GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

蒼き鋼のアルペジオ 9巻 [漫画 Ark Performance]

イ401、イオナ艦長代理出撃! メンタルモデルら、各々のままに戦う第9巻!

イメージ 1

イメージ 8

イメージ 3

※画像右下隅クリックで拡大。

 正体不明の思考体『霧の艦隊』に制海権・制空権を奪われた近未来、唯一海洋を行く青年を描くSF戦記。
 そもそも、自分達の正体すら知らない霧の艦隊の少女達
 独自調査を開始しますが…?

 いよいよ賑々しくなるコンゴウ艦隊 vs イオナ艦長代理率いるイ401、その激突は次巻!

■映画化!
 原作者自ら参加し、オリジナルシナリオでのアニメ化となった「アニメ版アルペジオ」。
 そのルートにおける完結編が劇場化とのこと。

 いやあまさかなぁ……。
 一ファンとしては嬉しい限りにございます。ファファファ。

独自行動を取るコンビにより、“新生ヒュウガ”誕生す?

イメージ 2

 さて、ブリッジをイオナに任せた群像が何やってるかというと、付近の“ヒュウガの残骸”へ。
 直近には、彼女が率いていた艦艇の残骸も。

 ポイントは、それだけ大量のマテリアルを用いて何をするか。ヒュウガの復元? それとも?

 また「何故わざわざ群像が付いてきたか」も気になる所ですよね。

『50年、100年後の為に動く。……それが政治家というものですよ』

イメージ 5

 北海道を「私心なく」運営するべく作られたデザイナーズチャイルド、眞さんの一言。

■イ401、動く!
 コンゴウ艦隊に対し、たった一艦でにらみ合うイ401には奥の手があった。
 ヒュウガは群像と共に自らの艦体の残骸へ急行する。

 一方、ヤマト指揮下を強制されたタカオは軍学校へ潜入し
 同じくヤマト直属の各隊も調査に動く。

 ヤマトの目的とは何か?
 また、艦体を再構成しつつあるというコンゴウの真意とは?

 群像と別行動をとるイオナ艦長代理、旗艦コンゴウ一点狙いの大胆な作戦が始まる――――!

アニメ化でますます人気が高まるタカオ、新たなコスチュームへ!

イメージ 6

 というジョークはさておき、相変わらずヤマトの指揮下から逃れられぬタカオ。
 何故かヤマトの勅命により“群像達の母校”に潜入。
 なおバレバレの模様。

 これを評しネーミングセンス以外はという冷静で的確な言葉は、さすが日本の首相と言えましょう。

最古参メンタルモデル・イオナ! 若人たちをもてあそぶ!!

イメージ 4

 コンゴウ艦隊は「規律を学ぶ」と言う方向性から、何故か生徒会コスチュームで統一という暴挙。
 言え! お前らをだましてるのは誰だ!
 絶対わかってやってるだろ!

 アホっぽいほうは「アシガラ」、大人しく賢そうな方は「ナチ」。コンゴウ艦隊も人材豊富だなぁ

タカオの妹『アタゴ』も参戦!

イメージ 9

 なんせ艦隊戦ですから、メンタルモデルが出るわ出るわ。
 タカオの妹、同型艦「アタゴ」も登場。

 活躍は今後という事で、今回は顔見せ程度。いかにも「姉と一緒にされたくないわ」っぽいですね。

収録

イメージ 7

 眠るイオナは、自身が「戦術ネットワークそのものである」と言う夢を見るが……?
 ヤマトと同じドレス姿と言い、今艦も謎を散弾銃の如くブッ放つZE!

 アワーズコミックス「蒼き鋼のアルペジオ 9巻」。
 Ark Performance(コンビ名)、ヤングキングOURS連載作品。少年画報社
 2014年6月発売

 カバー折り返しは、元・大戦艦ハルナについて、イ400&402のレポート。
 カバー下はタカオさん劇場。

■収録
 48~53話まで。各サブタイトルなし。著者コメントなし。
 冒頭にあらすじ、巻末に次巻予告あり。

 イオナ艦長代理スタートから、群像戦術「では始めるとしよう」スタートまで!


 蒼き鋼のアルペジオ「公式うすい本」
 アニメ版、1話感想、2013年10月放送開始。かなり再編集されています。