GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

超級! 機動武闘伝Gガンダム 爆熱・ネオホンコン! 4巻[島本和彦]

vsアレンビー・ビアズリー戦終了! オリジナル展開が織り交ざる第4巻ッ!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 10

※画像右下隅クリックで拡大。

 アレンビー戦終了から、ミケロ&チャップマンとのタッグ戦へと突入!
 噂の超重力フィールド発生など相変わらず勢いある展開!

 ですが、ここにきて色々と漫画オリジナルな展開が目立ちはじめますが……?
 大筋は変わっていない為、ここは現代版というべきか!
 チボデー、チボデーの出番はあるの!?

■天剣絶刀!
 今回はタッグ戦終了まで描き、ヘブンズソード乱入で続く!
 また今回は「単行本がちょっと薄い」と感じますが、そこはそれ! それはそれ! 理由があるのです。

昭和オタの激闘漫画「アオイホノオ」、七月より堂々のドラマ化!!

イメージ 6

 島本漫画「吼えろペン」の炎尾先生も激賞! って自作自演だコレ!?

■怒涛の島本月間
 帯の通り、今月から来月にかけて島本作品が一挙四本も単行本刊行!
 刊行を敢行! 島本先生、生きてますか!?

 七月からドラマが放映開始される為、それにあわせてのスケジュールのようです。無茶しはるでホンマ。 

ウォン『デビルガンダムの生体ユニットとして、キョウジに代わる者――』

イメージ 3

 格闘家の魂を介さぬウォン首相は、実利的側面からアレンビーに目をつける。

■ドモン爆熱!
 本来持つ格闘力を、科学的見地から最大限に引き出す「バーサーカー(狂戦士)システム」。
 これを駆使して暴れるアレンビーを、ドモン・カッシュは一蹴する。

 何故ならそれは怒り、かつてのドモンと同じ「硬い」力に支配され、柔軟さを欠いたシステムだからだ。

 和解した二人を、続いてはウォン首相の卑劣な罠が襲う。
 タッグマッチに追い込まれたドモンは、卑劣な手でアレンビーを傷つけられ、またも怒りに燃えてしまう。

レイン、怒りの咆哮

イメージ 4

 ドモンが、ゴッドのコクピットにアレンビーを連れ込んでしまう展開も軽く修正。
 しかしこのコマ、レインがやたら年かさに見えて不憫だ!

 レインだってまだ20歳なんだぜ!

オッサン『ドモン……、俺を弟子にしてくれないか?』

イメージ 9

 で、完成形がこちらである。警官のオッサン凄ェ!
 これも確かオリジナル展開である!

 もー、ホント今川先生ってば、すぐキャラに人間の限界越えさせるんだからー。

ゴッドガンダム『超重力フィールド』を破れず?

イメージ 5

 また、原作ではハイパーモードで振り切ったような気がするのだが、これは身代わり展開に。

 ここでの展開から「ゴッドガンダムはバケモノか!?」と言われてましたが
 ある意味、リアルよりに修正されましたね。
 ある意味ですが。

 というかタッグマッチ自体、本来はスカル&アシュラガンダムだったはず。なんという大修正。

チボデー・クロケット、出番をジョルジュに奪われる!?

イメージ 7

 また、原作31話にて「ピエロの幻惑!怒れガンダムマックスター」というメイン回を持っていたガンダム
 ジェスタガンダム回は、まさかのジョルジュ回に大修正。

 チボデーのトラウマをメインに据えた回だったんですが、ざっくり「新型ガンダムお披露目回」に!

収録

イメージ 8

 毎度ながらストーカーさんのツッコミが的確すぎる。島本漫画はツッコミも重要なのである。

 角川コミックスエース「超級! 機動武闘伝Gガンダム 爆熱・ネオホンコン! 4巻」。通算19巻目。
 脚本:今川泰宏、漫画:島本和彦 &宮北和明とビッグバンプロジェクト。
 月刊ガンダムエース連載。2010年連載開始。
 2014年6月発売。

■収録
 Round40「ネオホンコン決勝リーグ編」
 Round41「ネオホンコン決勝リーグ編」
 Round42「ネオホンコン決勝リーグ編」

 巻頭、GF-13-039NP ジェスタガンダム全身図。
 加えてネロス、ジョンブル再掲載。