 1

イメージ 25
 
 バンドマンエンディングが変わった……だと…!?
 新エンディング「Blue Destiny」

 ルークさんを思わせる曲名、―――歌手は「たけの☆こゆき」ってバカにしてんのかい!?

 ていうかカメラアイが紅く光って暴走しそうな曲名ですね。ガンダム的に考えて。

予告『ルーク! 俺たちは誰も欠けちゃあいけない! 誰も犠牲にはしない!』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 14

 ルークさん、今週も暴走詐欺だったか……。次週もチャイナルークさんとタイロン滑り台に注目不可避。

■ルーク編突入!
 一クールかけて翔悟にスポット当て続けましたが、変わって他のキャラと「ネポス」にスポット!!
 ネポスの町並み、自然の一部と思しきカボチャ状の都市といい
 これは地球人きたないといわれても仕方ない。

 一気にキャラが増え、正直言って覚えきれません!

 が、それだけに面白くなってきた第14話。
 これは次回も楽しみですね。

 次回、第15話「ゆれる運命<さだめ>」