GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

魔法科高校の劣等生 第13話「九高戦編Ⅵ」

きたない、さすが一校きたない。コスプレ大会の果て、赤い王子出撃す!

イメージ 6

イメージ 18

イメージ 17

※画像右下隅クリックで拡大。

 きゅ、急にコスプレが始まったので……。
 三校の赤王子が動き出し、マフィアの目的も判明するなど次のステージにつないだ13話!
 色々思惑が動く中、達也さん自身の目的も見え隠れ。

 次クールへの節目、今後へとつないでゆくようなお話でしたね。

■一校無残
 今週も「お兄さま凄い」が限界突破してますが、なぜ女性班にまわされたのかも判明。
 ほのかさん達が欲しがった、とかでなく「男子が嫌がったから」だそうで。

 まあ森崎君ならそうもなるよね……。

 お兄さまを認めぬ貴重な存在、彼の苦闘はこれからだ! 間違っても敵に利用されるなよ森崎君!!

『水面に光学系をかけるなんて、思ってもみませんでした―――』

イメージ 8

 ルールの隅を突く達也殺法。ほのかさんノリノリであった。

■思惑色々
 新人戦スタートとなる大会四日目、雫以下、一校女子はスピードシューティングを圧勝し祝杯を上げる。
 続くバトルボード、アイスピラーズブレイクと連勝を続けるが
 男子は、三校に遅れを取りはじめていた。

 対する三校は、一校一年女子、その技術者がクセモノだとアタリをつけて行動を開始。

 同じく三校を、私欲から支援する香港マフィアは
 一校の三連覇を防ぎ、自分達が主催する「賭け」の損害を抑えるべく暗躍する。

 次回、第14話「九高戦編Ⅶ」

会長『でも本当に凄い! 一、二位、三位を独占するなんて♪』

イメージ 2

イメージ 3

 うーん鼻高々!

■スピードシューティング新人戦!
 大会四日目、敗北フラグを立てまくっていた雫だったが、別にそんな事は無かった。
 達也君の新魔法を、ありあまる魔力で連続発動
 そのまま優勝を勝ち取る。

 他二人も同様に達也CADを使っているので、後は魔力の差がそのまま出たのだろうか?

 ともあれ一校の表彰台独占に、会長も鼻高々であったようだ。可愛い。

『俺は自分が開発した魔法を、自分が使えないという恥を晒したくないだけです』

イメージ 4

 当然、今回使用した魔法を「新魔法」として登録するよう求められますが、達也君はこれを拒否。
 雫が登録すればいい、と促します。

 だって達也君は魔力が低いので、使いたくてもまともに使えないのです。

 そんな恥ずかしいのはイヤだから
 今回は雫に譲る、と、達也は名誉を譲るのでした。さすがお兄様。

『―――少なくとも、デバイス面でニ、三世代のハンデを負うと考えるべきだ』

イメージ 5

 cvは松岡禎丞さん。今期は“愛徒勇気”役などで活躍。来期はキリト君も……。

■三校驚愕
 一方、ライバルである三校一年生は事態に驚愕。どうみても一校スタッフに変な奴がいる!!
 雫が何気なく使ってるCADも、実は特殊な代物だったようです。

 後述のマフィアによれば、一年生の質自体は三校が優位らしいのですが……?

 赤い王子はフンドシを締め直して挑むのでした。

『北山(雫)のデバイスは、特化型と汎用型の長所を兼ね備えたものだった――』

イメージ 1

 特化型は、一系統の魔法に特化して使いやすくした機種
 汎用型は色んな系統の魔法が使える。

 雫さんのデバイスは、その両者の長所を兼ね備えた「どのメーカーでも見たこと無い」レベルらしい。

 きたない、さすが幻の技師トーラスシルバーきたない。

あずさ『光井さんは、何故あんなに光学系起動式をあんなにたくさん……?』

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 汚い、さすが軍人きたない。

■ほのか圧倒!
 意外にトランジスタグラマーだったほのかが挑むのは、魔法自走ボードの「バトルボード」!
 その名の通り光系魔法が得意なのか、そこを活かした作戦を使います。

 太陽拳

 もとい水面に光魔法をかけることで、間接的に敵集団を怯ませたほのか。
 直接攻撃は不可でも、水面を狙うのはオッケー。

 前回の渡辺先輩も(?)、水面を爆発させて集団を乱してましたし、ルール範疇の攻撃ってワケですな。

ほのか『わたし、本番に弱くて競技会に勝てたことって殆どないんです…』

イメージ 10

 試合後、作戦を授けてくれたお兄さまに泣きつくほのかさん。
 よっぽど嬉しかったらしい。

 というか例のスピードシューティング魔法といい、運営委員会はルールの見直しが大変ですなコリャ。

マフィア『新人戦は、第三高校が有利ではなかったのかッ!』

『本命が優勝したのでは、我々胴元が一人負けだぞ――――!』

イメージ 11

イメージ 12

 あくまで「香港支部」であり、本部は中国なのだそうな。

■マフィア動く!
 快調に勝ち進む一年女子に対し、男子はピリッとしない模様。
 これは「来年以降」の為にも大きな課題となり、一校トップの頭を悩ませます。

 一方、もっと悩んでいたのは例の香港マフィア!
 九校戦を賭けにしていたのです。
 なるほど。

 二連覇中の一校は当然「本命」。
 しかし本命狙いが多すぎ、このままだと胴元に損が出そうだと頭を悩ませているようです。さて…?

深雪『登録者の名誉を断られたのは、おば様のご意向を汲んでの事ですか?』

イメージ 13

 どうみてもラバーズ。

四葉の意向
 その後、部屋に戻ったお兄さまに、深雪さんがスタンバっていました。
 どうも「お兄様は四葉の秘密兵器」って感じらしい。 

 新呪文登録をしなかったのは、司波達也が凄い魔法技師だと気付かれたくないからのようだ。

 謎の技師シルバーとしてなら隠蔽できるが
 ただの劣等生の達也を、四葉がカバーしようとすると無理が出るから、穏便に済ませたのだと。

 お兄さまは、いつか四葉家に反攻すべく力を溜めている段階のようですね。

達也『―――雫、本当にその格好で出るのか?』

イメージ 14

イメージ 16

イメージ 17

 振袖 vs バンカラ! なんだこれ。なんだこれ!

■「まるでファッションショーだな…
 さて続いては、クラッシャー先輩が大活躍した、あの氷柱破壊合戦<アイスピラーズブレイク>である。
 ほぼ動かずできるこの競技、好きな格好で出て良いらしい。
 大事なのはメンタル力なのです。

 てなワケで、振袖雫vsバンカラ女子というドリームマッチが誕生!

 なお雫さんが圧勝したようです。
 音波だかなんだか、そういうのが得意らしいので向いてますよね。雫さん。

雫『千代田先輩や英美よりは、地味だと思うけど?』

イメージ 15

 犬系女子の英美さんは、西洋騎馬兵のようなスタイルで出場したそうな。
 ショットガンみたいなCADを使っており
 面制圧が得意そう。

 彼女、フルネームは明智英美というそうな。なんか、本能寺しそうな名前だったのね……。

『綺麗な魔法…、光波ノイズが全然出てない、事象改変に使い切っているんだ…』

イメージ 18

 合間のシーンでは、デバイスを調整する達也と、彼を見守るほのかさんの姿が。
 とにかく低魔力な達也は、効率よく使う工夫に長けているらしい。
 称して、綺麗な魔法とは上手いですね。

 ていうか達也さんがほんのちょっと前まで中坊だった、という事案に戦慄を禁じえない。

渡辺『これはまさか、インフェルノ!?』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 これには一年男子も苦笑い。

■達也さん大盛況
 続く一年女子、アイスピラーズ・ブレイクにて深雪も真価を発揮。
 いわば魔力値とMPが規格外にデカいという、兄と正反対のハイスペック妹の真価である!

 A級魔法師でも難しい上位魔法、インフェルノ(地獄の意)の火力でフィールド全体を炙り
 その後、瞬時に冷却魔法に切り替えることで
 温度差で粉砕してしまう。

 四日目を終えた一校の晩餐会は、一連の魔法式(要するに呪文)を構築した達也を賞賛する。

 一方、成績が芳しくない男子は早々に席を辞してしまう。
 なにせ「達也が女子担当」なのは、元々彼ら、一年男子が二科の彼を嫌がったかららしいのだから。

森崎『見てろよ…、ブルームがウィードより優れた存在だと証明してやる…っ!』

イメージ 25

 二科の達也が成果を出して評価される一方、一科が成果を出せないおかしさ。
 これは森崎くんキレる!
 負けたくない!

 ちなみに彼は一年男子なので、後述の真紅郎と争い、バトルシーンなしで敗北していたらしい。

一年男子は不甲斐ないな……
 と、生徒トップが相談しているシーンにて、順位表を確認できる。

『第三高校一年、一条将輝』『同じく第三高校一年、吉祥寺真紅郎です』

イメージ 26

 むしろ、相方の方が真紅っぽい名前だったのか。

■宣戦布告
 一方、一校を追うライバル校の一年生トップ・コンビは、達也の存在をかぎつけ宣戦布告に現れていた。
 その名前からして、彼も「十氏族」らしい。
 というかやっぱり一年なのか。

 オープニングで大見得をきりつつ、一クールかけてようやく対峙した紅王子。その実力とは……?

次回、赤い王子の宣戦布告? 果たして彼はライバルとなりうるのか

イメージ 1

イメージ 8

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 20

イメージ 19

イメージ 24

 個人的には、雫と戦ったバンカラ女子に一番笑いました。なんて不意打ちだ!

■一校女子、絶好調!
 妨害は“三校を勝たせる事で、賭けの儲けを狙う”マフィアの暗躍で確定。
 逆に、三校は三校なりにマジメに戦っているのでしょう。
 ところで二校の立場は……。

 実戦仕込+既に一線で働く技術者、達也くん調整のCADにより順調に勝ち進む一校女子。

 ネックとなるのはマフィアの妨害
 そして、エリート主義に凝り固まった一校男子という事になりましょうか?

 一方、お兄様も「日本を牛耳る十の名家」の一つ
 実家・四葉家のコントロールから脱するべく、今は雌伏している段階と判明しますが……?

 次回、第14話「九高戦編Ⅶ」