GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

マジンボーン、第13話 感想 [2014春アニメ]

意外かつ納得のフェイント回! 翔悟の父ちゃん、ナイスガイすぎます!!

イメージ 16

イメージ 18

イメージ 10

 誤解してましたが、彼女の名前は“リーベルト”様だった模様。彼女とは和解フラグも?

■第13話「本物の強さ」
 前回の展開、予告からシャーク暴走回かと思いきや
 暴走の愚かさを説く理性の回。
 これは素敵だ。

 ですが、寸止めで終わった暴走も見たかったなぁ……と思ったら、次回暴走とのこと!

 この配慮には感服しましたが
 さて、一体どんな展開で暴走に至ってしまうのでしょうね。次回も楽しみ。

ギルバート『(牧場だと)そういうことになっているんですっ!』

タイロン『空気読んでください!』

イメージ 4

イメージ 5

 祝! 空気を読めない天災博士、レナード博士来日っ!

■見失うな
 緊急事態に際し、身の丈に合わぬ力を解放したドラゴンは暴走、大被害をもたらしてしまう。
 傷付いた翔悟と町の人々の姿に、ルークは全て自分の責任だと背負い込む。

 再び現れたリーベルトにルークは猛る!

 だが、我を忘れたルークを戒めたのは翔悟だった。
 自分自身を見失った者に、相手の姿など見えるはずがない――――。
 父の教えを胸に、翔悟は戦う!

 また一つ適合を進めた翔悟に、リーベルトも彼を認める。が、不穏な空気がネポスにも漂っていた。

翔悟『だからって、山を吹っ飛ばすことはないだろ!』

ドラゴン『―――我は、お前の激しき感情に従い力を出したまで』

イメージ 2

イメージ 3

 だから言ったじゃないか(意訳)。

■地球壊滅
 強く共鳴しすぎた翔悟は、精神だけがドラゴンと結びついたままになってしまったそうな。
 心でドラゴンと語り合いますが、強くも言えない翔悟
 制御できないって言ったじゃあないか……。

 自分の弱さと向きあう翔悟に、ドラゴンはさらに言葉を重ねます。

ドラゴン『我が始まりの魔神に捕らえられれば、この惑星は消滅する』

リーベルト『こんな薄汚い惑星に、興味は無い』

イメージ 6

 強烈な情報齟齬。

■始まりの魔神
 彼曰く、始まりの魔神とは最上位の魔神、この宇宙すべてを創造した創造神であるという。
 敬意を以って彼を表現する辺り、本当に偉大な存在なのでしょう。

 ですが彼にドラゴンが捕えられた時、地球は消滅すると明言。

 その真否は不明、リーベルトの言葉とも反します。
 ですが、もし周囲がリーベルトを信じれば、地球を助ける為にドラゴンが生贄になる可能性も……?

ルーク『絶対に倒さないと、アイツを!』

イメージ 7

イメージ 8

 今週のルークさん、徹頭徹尾マジだった。一方レナード博士は平常運転だった。

■決意
 ドラゴンを守るという使命で帯びて現れたルーク、その心中は本当に優しい男でした。
 翔悟を守れなかった悔恨のみならず、二次被害で傷付いた人々も気遣い
 全て、自分の責任として背負い込むルークさん。

 この手は、目的以外はどうでもいいというタイプも多い中
 一見クールな男ながら、誰よりも熱い男!

 昔グレていたというアントニオを、彼が更正させたらしいってのも納得ですね。責任感強い男だわ。

タイロン『他所の星に来て、人を傷つける…、愚かなのは貴女の方でしょう!』

リーベルト『自分で自分を傷つけるお前達が、よく言う……』

イメージ 9

イメージ 10

 アントニオも戦う! あの女好きが躊躇いもせず!!

■ネポスの価値観
 対し、ドラゴンだけが目的だというネポスの幹部、リーベルトは彼女なりの正論を放つ。
 彼女にすれば、地球人は豊かな惑星を自ら傷付ける愚かな生物
 未開人に過ぎないのだ。

 ドラゴンだけ頂ければそれでいい、が、邪魔が入ればその限りではない。

 彼女から見れば愚かなだけなのだ。
 だから、どれだけ傷つけようが心が痛まないのだ……、タイロンさんの熱い台詞が光る!

ルーク『仕留める―――、必ずお前を……!!』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

 BGMの盛り上がりっぷりからして「来るか!」半分、前置きからして「無いな」が半分。

リーベルト翻弄
 リベレーションコクーンに移っても、なおルークたちは翻弄される。
 リーベルト、パンサーは「空間移動」能力者。

 敵の攻撃を次元を渡って回避し、腕、脚だけを「飛ばす」ことで遠隔攻撃も自在!!

 こちらを翻弄するタイプの能力に対し
 頭に血が上がったルークは、完全にブチきれてしまうのだが――――。

翔悟『ルーク! 感情のままに動いてはいけない、それは本当の強さじゃない!』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 17

イメージ 18

 めちゃくちゃ成長していく翔悟ですが、応分に痛い目にも遭ってて好感度高い。

■本当の強さ
 父の言葉を思い出した翔悟は、冷静さを忘れ、自分を見失った者に勝機は無いと思い出す。
 平常心を以って応じねば、激情はフィルターをかけてしまう
 物事の本質が見えなくなるのだ、と。

 激しい戦いの中にあって、常に冷静に周囲を見渡す平常さを保たねばならぬ!

 若くして達人の境地に至った翔悟は
 ドラゴンとの共鳴を進め、驚異的な動体視力で全ての攻撃を見切る。

 遠隔攻撃ゆえのタイムラグが仇か、パンサーは逆に翻弄され、遂に撤退に追い込まれるのだった。強ェ!?

なお、戦いが終わったらいつもの翔悟に戻った模様

イメージ 19

イメージ 1

 意識を取り戻した翔悟に、まっさきに「怒り」をぶつける父・健悟! 良いパパだわ。
 そして、ちょうど戻ってきた早穂ちゃん。
 取り巻く仲間達。

 また愉快な日常が戻ってきたってな寸法ですね。ホント、ホッとするオチですね。

予告『シャーク! 何一人で戦ってんだよ! お前一人で戦ってんじゃないんだ!』

イメージ 20

イメージ 21

 しかしタイガーとウルフでしたっけ? えらく泰然自若としてますが、何か考えがあるのでしょうか?

■今度こそ暴走!?
 マイペース過ぎる天災博士レナード
 どんどん感情的になっていくルークさんから目が離せなかった第13話! こんなに熱い人だったのか…。

 が、間接的に健悟パパの指導を受けた格好となり、暴走には至らなかったルーク
 今回の一件で、地球人もやるなと見直したリーベルトですが
 次回、ゲスな新ネポス人が現れる……?

 次回、第14話「シャークの暴走」