GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

シドニアの騎士 最終話「帰艦」

ナガテ八面六臂! 決戦の果て“エナ星白”の行方は……? 二期制作決定!

イメージ 4

イメージ 24

イメージ 23

※画像右下隅クリックで拡大。

 超巨大ガウナ突破の最終決戦、紅スズメとの一騎打ち、主要キャラの多くに見せ場を与えつつ
 しかも「ナガテって本当に良い奴だなあ……」と思わせつつ
 二期への謎も残す!

 実に密度が高すぎる最終回! スタッフさん頑張りすぎですぜ!!

カタルシスと謎
 あのナガテが言うからこそ、「お前なんて星白でも人間でもない―――」という台詞が映える!
 その後、七騎掌位の衛人が帰還、これを受けいれる残っていた面々
 あのシーンは素晴らしいカタルシスでしたね。

 一クール総決算として、本当に「終わったぁ……」と思わせてくれた激戦、そして謎! 良い最終話だった!

『煉だよ』

イメージ 26

 戦後、何故か降ってきた仄煉に呆気に取られる二人。うーんこの表情。

■衛人の帰艦
 人口カビによる初の遠距離・対ガウナ兵器を手に、シドニア選りすぐりの48騎が超々巨大ガウナに挑む。
 シドニアもまた全動力をつぎ込み、主砲によって彼らを援護
 見事、突撃隊を侵入させることに成功する。

 射撃兵器にとっての難敵、高機動型ガウナ“紅スズメ”もナガテが土壇場で討ち果たし
 サマリ率いる決死隊は見事ガウナの撃破に成功。

 再び航海に戻ったシドニア、彼らが安息の地にたどり着けるのはいつの日であろうか――――。

 第二期制作決定!(放映時期未定)。

オペレータ『ガ542、エナ大きく欠損、内部構造露出! 成功です!』

イメージ 1

 シドニアのほぼ全動力を乗せた砲撃は成功、巨大ガウナの胞衣<エナ>を打ち抜き、道を切開く。
 が、通信障害が激しく、また数分程度で「穴」が塞がるという。

 シドニアの全力が数分で水の泡に!?
 ガウナ怖い!

 一方、砲撃の余波に煽られ、機体を必死に立て直すイザナも良かったですね。CGカッコイイ!

ナガテ『継衛には新型推進器の試作機が入ってる、俺一人なら間に合う!』

仄『谷風―――、またお前一人だけ特別な装備だな。ズルい…』

イメージ 2

 仄さん、ついに言ってしまった。多分衛人乗りの誰もが思っていた事ですよね、コレって。

■仄、託す
 谷風の腕を知っていても、“だから特別扱いされる”と解っても、嫉妬する気持ちは有る。
 そんな仄に、谷風は「だからこの先は、俺一人で行く」と言い切った。
 ナガテは「だから」と言える男なのだ。

 優遇されていると知って、“だからこそ”危険に一番に飛び込んでゆく!

 そんなナガテの言葉にハッとした仄は
 姉妹の仇を撃って欲しいと、貫通弾と気持ちを託すのだった。

サマリ『第一小隊、開口部から突入する!』

『高速移動するガウナ反応検出、べ、紅スズメです!!』

イメージ 3

 速度がまるで違う! そりゃ勝てんわ!!

■谷風ナガテ、遮る
 急速に閉じられてゆく「傷口」に飛び込めそうなのは、ごく近場にいた数機の衛人のみ!
 が、衛人サイズに凝縮されたガウナ、紅スズメが猛追する!!

 その基本性能は衛人の比ではなく、またも瞬時に一機を葬る!

 が、残された突入隊と紅スズメの間に割って入った影があった! やはり英雄機・継衛である!!

『ガ542に動き! ヘイグス粒子密度が、前方で急上昇しています!』

ユハタ『まさか、直前で飛翔体を迎撃するつもりなの!?』

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 ふんぬぉぉぉぉぉ!と叫んで戦ってなんとかするナガテ、マジど根性。しかし!

■谷風長道の奮闘
 二機の犠牲、ナガテを単機で残しつつ、第一小隊残存六機は突入に成功!
 一方、巨大ガウナは、迫る飛翔体(ミサイル)を迎撃すべく
 前面に次々とヘイグス砲を形成。

 その上空、ヘイグス粒子を自在に操る紅スズメに対し、継衛は必死に食い下がる!

 速度も攻撃手段も遥かに多彩な紅スズメ
 が、ナガテは次々とかわし、擦違い様にエナを大きく抉り取った!

 しかし息をつく暇もなく、形成されたヘイグス砲を「対空砲火」に転用され、ナガテは意識を失ってしまう。

イザナ『ナガテ! 目を覚まして、ナガテっ!!』

ユハタ『このままじゃ爆発する―――、イザナ君!』

イメージ 7

イメージ 8

 徐々に機体を立て直し、“無理”を正していくイザナ! 凄いよイザナ君!!

■科戸瀬イザナの奮闘
 が、ナガテに遅れてやってきたイザナが、その窮地をギリギリで救う!
 一機分の推力に、急にニ機分の負荷をかけられた機体は
 爆発寸前まで悲鳴を上げる。

 だがイザナは勢いを殺さぬまま機体を流し、機首を起こし、重力圏から脱出!

 うまく機体を操り抜いたイザナの手腕により、なんとか二機は体勢を立て直すことに成功するが―――

『科戸瀬機後方から、紅スズメ急接近!』

勢威『主本体はあの壁の向こうだ! あれさえ壊せば―――!』

イメージ 9

イメージ 10

 砲門を開き前進する一八式衛人隊、カッコよすぎる!

■二面同時の危機
 が、エナを修復しつつ追いついてきた紅スズメにより、二機は分断。
 イザナは流され、ナガテは意識を取り戻す。

 一方、ガウナ内突入したサマリ第一小隊は不退転の覚悟で前へと進む!

 ヘイグス粒子は動力源
 撃ち過ぎれば、すなわち帰る動力も失う――――など、百も承知! 二度と帰らぬ覚悟でサマリ隊は進む!

 帰りのヘイグス残量を気にする必要は無い―――、そうだろ!

『継衛のガウナ本体貫通弾、残弾ゼロ!』

イメージ 13

イメージ 14

 ナガテの死がほぼ確定されてゆく報告に、艦長は無言で荒い息。いい演出でした……。

■「ホシジロ一機撃破
 一方、決定打が「貫通弾」しかないナガテの継衛は、徐々に追い込まれてゆく。
 一撃でエナと本体を破壊できる貫通弾だが
 使い捨てなのがネックなのだ。

 高速で動く紅スズメに当てるには、ある意味、カビザシよりも余程難しいかもしれない。

 遂に残弾を失ったナガテ。
 そうだ、と仄煉から託された弾丸を取り出すが、勘付いた紅スズメに、先に銃そのものを破壊されてしまう。

『お前なんて…、星白でも……、人間でもない――――、行けェッ!!』

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 コンピュータ表示『緊急装置はお勧めしない! お勧めしないって言ってるだろ!(意訳)』

■紅天蛾、撃破
 人間のように敵の動きを推察し、先手先手を打つ紅スズメに追い込まれるナガテ
 だが、同じ思考をもつからこそ紅スズメは油断する!

 勝利を確信し、嘲笑い向かってくる紅スズメを、ナガテは渾身の言葉で否定!

 不意に前腕ごと弾丸を射出
 驚く間もなく、星白閑を模したガウナ“紅天蛾<ベニスズメ>”を撃ち砕く。

 姿も声も星白だろうと、笑いながら仲間を次々と撃つような奴が“星白閑”であるはずはないのだから……。

サマリ『見えたッ! あれが主本体だ――――、撃てぇッ!!』

イメージ 18

イメージ 19

 この期に及んで出来るのは、ただ信じることだけだ!

■「間に合うッ!
 現時点でのシドニア選りすぐりの衛人乗り、48騎の中、わずか6騎となった突撃部隊。
 サマリ率いる突撃部隊は、心臓そっくりの主本体に砲撃を集中
 巨大といえどガウナ、貫通弾で胞状分解させる。

 主本体を失った巨大な胞衣<エナ>は、内包した小惑星を残し急速に分解、そこに対惑星弾が着弾!

 体内で仕事を終えた6騎は、哀れ爆発に巻き込まれる……?

『崩壊する小惑星から飛び出した飛行物体確認、これは、衛人です!!』

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 31

イメージ 23

 CGでもこんなに豊かに表情の変化が描けるんだなぁ………。

■七人の帰還
 突入に間に合わなかった二機に救助されたイザナ。悲しげな三人のヘルメットに輝きが映り込む。
 胞状分解と惑星破砕、その障害が解けたシドニアの前方に
 継衛以下、七騎の衛人が舞っていた。

 ギリギリで継衛と合流した六騎は、七騎掌位加速で振り切って脱出したのだ。

 死闘と呼ぶに相応しい戦いを潜り抜けた、48騎の残存10騎は、無事シドニアへと帰還する―――。

ナガテ『え、えと、操縦士を辞めるって、本当なのか……?』

イメージ 24

イメージ 25

 正直に言ってしまうけど、俺はお前を許せないという気持ちはまだある――――

■岐神海苔夫の涙
 戦後、海苔夫が操縦士を辞めると聞いたナガテが、直接岐神邸を尋ねてくる。
 ナガテはごく正直に、ただただ自分の気持ちを打ち明け
 シドニアを守りたい気持ちを告げる。

 海苔夫もシドニアの一人だし、何より海苔夫の腕を認めている、戦友になってほしいのだ、と。

 栄光を望むあまり歪んでしまった青年は
 まっすぐに、ただ皆の為に戦いたいというナガテの言葉に、ただただ涙に暮れるのだった。頑張れ海苔夫。

『――――煉だよ。焔のことがあって、谷風には素直になれなかったんだ…』

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

 なぜ降ってきたし!?

■仄煉、五歳
 それからまたクルッと場面転換し、空から舞い降りる仄煉。
 親方、空から女の子が!

 煉(れん)曰く、仄シリーズはクローンを五年程度で急速培養し、特殊知育した人間らしい。
 だから、精神的に幼いかもしれない
 ごめんなさいと謝る。

 あの星白事件直後の事を謝る仄、貫通弾の礼を言うナガテ、和やかな空気、面 白 くな い イザナ。

落合『ガ542との戦闘中、脱出艇が用意されていた形跡があります』

『どこまでも生き恥を晒す、過去の遺物どもめ―――!』

イメージ 29

イメージ 32

 何故でしょう、落合さんが「〆てやりましょうぜ艦長!」と報告するヤンキーに見える。

■小林艦長の決意
 小林艦長を軽視する不死の船員会、彼らが「生き続ける」理由も明らかに。
 シドニアは、100年前にデータベースが破壊されてしまった為
 彼らの経験が重要らしいのです。

 なので「落合の補助脳から全データを吸い出せれば、アイツら宇宙の塵にしてやらぁ!(意訳)」と。

 あの変なベッド老人達って、何歳なのだ……
 少なくとも、小林艦長や科戸瀬ユレ博士よりも「古い世代の不死技術」っぽいですよね。

消えた“エナ星白”と、謎の赤い少女の正体とは……?

イメージ 30

 ラストシーンは「空っぽの星白部屋」、それを知らないナガテ、人語を解するガウナ……?

 紅スズメは分解しましたし、雰囲気も人間に近く、エナ星白がいなくなった様子からすると
 最後に残ったアレは、エナ星白の進化体なのでしょうか?
 最後に謎を残すのはズルいね!

 その詳細は次期、或いは原作で!

二期制作決定! 次シーズンは「狂った英雄・落合」に迫る?

イメージ 16

イメージ 25

イメージ 22

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 28

イメージ 11

イメージ 12

 最後の最後でもふくれっつらをもらうイザナであった。可愛い。

■落合の謎
 押され続けた激戦を、戦い抜いて勝利するという快感
 強敵、紅スズメへのナガテなりの決着
 予想外の武器での勝利

 バトル面でも十分満足しましたが、その後の日常パートもまた良かった!

 十分満足できましたが、艦長・ヒロキ・ララァと並ぶカビ発見の英雄、狂った科学者「落合」の謎が。
 今期は、ほぼ「触れただけ」で終わってしまっただけに、次期の課題でしょうか。
 最後は二期「第九惑星戦役」と銘打ってツヅク!

 いい最終回だった!


■原作漫画感想
 シドニアの騎士 1巻(弐瓶勉)※アニメ♯1~3話冒頭まで。
 シドニアの騎士 2巻(弐瓶勉)※アニメ♯3~7話まで。