GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

げんしけん 二代目 7巻 [木尾士目]

げんしけんクラッシャー斑目。波戸くん、遂に自分自身を受けいれる……?

イメージ 1

イメージ 7

イメージ 2

※画像右下隅クリックで拡大。

 ついに恋愛に向き合うと決めた波戸君に対し、矢島っちも覚悟を決めた!
 もちろん「見守る」という方向性ではありますが
 自分の恋をついに認めた!

 おめでとう矢島っち! とーさん今夜は赤飯だよ!!

■恋愛それぞれ
 期間限定キャラのアンジェラは即帰国、部外者キャラの笹原妹もすぐに退場。
 退場しましたが、やっぱり笹原妹に関しては
 一番「近い」んですよねえ……。

 基本、げんしけん内の恋物語
 そして「男に惚れた、変わった少年の物語」の様相を呈し始めたげんしけん

 しかし、やはりリアル恋愛は二次のやうにはいかない。とはいえ波戸君、吹っ切り始めたぞオイ……?

今野『そのサークルも、やめちゃえば良いじゃん』

イメージ 3

 結果的に、波戸くんを「押してしまった」今野さんである。頑張れ、まだ脈はあるぞ頑張れ!!

サークルクラッシャー
 アンジェラに笹原恵子、スー(?)に波戸、斑目にモテ期到来。
 が、当然斑目の思考回路はショート寸前となってしまう。

 とはいえ「今すぐ逢いたいの」という訳にもいかず、四者は四様に斑目と距離を取る。

 そんな中で迎えた正月、波戸は遂に「恋心」に立ち向かうと決心。
 彼に恋する矢島も、少しだけ自分に正直になった。

 そしてそれはそれとして、学校近くに引っ越した波戸と同じアパートに、スーも偶然引っ越すのだった。

幻『私は、あなたですからね♪』

イメージ 8

 波戸君、深き河へと足を踏み出す。河の名をソドムという―――。

■合一
 正月に帰省し、おねえさんや家族、今野さん達とであって自分を見つめなおした波戸君。
 要は「自分を客観視している」という表現だったのか
 全裸幻と合一を果たします。

 僕は僕だ

 シンプルな言葉で自分自身を受けいれた波戸君。
 同じく、女としての波戸君を見つめていた先輩に似た幻も、自分の一部として合一を果たします。

まさかの追悼企画

イメージ 5

 また、時期的に「Free!」と「ハイキュー!」辺りをモチーフにしたらしいアニメが描かれ
 永井氏モデルのキャラが出てきて萌え上がっていたのですが…

 まさかのご本人訃報。

 永井一郎さんのご冥福をお祈りします。※巻末本文ママ

カラーで見たかった気もするね!

イメージ 6

 カバー下ネタでは、ウィッチクラフトワークスのコスプレ! 似合いすぎるぞ大野さん!
 ていか、確かにササヤンも似あいそうだ……。

 げんしけん二代目(アニメ版)と、アニメ監督さんが同じなのですよね。

収録

イメージ 4

 結局、矢島っち改造計画はお流れとなりました。おのれショッカー! でも、いつか再発動するのかも?

 げんしけん二代目の七、通算16巻。
 木尾士目(きおしもく)、講談社アフタヌーンKCアフタヌーン連載作品。2014年6月発売。
 2012年連載開始(前期は2002年開始)。

 第92話「魔弾ノ射手」
 第93話「俺の股間の128mm砲が37mm砲のままです<ヤークトティーガーがうさぎさんチームのままです>」
 第94話「Snow man 2」
 第95話「クラッシャーラメ」
 第96話「水心アリ」
 第97話「おひっこし」

 4コマ漫画「×話・その後」が、各話それぞれの直後に収録。
 巻末は「追悼 永田八郎」
 カバー下オマケあり。

 ていうかこの漫画、キン肉マンネタが多いのも好きですわー。審判のロックアップ!(後付!)